八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
光の森に買い物に行きました。
店内をぶらぶら歩いてると女性から声をかけられました?
なんと10数年前に知ってた女性です!
私が、彼女が働いていたクラブに飲みに行って知合い、意気投合して一時は親密な時期もありましたが出逢いに別れはつきもの…
その後連絡を取り合うこともなく、いつしか私の記憶からも消えていました。
お互いに急ぐ用事ある訳でも無し「お茶でも…」ってことになりました。
コーヒーショップで向い合せに座って、目のやり場に困ります…
イイエ、彼女が露出系の服着てた訳じゃありませんよ!
本当は彼女の顔をマジマジと見たい気持ちはあるんですが、あまり見て『コイツ、私の小皺を数えてるのかしら?』なんて思われたらいけませんから…

まぁ~こう言う時の会話は、お互いの近況からって言うのが定番です。
一通り彼女の尋問に答えて、次は私が尋問する番です。
「今、何やってるの?」
「相変わらずよ」
「相変わらずって? 夜の仕事は引退したんじゃ?」
「ああ、そっちはね。こんな歳でやれる訳ないじゃない」
「イヤイヤ、まだ十分通用しますよ!」って言いたいくらいです。
「私が相変わらずって言ったのは、憶えてる? 最後の時に言った言葉…」
「ウ~ン何だったかな?」
「私は、この先も奥さんのいる人しか好きになれないと思う…って言ったこと」
一瞬にして10数年前の最後の夜が蘇って来ました! 
こんなのをフラッシュバックって言うんでしょうか?
「エッ!じゃ~今も…?」
「そお、私は不倫のプロよ…貴方の所為でってのは冗談だけど、ハハ」
「……」
その後は、見知らぬ相手に対して嫉妬を覚えながらも平静を装って、他愛のない話をして別れました。
別れ際に「名刺を頂戴」って言われて渡しましたが、彼女の電話番号を聞くのを忘れてしまいました。

良かったんです… 電話番号を聞かなくて… 
でも、心の隅には彼女からの電話を待っている自分がいるような気がします…

当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
(25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています)

スポンサーサイト

コメント


嫉妬

分かる気がします

SHIT ですね
2009/01/28 01:13URL  THUNDER #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/77-3347fb43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。