八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  未分類
tag : 
i何時もくだらない事ばっかり書いているので、偶には Bar らしく お酒 の事を…
って事で、今日のウイスキーは グリーン・スポット!



アイリッシュ・ウイスキー (アイルランドで作るウイスキーです)
ミドルトン蒸留所で作るウイスキーで、ブルー・スポット、グリーン・スポット、レッド・スポット、イエロー・スポットと4種類作られていましたが、現在はグリーンとイエローのみです。
グリーン・スポットの特徴は、コクのある味わいで長い余韻が楽しめるウイスキーです。

アイリッシュウイスキーの伝統は、ピュアポットスチル・ウイスキーと言う製法ですが、アイリッシュ・ウイスキー独特の製法で、モルト (麦芽) にした大麦と、未発酵大麦を材料にして蒸留する点です。
アイリッシュ・ウイスキーのクリーンな味わいの中に麦の甘味が隠れてる所以はピュアポットスチル製法にあるんです。

飲み方は ニート がお奨め!
ニートって言っても仕事もせずにブラブラしてる若いモンの事じゃ~ありません!
ここで言う ニート とは、ウイスキー等のスピリッツ (蒸留酒) を飲むときに使われる言葉で、ストレート と同じと考えて頂けば結構です。

話のついでに、 Bar には沢山のウイスキーのボトルが並んでいますが、アイリッシュ・ウイスキーを一目でスコッチやジャパニーズ・ウイスキーと見分ける方法があるんです!
それは、ウイスキー の綴りです。
アイリッシュは WHISKEY、スコッチやジャパニーズは WHISKY K の後に E が入ってるのがアイリッシュです!

因みに、バーボン・ウイスキーの場合は、殆どがアイルランド表記の WHISKEY で、スコットランド表記の WHISKY と書いてあるのはアーリータイムス、ワイルドターキー、メーカーズマーク等一部だけですが、これはアメリカに移民したアイルランド人が麦の代わりにトウモロコシでウイスキー作りを始めた名残ですなぁ~

こんな薀蓄 (うんちく) を語りながら、今夜はスコッチやバーボン、ジャパニーズとは一味違うアイリッシュ・ウイスキーを飲んでみるのは如何でしょうか?

しかし、偶に 真面目 な事を書くと疲れますなぁ~


☆毎月8の日 (8・18・28日) は飲み放題です。
男性4000円・女性3000円、 チャージ料込、時間制限なし。
ビールとシャンパン以外は何でも結構ですが、ショートカクテルにつきましては、忙しい時と面倒くさい時はお断りする場合もので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。