八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
先日も書いた通り、アベノミクスで株価は上がっても一向に上がらないウチの店の売上?
悶々 としてお客様を待ちながら、PCの アダルトサイト をクリックしそうになる誘惑と闘う毎日です…

そんな昨夜、時刻は10時を回った頃でしょうか?
ドアが開いて、
「アラ~ 私一人なんですね?」
と言いながら歩み寄って来たのは、早咲きの桜 を思わせるピンクの春物のノーカラーのコートを着た女性です。

「以前お見えになりましたよね?」
「エエ…」
「前回は着物だったから最初は判らなかったんですが…」
「良く覚えてますねぇ~」
ノーカラーのコートのから覗く白くて細い首に見惚れながら
「そりゃぁ~ 美人は一度会ったら忘れませんよ! 2年ぶりですよね?」
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-830.html

「ところで何を差し上げましょう? 今日もシャンパンですか?」
「そうねぇ~ ワインの空いてるのはあります?」
「エエ、ありますよ」
「じゃぁ~ それで…」
ワインをグラスに注ぎながら、
「今夜もお一人で?」
「今日は友達と食事して、帰ろうかと思ったらお店の看板が目に入ったから…」
「そうでしたか?」

彼女はワインを飲みながら、
「もう2年も経ったのかぁ~」
と、遠くを眺めるように呟いて…
「そうですよ。その間、 何かあったんですか?」
「ウン、あのチョッと後から別居中…」
「又、どうして?」
チョッと口ごもり気味に話し始めた彼女、
「私、結婚前に好きな人が居たんだけど、相手の事情で結婚出来なかったの… そんな時に主人と知り合って強引に押されてスピード結婚したんです。でも、最初は良かったけど段々と主人を男として見れなくなって…」
「それって、未だに元彼を忘れられないとか?」
「ウウン、元彼はもう顔もハッキリ思い出せない位だし、何故か判らない… 」
「……」
「結婚当初は別として、主人は家ではTVを観るかパソコンをやってるかで会話も余り無かったし、それはそれで私もそんな生活には慣れたんだけど、夜、私を抱き寄せて来るのが耐えられなくて…」
「それ、セッ○ス自体がイヤなんですか? それとも御主人だからイヤ?」
「多分、主人だからイヤだと思う…」
「じゃぁ~ 離婚しか無いですね?」
「だけど、離婚に応じてくれなくて… それで離婚調停を申し立てたんだけど…」
「そうですか」
「でも、調停では 『別れずに、やり直しなさい』 みたいな話ばっかりでラチがあかずに審判になって…」
「それで?」
「でも、今度は主人が 『絶対イヤだ』 って言うから審判はせずに不調になって裁判中…」
「……」

彼女は、寂しそうな笑みを浮かべながら、
「結局は、主人を愛せない私が悪いんだけど…」
と言いながら、もう一杯ワインを飲むと、
「マスターに聞いて貰えただけで頑張る力が出たわ」
と席を立たれました…

愛せない妻愛されない夫
どちらが悪いのか判りません?
元々、縁がなかったのかも?
でも、結婚は勢いで出来ますが、離婚はエネルギーの消耗戦です。

寂しい夜の、寂しい店にピッタリの寂しい会話でした…


☆毎月8の日 (8・18・28日) は飲み放題です。
男性4000円・女性3000円、チャージ料込、時間制限なし。
ビールとシャンパン以外は何でも結構ですが、ショートカクテルにつきましては、忙しい時と面倒くさい時はお断りする場合も御座いますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1488-0634cc9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。