八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
雨の金曜日。
最初にドアを開けて下さったのは初めてのお客様でした。
オズオズと、Barは初めてって感じの若い女性で20代後半でしょうか?

「何を差し上げましょうか?」
そうお聞きすると案の定、
「私、こんなとこ初めてなんです。余り甘くなくてスッキリしたのを…」
「そうですねぇ~ じゃ夏だからモヒートでも?」
「お任せします」

モヒートを召し上がってる彼女に、
「今日はお一人で?」
「エエ、待ち合わせて食事の筈が、急用とかで…」
「デートの予定だったんですか?」
「イイエ、友達です。私、結婚してますから」
「エッ、そうだったんですか? お若いからてっきり独身と思い込んで…」
「そんなぁ~ もう30過ぎて子供も居るんですよ。2歳と4歳が…」
「とても、お母さんには見えないけど… じゃ~ 今夜は子供さんの面倒は御主人が?」
「イイエ、実家が隣だから親に。主人は病気で里に帰ってるんです」
「御病気とは心配ですね…」
「鬱病なんです。 心臓に毛が生えてるような人だったんですけど…」
「そうですか… 責任感が強くて気丈な人の方が鬱になりやすいって言いますからねぇ~ 無理し過ぎるんですよ… 時間が薬と思ってノンビリ過ごされた良いですよ。 頑張れって言葉は禁句ですから…」
「でも将来の事を考えると不安で… だから今夜は街に出たついでに思いっきり酔って忘れようと思って…」
「そうでしたか… 偶には酔って全部忘れるのも良いかも知れませんね。お家はどちらですか?」
「○○です」
「じゃぁ~ 私の家の近くですから、もしも酔い潰れたら送って差し上げますよ」

そんなところに別のお客様が見えて話は中断です。
他のお客様のお相手をしていても気になって、彼女の方を見るとグラスを見詰めたまま沈み込んで…
合間を見て声を掛けるとグラスを口に運ばれますが、暫くすると又…
そうこうしてる内にテーブル席も塞がり、フードメニューのオーダーも入って右往左往で、彼女の様子を窺う余裕もありません!

そんな時でした。
魅惑の人妻 K子さんが見えて彼女の隣にお座りになりましたが、K子さんも若い頃に○○方面にお住まいだったらしく、何時の間にか問わず語りに当時の話や子供さんの話とか打ち解けてお話をなさっています。
やっと彼女の顔にも笑みが戻って私も ホッ と…

そろそろ2時になろうかと言う頃に、
「今日はお御馳走様でした…」
そう言って酔い潰れること無く、彼女は席を立たれました。

しかし、身内が 心の病 に冒されるってことは、当人もさることながらご家族の心中は察するに余ります…

頑張り過ぎず、無理をせず、何事も程々に がイイのかも知れませんなぁ~
人生何事も為るように為る… ケ・セラ・セラ です。

『それは お前の生き方だろ』
ですって?

確かに…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/974-0d541f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。