FC2ブログ

八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  船長の独り言
tag : 
今朝、アメリカに行ってる私の元カノから久し振りに電話が掛って来ました。
互いの近況等を話している中で、リスク・テイクって言葉が出ました。
ローマ字がやっとの私は、
「それ、どう言う意味?」
聞くは一時の恥・聞かぬは一生の恥です! って言っても余生は永くありませんが…
「リスクを負う って意味なんだけど、アメリカの高校じゃ “何事かを為す為には自らリスクを負いなさい”って教育をするらしいのよ?」
と教えてくれました。
流石、フロンティア・スピリッツ!
建国200年足らずで世界一の強大国になった国ですなぁ~

ドイツの哲学者ニーチェも、
「男が人生で熱中できるものは危機(リスク)と遊びである」
と言ってます。

確かに、私達が若い頃はそうでした。
分不相応な買い物をして、借金に追い捲られながら我武者羅に働いたものでした。
分不相応な買い物ってのは、自分に対する先行投資(リスク)ですね。
そして、投資額以上の成果(ハイリターン)を上げて、遊び捲くったものです。
ハイリスク・ハイリターンを実践した訳です。

今から10年チョット前でしたが、熊本でも指折りのクラブに眩暈を起こしそうなくらいイイ女がいました。
何とか口説き落とそうと思案した挙句に妙案を思い付きました!
翌日、預金通帳を握りしめて行った先は銀行でした。
女房に内緒のヘソクリから100万円を下ろすと、件のクラブに乗り込み彼女を指名しました。
席に着いた彼女の前に帯封が付いたままの100万円を放り出して、
「この金が無くなるまで、毎日君と同伴するから預かっといて…」
「エッ! 何言い出すの?」
「だって、君が俺以外の男と同伴するのを想像しただけで胸が張り裂けそうになるから…」

同伴ってのは、クラブにお勤めの女性はお客様と店外で待ち合せて食事でもした後にお店に出勤することです。殆どの店でノルマが課せられていて彼女達は鼻の下の長いオヤジ達に電話を掛けまくらなきゃいけないんです!
彼女は、100万円あれば食事して1万円、彼女の店で2万円使って1ヶ月チョットはノルマの心配はしなくて済むと電卓並みの速さで暗算をしたんでしょう?
「ホント? 嬉しい… 大事に預かっとくわ!」

まぁ~ これで落とせなきゃ100万円は下水道の泡と消えてしまい、私は肝臓を痛めただけで終わる訳です…
正に、ハイリスク・ハイリターンです!
結果はどうなったかって言うと、一応は目論見通りに行ったんですが、最後は 金の切れ目が縁の切れ目で…

まぁ~ 上がったり下がったりで、ジェット・コースターかエレベーターか? って人生でしたが、あの頃は私も馬力がありました…

イヤ、体力は大分落ちて来ましたが、今も遊び事は大好きですしリスクも背負って生きています。
イイ年こいて、借金してBarなんて始めたもんですから、上手く行かなかった日には家屋敷叩き売って借金返して、挙句に老後は首でも括るしかありません…
その代り、上手く行ったら 「夢よ もう一度」 で、最期の花 を咲かせることが出来る訳です!
私が、尊敬して已まない角川春樹先生みたいに40歳年下の恋人も夢じゃありません!
果たして、最期に咲くのが  になるか 仇花 になるか???
ここで、日本語が得意じゃない若い方の為に説明しますと、 仇花ってのは実の生らない花の事です。

それに引き替え、日本の若い男は駄目ですな~
キツイ思いをする位なら、金は程々でイイから楽な仕事を…
楽な仕事で稼ぎが少ないから、デートも割勘で…
デートしても、振られるのが怖くて女も口説けない…
生きている価値も資格もありません!

Risk take
若い連中にリスクを恐れず突っ走って欲しいもんです…

当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。)
スポンサーサイト




コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/521-6c98a63f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)