八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
東日本大地震が引き金になった、福島第一原発のトラブル。
これ以上に事態が悪化しない事を祈るばかりですが、これを機に原発見直しが世界中で起きることでしょう?
以前は火力発電が主流だったのですが、地球温暖化への影響と資源保護の観点から推進されて来た原発です。
でも、地震列島日本では原発はそぐわないのかも知れません。

日本では、公共事業抑制からダム建設の撤回や中止が行われていますが、これを見直すのも必要ではないでしょうか?
例えば治水やかんがい用の専用ダムを多目的ダムに転換するなんてどうでしょうか?
多目的ダムとは、ひとつのダムで、洪水調節・かんがい用水・発電・水道・工業用水等の目的を持ったダムを言います。

日本の河川は地形が急で流路延長が短い為、短距離で落差が得られる有利な条件をそなえています。
しかも、水力発電は、水という無限の自然の循環エネルギーを利用している為、エネルギーの原料がなくなる心配がなく、また、石油や石炭、天然ガスのように燃焼を伴わないので地球温暖化の心配が無いクリーンエネルギーです!
その上、ダムの建設場所は都市部から離れた地域ですから、建設工事に伴って地方の雇用や経済の活性化にも繋がります。

当然、ダム建設に当たっては、下流の水産漁業関係に影響を与えることも事実ですが、放射能よりもマシ!

しかし、このダム政策の他にも事業仕訳で廃止決定されたスーパー堤防等も、もう一度見直す必要があると思うんですが…


因みに九州電力では、
内燃力発電(離島などでの発電施設でディーゼルエンジンやガスタービン式)387,47万kw
水力発電267.7万kw
火力発電1118.0万kw
地熱発電21.0万kw
玄海・川内の原発で525.8万kw
川内3号機が平成31年運転開始予定159万kw
となっています。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。)

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/850-eaef38cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。