八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
体調が 良かったり悪かったり の毎日...

昨日の日曜日は、土曜日に大して飲んだ訳でも無いのに 吐き気!?
結局、睡眠導入剤を飲んでも眠れずTVを 12時間 眺めてただけ...

『コレじゃ〜 イカン!
と考えて、
『ヨシ! 遠出しよう!』
と思ったものの、徹夜してますから車で出掛けて事故でも起こしたら元も子もありません。

そこで、
『博多にでも遊びに行くか?』
と考えて高速バスの武蔵ヶ丘バス停までタクシーで!

IMG_0944.jpg

IMG_0945.jpg

天神で降りる筈が寝過ごして博多駅のバスターミナルまで熟睡し、運転手から起こされる始末...

『さて、誰と飲もうか?』
と考えてもRチャンは新しい彼氏が出来たとかで呼び出すのもはぱかられるし、赤間のK下に電話するも、
「夏休みで孫が海水浴に来てるから...」

次に春日市議会議員のN村に電話すると、
「今夜は支持者の人達と一緒で...」
と、つれない返事...

『昔は俺に タカってた のに冷たい連中だ...』
と、次に電話を掛けたのは先日田川に帰ったR子ですが、今は博多に引っ越してる筈と電話をすると、
「何で昨日電話せんと? 今日は今からじゃ遅くなるよ! 後で行くからユカ姐さんでも誘って先に食べてて!」
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1968.html
実はコノ、ユカ姐さん、もう30年来の知り合いで、歳は私より2歳上の 齢68!
しかも 元SKD(松竹歌劇団)で引退後は水商売一筋!
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1968.html
未だ 50ソコソコ にしか見えない バケモノ!?
IMG_0957.jpg
茶髪 を振り乱しながら 現役 でお店を営業中!

電話を掛けると、
「アラァ〜 アンタ 生きとったん!?
『そりゃ〜 コッチが言うセリフだろ?』
と思いながらも、
「博多に用事で来たけど...」
見栄 を張って、
「早めに終わったから久しぶりに飯でもって考えて... 後でR子も合流するって言うし...」
と言うと、
「丁度良かった! 私も今日は休みだから買い物に行って家で食べるか、外に食べに行くか、迷ってたところよ! 直ぐに支度するから、ウチの下まで来て!」
っ事で、博多駅からですから友愛病院の近くのマンションまで歩いて行くと見かけだけは50代のユカ姐さんが扇子をパタパタやりながら立ってます。

挨拶もソコソコに、
「何食べる? 魚は熊本の方が美味しいだろうし...」
「何でもイイけど...」
「う〜ん、楽天地モツ鍋 にしようか? 歳とると コラーゲン を摂らなきゃね〜」
楽天地 のモツ鍋に決定!

IMG_0949.jpg

IMG_0951.jpg

IMG_0947.jpg

IMG_0948.jpg

人形小路の 楽天地 でモツ鍋をつつきながら、
「アンタも老けたねぇ〜? 奥さんの事で苦労したとよねぇ〜 体調も良くないみたいだし...」
「何て知ってると?」
「アンタのブログは欠かさず見てるから...」
「そう...」
「アンタも何だろうね? 離婚した奥さんが難病に罹ったからって面倒見て、菜穂子はアメリカで死んでしまうし... この間アンタが紹介したR子もイイ子なのに離婚したばかりだろ? 」

「ウン、俺って何か を背負ってるのかな? 最近はそんな事を考えてしまうよ...」
なんて無いよ! ただ巡り合わせが悪かっただけ! 今からはイイ事が有るよ!」
「そうかな?」
「アンタ、好きな人は居ないの?」
すると合流してたR子が、
「居るとよ!彼女はコノ人よりズッ〜と若いし...」
「その子はアンタの事をどう思ってるの?」
「まぁ〜 俺の事を色々心配はしてくれるんだけど、どう思ってるかまでは...」
「心配するって事はアンタの事を好きだからじゃない?」
「ただね、6〜7年も近くに居るから、俺もいつの間に彼女を好きだと思い出したのか? ただ週に2~3度は顔を会わせるから、お互いに1番近くに居るんだよ...」
「それだったら、彼女もアンタを男として好きなのか? 家族か父親みたいな感じで好きなのか自分でも分かんないでいるんじないかな? 彼女はお父さんは?」
「未だ健在だよ」
「だったらアンタを として見てるね! 女は としては父親を好きだけど 生理的 には好きになれないとよ。 父親が生きてるのにアンタの心配をするのはアンタを として見てるからよ。但し、それを彼女が 自分で自覚してるかどうかよね?」
「ふ〜ん?」
「何か思い当たる事ない?」
「最近、イヤな事をばっかりだし、気分転換に若い子と遊んだけど、その遊び相手の子から電話が掛かったりすると、どうしても ヤキモチ としか思えない感じの事を言うとよ? 」
「どんな事?」
「この前、夜中の3時頃かな? 二人で飲んでたら 、遊んだ相手から電話があったの。そしたら 『夜の11時半過ぎて電話をかけるなんて 非常識!』 って怒って 『R子チャンとK美チャンと私は男だから!』 って訳の分からん事を言うし、その次に夜中の2時頃に電話があったら 『もう帰んなさいよ!』 っ怒るの?」
「ハハハ、それは ヤキモチ 以外の何物でも無いよ!」
「でも彼女、ヤキモチ じゃ無くて、『そんなマスターって カッコ悪い!』 って怒るとよ?」
「だって好きな男が カッコ悪かった ら イヤじゃない? 逆に好きでも無い男だったら カッコ悪かろうが、何をしようが感心を持たないのが女だよ! その彼女、プライドが高くて自分に素直になれないんだろうね? でもアンタは彼女を大事にしなきゃ!」
「.... でも俺、後10年で死ぬ予定だし...」
「何言ってると? アンタの最初の奥さんも、菜穂子もアンタより若いのに先に亡くなったでしよ? その分も長生きして、彼女を幸せにしてあげなきゃ!」

そらから河岸を変えて、姐さんの知り合いのBarで、
「アンタは を背負ってるんじゃ無くて、アンタで無かったら出来ないことをヤッて来たんよ! 前の奥さんの介護も然り、亡くなった菜穂子もアンタと付き合って幸せだったと思うよ? でなきゃ、あんなに 綺麗な死に顔  してないよ...」
「......」

そんな話をして、
「俺、ソロソロ、ホテルを探さなきゃ?」
すると姐さん、
「ウチに泊まんなさいよ!」
「エッ! 姐さんのウチに?」
「ウン、ホテル代も勿体ないし、息子が寝てたベッドでイイでしょ?」
「でも...」
とグズって いると、
「20年前なら間違ってアンタを襲ったかも知れんけど、もう、そんな気持も体力もないから 安心 して! R子もウチに泊まって飲み直そ!」
って言う事で姐さんの家にお邪魔したんですが、何しろ徹夜ですから作って貰った水割りを3杯も飲まないうちにソファーで寝込んでしまい、朝の9時頃起こされて、
「お風呂に入っておいで!」
と言いながら、
「コンビニで、新しいパンツ買って来たから履きかえて脱いだヤツはゴミ箱に捨てときゃイイから!」

風呂から上がると、卵焼きにアゴ (トビウオ) の一夜干しと味噌汁の朝食!
朝飯なんて喰ったのは何年ぶりでしょうか?
やっぱり 年増 の女性は 心遣い が違いますなぁ〜

帰りにはマンションの下まで2人で見送ってくれて、
「今度、博多に来る時は 元気な顔 を見せてよね!?」

高速バスで帰りながら、、
『人の って有難い なぁ〜』
と思った日でした。

今日から 頑張ります!


☆毎月8の日 (8・18・28日) は飲み放題です。
男性4000円・女性3000円、 チャージ料込、時間制限なし。
ビールとシャンパン以外は何でも結構ですが、ショートカクテルにつきましては、忙しい時と面倒くさい時はお断りする場合もありますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。