八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
昨日で航海士が下船しました。
私の不徳と致すところです…
航海士の今後の人生の安らかならんことを祈ります。

さて昨日の続きですが、警察は被害者?から被害届を取り付け、その度に私を再逮捕する訳ですが、何故かと言うと恐喝は10年以下の懲役ですが、幾つもの事件を併合すると1.5倍の15年まで延ばせること、悪い奴だって印象を強めることでしょうか…

そろそろ被害届も出尽くしたので留置場から拘置所に移りました。
留置場も拘置所も処遇は大して変わりません。
留置場と違うのは煙草を吸えないことと、トイレの水を自分で流せること位でしょうか?

拘置所に移って暫くして結審し、懲役7年と言う判決が出た訳ですが、こちらの弁護士も黙って引込んではいませんでした。
「控訴しよう!」と言うんです。
私としては控訴は吝かでは無いのですが、控訴して無駄な時間を過ごすよりサッサとお務めして早く娑婆に帰った方が良いのではと考えていたんです。
大体、控訴審と言うのは新事実(証拠)が出ない限り形式的な書類審査で終わり、判決内容が変わることは少ないんです。
こう見えても、私は結構諦めが早いんです。
女性以外には余り執着しない性質なんです。

しかし、弁護士が言うには「有力な情状証人がいる」って言うんです。
この情状証人と言うのは「本当は、そんなに悪い奴じゃ無いから何とか軽い刑にして下さい」ってお願いしてくれる証人です。
弁護士が言うには「判決を新聞で読んで、あの人は謝礼を脅し取ったりする人じゃ無い。私は取り返して貰って感謝している」って連絡してきた人が居る。
絶対“まかる”(刑が軽くなることを“まかる”って言うんです)から控訴しようってことだったんです。
これには私も心が動きました!
「じゃァ~やってみますか…」ってことで控訴に踏み切った訳ですが大成功でした!
7年が5年に“まかった”んです。
因みにこの情状証人になって証言してくれたお婆さんは元看護婦さんでした。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
(25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/142-1267471e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。