FC2ブログ

八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  船長の独り言
tag : 
正月早々から罰当たりなことばかり書いていましたが、今日は先日目についた2008/12/17付 読売新聞の記事をご紹介します。

夫の愛したバーを守り抜く
故人の好きだったフランク・シナトラの歌声がホールに響く。
先月22日、東京都心のホテルで、ひとりのバーテンダーをしのぶ集いがあった。
1998年に66歳で亡くなった田中達也さん。今年、開店50周年を迎えた銀座のバー「蘭(らん)」の元オーナーだ。
「お陰さまで夫の願いを果たせました」。現オーナーで妻の正子さんが穏やかな口調であいさつした。参加者は店の常連客。夫のもう一つの素顔を教えてくれた人たちだ。
「もう少し話がしたかったです」。10年前。喪服姿の正子さんは、がんで亡くなった夫のひつぎに、ボールペンでそうつづった便せんを入れた。
達也さんは大学卒業後、生命保険会社に就職したが、「性に合わない」と退職。数寄屋通り沿いの小さなビルの2階に蘭をオープンさせた。58年。東京タワー誕生と同じ年だった。
68年、正子さんが客として訪れたのをきっかけに二人は出逢(であ)い、1年後に結婚した。
小学6年で母親を亡くした正子さんは、温かい家庭を夢見ていた。自分は専業主婦におさまり、家族みんなで食事をしたり、買い物に出かけたり。しかし、現実は違った。
夫は毎夜、蘭を閉めた後も客と一緒に別の店に飲みに行く。帰宅はいつも夜が明けてからだった。
長女の2歳の誕生日に日比谷公園で写真を撮った。「これから毎年ここで祝おう」。そう言ってくれたのに、家族で日比谷公園に出かけたのは、それが最初で最後だった。
一度だけ「きょうは何時にお帰りなの?」と聞いたことがある。返ってきた言葉は「男には付き合いがある」。割り切れない思いを抱えて30年近くを共に過ごした。
結婚後、正子さんが店に顔を出すことはほとんどなかった。むしろ店が憎いとさえ思っていた。だが、夫の死後は、生活のため、自分が店に立たなければならなくなった。
店にいると、夫のいろいろな話を聞かされる。「客がいる限り店を閉めない。いつも客が第一だった」「隣の客に暴言を浴びせ続ける男の襟首をつかんで、外につまみ出した」「居心地のいい雰囲気を作る名人だった」……。
気がつくと、結婚以来の欠落感が埋まっていた。夫が打ち込んだ仕事の醍醐(だいご)味も理解できる。そう思えるようになったのは、夫が旅立って6年ほどが過ぎた頃だったろうか。
亡くなる直前、夫は常連客を集めたパーティーを企画していた。その遺志をかなえたい。そんな思いから開いた集いには80人が参加してくれた。
「店を守ることが今の私の生きがいなの」。そう語る正子さんだが、悔いがないわけではない。生前に「一緒にやろう」と声をかけてくれていたなら。あるいは自分から店に足を運んでいたならば……。

私は“八点鐘”を「蘭」のような店にしたいと想っています…

当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
(25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています)

スポンサーサイト




コメント

そうですね
おめでとうございます。年末はおじゃましました。

複雑な想いが詰まった話でした。
“八点鐘”の目指すお店づくり。いいと思います。
当然、店の方針がないといけませんが、逆に客も店づくりに少なからずともかかわっていると思います。そのお手伝いが出来る客でありたいと思ってはいますが・・・背伸びしてばんがります。お!
2009/01/04 12:25URL  たけぞう #-[ 編集]

たけぞう様
おめでとうございます。
お客様とご一緒に店づくりが出来たら最高です。
今年もよろしくお願い致します。
2009/01/04 17:10URL  八点鐘の爺です #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/52-99dcb9a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)