八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
何時も通り、11時前には皆さん席をたたれて カラッポ になった店のドアを開けてくれたのは同業者ハミングバードの田嶋オーナーでした。
http://kumamoto.nasse.com/shop_vew/6349?tab=2&PHPSESSID=2dt7bahfc8brqiu0tr7pjc9n17

「何事ですか? こんな時間に?」
「今日は店を休んで、今まで キャバクラで飲んでたんですよ!」
「そうですか•••」
コッチは毎日が 赤字 との 闘い なのに、儲かってる 店は違いますなぁ〜
しかも、女性を呼び寄せて、
「何でも ガンガン 飲んで!」
と来た日にゃぁ~ 私が 僻み妬み愛想笑い で隠しながら、
『今夜は ボッテ やるか?』
と思ったのは当然です!
しかし、根が 正直者 の私ですから、ボラ ないままに1時過ぎ席を立たれました•••

お見送りついでにエレベーターホールから街を覗くと ゴーストタウン!?
『後1時間半、誰か来てくれるだろうか?』
鬱々 としながらグラスを洗っていると、
「1人だけと、未だイイですか?」
との声に顔を上げると、入り口の暗がりに スラリ とした女性の影!

「どうぞ!」
「遅い時間にすみません•••」
「イイエ、未だ1時間以上ありますから!」
「何時までですか?」
「3時までやってます」
「良かった! Bar Book を見て気になってたんです。今日は思い切って入りました!」

そんな話をしながら、それとなく女性を観察すると、悶絶 しそうな位の美人!
30歳前後と若いのが残念ですが、長い黒髪に透き通るような白い肌、上唇の小さなホクロが エロ!

シーブリーズ を召し上がってる女性に、
「この時間だと、何処かお店にお勤め?」
「エエ…」
「何処のクラブ?」
「クラブじゃなくて、キャバクラ てす」
「エェーッ! 勿体無い。貴女だったらどのクラブでも務まると思うけど?」
「色んなクラブのママさんや、マネージャーから誘われるんですが、クラブ もウチの会社の役員達が飲みに行くし、会社にはバイトしてるの内緒だから….」
「昼間も働いてるの?」
「エエ、子供にオジィチャンの国を見せたくて•••」
「オジィチャンの国?」
「ハイ、 ルクセンブルグ です」
「って言う事は、貴女は•••」
クオーター です」
「それで納得がいった•••」
スラリ とした体形も 白い肌 も流れる  が為せる業だったんですなぁ~
しかし、
「ルクセンブルグって何処にあるの?」
「フランスとドイツとベルギーに囲まれた小さな国らしいです…」
「フ~ン? ところで御両親は?」
「父は亡くなって、私は離婚したから母と子供と3人暮らしです」
「そう? 大変ね…」
「とんでもない! 朝からはキツイけど毎日が 楽しい から!」

そんな話をしている内に2時半を回り、
「おご馳走様でした。また寄らせて頂きます…」
そう言って席を立った彼女の後姿に、
って愚痴ってばかりじゃなく、俺も毎日 楽しい って言って過ごさなきゃ!』
と元気を貰いました!


☆毎月8の日 (8・18・8日) は飲み放題です。
男性4000円・女性3000円、チャージ料込、時間制限なし。
ビールとシャンパン以外は何でも結構ですが、ショートカクテルにつきましては、忙しい時と面倒くさい時はお断りする場合も御座いますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1785-fdb666d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。