八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
土曜日は早い時間からお客様が続々と!?
頑張る営業マンのM田君のグループ男女6名様を皮切りに、穏やかな紳士のN本さんのグループでテーブル席が塞がり、カウンターはKさん御夫妻と女性のお二人連れに続いて、スラリとした美人同伴のK川さんがお見えになり、
『こりゃ~ K川さん、彼女を 拝み倒して 連れて見えたに違いない?』
と思うほどの気の使いよう!
『気だけじゃぁ~ なくて、 も使ってぐれたらイイけど…」
と思ってるところに、万年青年のU社長がコレまた女性同伴でお見えになって満席!

こんな日に限ってバイトのRioチャンはイベントでお休み?
一人でアタフタしながら、
『役に立たない女だ… デフレだし、この際バイト代を値下げしようか?』
なんて思ってると、一組、また一組と席を立たれて、12時を回った頃にはU社長一組だけ!?

そして、そのU社長と入れ替わりにHさんが見えた1時過ぎ、
『ソロソロ、深夜の部がスタートだな?』
とグラスを洗っているとドアが開く音に顔を上げて、
「イラッシャ… ?」

そこに見たのは、10年~20年後の マツコ・デラックス森三中の大島 、それにオペラ歌手の 森公美子!?
「女ばっかでん良かねぇ?」
「はぁ? ど、どうぞ…」
するとカウウンターの中央に歩み寄って椅子を引いて腰を掛けるまでが大変!
何しろ、Barはハイ・カウンターですから当然椅子も高い訳です。
先ず、隣の椅子にバッグを置くと、腰を捻って片方の手を椅子の背に手をついて、もう片方の手をカウンターについて攀じ登る (よじのぼる)るまでが一苦労!
『コレじゃぁ~ 3人で椅子6脚を占領される…』
と思った私は、
「良かったら、バッグ等のお荷物は後ろのテーブル席に置きましょう」
って事で、テーブル席に運んだものの結局3人で5脚を…
おそらく3人で総重量 200kg は間違いナシ!
その上に合計年齢も 180歳 を優に超えてるだろうと言うお年頃?

お三方オーダーは、
マツコ・デラックスがホワイト・レディ (ジン・ホワイトキュラソー・レモンジュースをシェイクしたショートカクテルで、ジンをブランデーに変えるとサイドカーになります)

森三中の大島はバイオレット・フイズ (クレムド・バイオレット言う 薬草・香草系リキュールでバラ、アーモンド、バニラ、オレンジ果皮等を中性スピリッツとブレンドして、スミレの花の色と香りを再現したお酒にレモンジュースと砂糖を加えてソーダで割ったカクテルです。私が20歳前後の1960年代に女性の間でブレイクしたカクテルです)

森公美子が抹茶フィズ (日本産のリキュールで、玉露の抹茶を中性スピリッツに浸して濾過したものにブランデーと砂糖を加えたお酒にレモンジュースと砂糖を加えソーダで割ったカクテルで、バイオレット・フィズ同様、1960年代にブレイクしました)

流石に 人生の年輪 を感じさせるオーダーですなぁ~
昔を懐かしみながらお三方を見ていると、まるでホワイト・レディのカクテル・グラスが日本酒の お猪口 (おちょこ、盃のこと) で、12オンス (360cc) のタンブラーが ショット・グラス に!?
呆れて見とれてると森三中の大島が、
「○○チャン (森公美子)、マスターがアンタに見とれとらすよ!」
「エッ! そんな…」
と言うと、
「マスター、○○チャンは綺麗かでしょが? 昔は 浅丘ルリ子 んごつしとらしたつよ…」
すると森公美子が、
「何言いよっとね? あの頃の くらい太ったよ…」
「ほんなこつ (本当に)ねぇ~ 私も若かった頃は自分がこがん デブ になるとは思わんだった…」
と森三中の大島が言うと、マツコ・デラックスが、
「な~ん、良か良か! 今更痩せる訳じゃ無し、女が年取って痩せとると 貧相 かよ!」
すると森公美子も森三中の大島も口を揃えて、
「そがんよねぇ~ 痩せとっと 見苦しか もんね!」
と、見事な 開き直り!

そこで私が、
「皆さん、若い頃からのお友達ですか?」
と聞くと森公美子が、
「3人とも熊本女子大 (現、県立大) の同級生たい」
「そうですか?」
今度はマツコ・デラックスが、
「3人とも 若後家 になったけんソロソロ 婚活 でもしょうかと思うて出て来たばってん誰か良か人は居らんねマスター?」
と言いながら、お三方の存在感に圧倒されて端っこで小さくなって飲んでるHさんを チラリ!
その視線に気付いたか否かは判りませんがHさん、携帯電話を取り出して、
「入江パーキングの前に一台お願いします」
とタクシーを呼んで早々のお帰り?

時計は2時半を回り森公美子が、
「ソロソロ帰ろうか? もう直ぐ3時よ!」
と言うと後の二人も、
「そうね、帰ろか? 計算して」
と言いながら、
「そっばってん今日は 良か店 見つけたね。バーテンが若かったり店が賑わっとると気が引けるばってん、此処は で、マスターも だけん居心地が良かぁ~ マスター、また来るけんね!」
「はぁ…」

ドアの向こうに消えるお三方の背中に、
「又、どうぞ」
とは言いそびれた私でした…


☆明日は8の日ですので飲み放題です。
男性4000円・女性3000円、チャージ料込、時間制限なし。
ビールとシャンパン以外は何でも結構ですが、ショートカクテルにつきましては、忙しい時と面倒くさい時はお断りする場合も御座いますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1451-1da6b65d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。