FC2ブログ

八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜お見えになったSさん、男っぷりも恰幅も良い紳士ですがバツイチで現在独身。
その上、バツイチの原因となった彼女とも数ヵ月前に破局を迎えた寂しい40男です…
独りで飲んでいらっしゃいました。

そこに偶然にも見えたのが元カノのK美さん!
「アラァ~ 久し振りぃ~ アンタ一人で飲みよると?」
「ウン… 何やオマエも一人?」
「一人よ… それは良かけど、アンタ、此処は私の シマ だから来んでって言ったでしょ?」
「何でや? 何処で飲もうと俺の勝手だろ?」
「まぁ~ それはそうよね。もう 只の知り合い だからね!」
「……」
こんな場合の女性の言葉は残酷ですなぁ~
男心の 傷に塩を塗り込む ような言葉を平気で…

何となく気不味い雰囲気が漂う中、又してもK美さん、
「アンタ、私に非通知で電話してない?」
「はぁ~? 俺がそんな事する訳なかろう?」
「ホント? 最近、非通知で無言電話が掛って来るとよね… チョット携帯を貸して!」
「何で?」
「発信履歴を見てみる!」
「オマエの番号は消したから! 見たかなら見れ!」
そう言ってSさんが差し出した携帯電話のメモリーを確認したK美さん、
「ホントだ! 消えとる…」
「気が済んだや?」
「…… アンタに取って、私はその位の女だったとよね?」
「違う… メモリーに残っとると電話しそうになるけん消した…」
「ホントね?」
「ウン…」
「……」

この辺りから少し雰囲気が和んで来ました。
お互いの近況等を語り合っていらっしゃいましたが、Sさんが、
「もう誰か出来たや?」
「はぁ~? そがん簡単に次が出来る訳無かでしょ…」
「そうや…」
「そうよ…」
そう言うとK美さんの瞳から涙が…
「何ば泣くとや?」
「アンタの事ば嫌いになろうと思ってたとに…」
「……」

お互いに未練があったんですなぁ~
断ち切ろうにも切れない未練が…

K美さんは自分の携帯電話を取り出してダイヤルを?
するとカウンターに置かれたSさんの携帯電話に着信が!
「今度は消さんでよ…」
「ウン…」


携帯電話のメモリーは消せても、心のメモリーは消せません…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。)

スポンサーサイト




コメント

名言誕生
あまりに素晴らしいと感じましたのでコメントさせていただきました。
心のメモリー名言です。
2011/07/13 22:45URL  風呂屋 #-[ 編集]


褒め過ぎですよ!
2011/07/14 18:29URL  >風呂屋さん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/952-7c7ef37d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)