八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
月曜日、張り切って店を開けたものの 開かずの扉…
9時になり10時を過ぎても開きません?
エレベーターホールの窓から街を眺めると 雨!

一気に 意気消沈…
張り切っていた気持ちは 破れた風船 のように萎んで、カウンターに戻ると目の前に有ったマッカランのボトルを引っ掴むや否やグラスに注いで グイッ!
気つけ薬 を飲まなきゃ 正気 で居られません…

2杯・3杯と引っ掛けるて漸く平静を取り戻すと、
『こんな時は 誘い水 をしなきゃ!』
と考え付いてビールを抜くと一気に プワァ~!

*誘い水とは、水位が低い井戸でポンプで水を汲みだす時にポンプの中を水で満たすと汲み揚げられるんですなぁ~ その事から水商売では景気付けに酒を飲むんです。

しかし、誘い水の量が足りなかったのかドアは開きません?
已む無くハイボールを作って、もう一度 グビッ!
やっぱりドアは開きません?
『ヨシ! こうなりゃ~ もう一杯!』
と思った時にドアが!?

待ちに待ったお客様です。
誘い水 の効果アリ!
しかも、女性のシルエット!
相手が御迷惑でなかったら ハグ でもして差し上げたい気持ちです!
張り切って、
「いらっしゃいませ!」
と言ったつもりが呂律が回らず、
「イラッヒャイマヘ~」
と言いながらお客様の顔を見ると、
「アレ? 何だ、キ○子か…」
アッ! キ○子と言っても、時折お見えになる うわばみ 美人のキ○チャンではアリマセン!
キ○子とは、下のリンクをクリックして下さい…
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1133.html
「何だって何ね?」
「別に気にすることじゃ…」
「12月に入ったとにお客さんは居ないとね?」
「ウン、今日は雨だし…」
「雨でも飲みに出てる人は出てるとよ! 営業努力 が足りんとじゃ?」
「イヤ、俺なりに…」
と言ったものの特段の営業努力はしていないのも事実です…

「ところで何を飲むと?」
「そうねぇ~ 誰も居ないし、景気付けに シャンパン でも空けてやろうか?」
「ホント! サンキュー!」
と仕入れたばかりのモエ・エ・シャンドンをセラーから取り出していると、
「アンタも飲んだら?」
「勿論!」
ところが、シャンパン・クーラーをセットし終わったところで、
「アッ! アンタはシャンパン飲んだらシャックリが出るでしょ? だから違うのにしよう… やっぱり ビール!
「エッ!? ビール?」
「ウン!」
モエ・エ・シャンドンは 12,000円、ビールは 900円 ですから、その落差に 心が折れそう になりながらビールを注いでると、
「アンタもビールを飲んだら?」
「言われんでも飲むから…」
泡は泡でも、シャンパンとビールじゃ大違いです…

「ところで、今日も旦那と待ち合わせ?」
「ウウン、ウチのは出張だから思い付いて出て来たとよ。 やっぱり気になる?」
「別にィ~」
「嘘ォ~ この間は顔が引き攣ってたよ! アレって 焼き餅?
「バカにするなよ! 俺はそんなに未練たらしくない…」
悪趣味な女ですなぁ~
なに食わぬ顔で旦那を引き合わせて、私の反応を観察してたんです!?

そこで私も、
「悪いけど俺は45歳以上の女にゃ興味が無いから!」
「アラ! 私は未だ44よ!」
「そうだった? サバ読んでるんじゃ?」
「ホントよ!アンタァ~ 感じが悪い!」
「44も45も大して変わらんでしょ?」
「それよりアンタ、自分を幾つと思ってると?」
「63だけど?」
「フン! ジジィのくせに…」
「何でそんなに怒ると? 冗談だよ冗談…」
「当たり前でしょ! ビールをお代り!」
そう言うと2杯目のビールを飲みながら、
「でも、アッと言う間に歳とった…」
「何を言ってると、今が女として一番 魅力的 な年頃じゃない?」
「何ね? それ 営業トーク ね?」
「違う! 本音よ!」
「嘘でもアリガト… アンタも、もう1杯飲んだら? 次のお客さんが来るまで居てあげる…」
「ウン、そうして…」

その後は暫し、お互いの顔を見つめ合いながら無言の時間が流れました。
私は必死で 歳に抗う 女の哀しさを想い、逆に彼女は老いても 色褪せることの無い 私の魅力に、今更のように私を 煙草の吸殻 のように捨てたことを悔いていたに相違アリマセン?

やがてK川さんが見えると、
「それじゃ私は… またね…」
と席を立った彼女の後ろ姿に語りかけました。

営業トーク じゃないからね…』


*年内は30日まで休まず営業致します (するつもりです)。
年明けは2日より営業致します。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1402-8110176e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。