八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
ステンドグラスの女流作家のT先生。
お歳は私と同じ位でしょうか?
日本人離れした顔立ちとスタイルからも、若かりし頃はさぞやと思える美貌!
アッ! 今もお歳を感じさせない若々しさで、一年の半分はジーンズにスニーカーと言う出で立ちで世界各地を飛び回っていらっしゃいます。

そのT先生が、お弟子さん3人を伴ってご来店になりました。
T先生のオーダーは、何時もの通り 超ドライ・マティーニ です。
ミキシング・グラスは使わずビルドで作るのがお好みで、ベルモットはグラスの縁を濡らす程度、ジンはビクトリアン・バットがご指定です。
コレを、60過ぎのご婦人が召し上がるんですから お洒落 の一言!
お弟子さん達3人も、先生に習って超ドライ・マティーニをご所望になりましたが、年季の入りようが違います!
一口飲んで、
「ウッ! マ、マスター、ミ、ミズを頂戴!」

さて、お話しをお聞きしてると、お弟子さん達は3人共ドクターの奥様?
その内のお一人が、
「ウチの娘も大きくなったわ~ この間バッグを買って来たのを見てみたら ヴィトン なの! もうそんな歳になったのかと思うと…」
すると別の奥様が、
「アラ、お嬢ちゃんはもう大学生になったの?」
「ううん、大学は来年受験よ。受験勉強の息抜きにショピングに行ったんですって?」
「息抜きかぁ~ イイんじゃない? ところで、 お小遣いはどのくらい渡してるの?」
「現金は3万円に決めてるけど、カードも持たしてるから…」
「そう? ウチの子にもカードを持たしたがイイかもねぇ~」

なんとも庶民感覚からかけ離れた会話に呆れているとT先生が、
「貴女達、イイ加減にしなさい! そんなに子供を甘やかしてどうするの!?」
「エッ!」
「何が息抜きよ? 貴女の病院のスタッフのお子さんがヴィトンのバッグやカードを持ってる?」
「それは…」
「働いてもいないんだから 無印良品ユニクロ で上等よ!」
「……」
「私はアメリカやヨーロッパにもしょっちゅう行ってるけど、あっちじゃ~ お金持ちの家庭の子供でも高校生になったらアルバイトするのが当たり前よ!」
「だって日本じゃ…」
「日本もアメリカも無いわよ! 世界中何処へ行っても甘やかされた子供は バカ になるの! 貴女達は子供を可愛がってるつもりで ダメ にしてるのよ!」
「でも、子供には…」
「医者の子供も、社長の子供も、サラリーマンの子供も、自分じゃ親は選べないのよ。 同じ条件で、同じ苦労と、同じ努力をさせるのが親心ってもんよ! 今度ノーベル賞を貰った山中教授ににしたって、小さなミシン部品の町工場の息子でお父さんを25歳の時に亡くして苦労して医者になったってことじゃない? 苦労しなきゃ才能も引き出せないのよ。 貴女達は子供のチャンスを潰してるかもしれないのよ?」
「でも、先生だってご実家は裕福だったんでしょ?」
「私の父は事業で成功してたけど、高校を卒業するときに 『大学なんて行く必要がない!』 って言われたの。でも 『アルバイトをしてでも…』 と言って行かせてもらい、名古屋のホテルでアルバイトしながら大学を出たのよ」
流石に、一芸 に秀でた方は違います!

感心しながら聞いていると、
「貴女達がやってる事は子供の為じゃなくて 自己満足 の為じゃないの? マスターはどう思う?」
「そうですねぇ~ こちらの奥様方程は子供に贅沢はさせれませんでしたが、今の若者達をダメにしたのは私達の世代からでしょうね。私達は戦後のベビーブーム産まれで 物が無い 時代に育って苦労したから 『自分の子供には…』 と甘やかした部分がありますね… でも、それは 自己満足 で、どんなに可愛がっても親は子供より長生きは出来ませんから、子供の人生に 責任 は取れないんですよ。 自分の人生に 責任を取れる 子供に育てる事が大切じゃないでしょうか?」

昔から言うように、
親バカ・子バカ
親がバカなら、子供もバカになるんです…

T先生は、超ドライ・マティーニを2杯、ハーパーのロックを1杯召し上がると、
「年内に、後2~3回は顔を出すわ!」
と言って席を立たれました…


*年内は30日まで日曜日も休まず営業するつもりです。
 年明けは2日より営業いたします。



当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1410-cd39f129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。