八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
定休日の昨日、野暮用で夕方から街へ…
1時間半位で用事が終わり、
『どっかで飯でも喰って帰るか?』
と思ったところに電話?
「マスター、もう始めてるよ~」
と、W子さん!
? アッ!
思い出しました。

実は先週、お客様のW子さんから、
「今度の日曜日は誕生日なんだけど、どっか韓国料理の美味しいとこ知らない?」
と聞かれ、
「でしたら トラジ なんかどうかな?」
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-798.html
そう答えると、その場で予約をされて、
「マスターも来てよ!」
と、お招きを受けてたんです。
『忘れてました』
なんて口が裂けても言えませんから、
「すみません、今そちらに向かってますから先に始めて下さい…」
とシャーシャーと をついて、
『手ぶらじゃ行けないし、もう店は開いてないし…』
と考えて、大急ぎでウチの店に駆け込んでモエ・エ・シャンドン (シャンパン) を有り合わせのガゼット袋に突っ込むと一路 トラジ へ向かった次第です。

さて、トラジに着くと、
『出来る事なら10年前にお会いしたかった…』
思わせる妙齢のご婦人がお三方!
「遅くなってごめんなさい。コレつまらないモンですけど」
とシャンパンを差し出すと、
「アリガト、じやぁ~ マスターはココに座って! もう一度乾杯しましょ!」
と自分の隣を指差しすW子さんに促されて腰を下ろすとテーブルにはサムギョップル (豚の三枚バラ肉の焼肉) を召しあがられたと思しき鉄板が…

取り敢えずシャンパンで乾杯をしていると、
「オマタセシマシタデス。アツイカラキヲツケテクダサイ」
と出て来たのはグツグツと煮えたぎる真っ赤な鍋!
妙齢の御婦人方は、
「ワーッ、辛そう!?」
「カプサイシンでツルツルになるかしら? 」
「違うよ。カプサイシンはダイエットよ!」
「そうだった? でも美味しそう!?」
等と20年前に戻ったかのような口ぶりでハシャギながら私の前にも取り分けて呉れました。
が?
その小皿を見ると 鶏肉!
ダットリタンです!
ダットリタンってのは鶏肉とジャガイモや玉ネギを唐辛子タップリのスープで煮込んだ辛~い鍋です。
辛いのは大好きですが鶏肉は 鳥肌 が立つほど嫌いな私…

昔、韓国で仕事をしていた頃どうしても食べれなかったのが鶏料理とコムジャンオ (和名はヌタウナギと言って深海に棲息する3億年以上も前から姿を変えない古代魚です。エイやヤツメウナギの仲間で日本では食べません。皮は韓国土産の財布やベルトになります)です。

仕方なくジャガイモを突っついていると、
「あらぁ~ マスターは食べないの?」
とW子さんの言葉に、折角の誕生祝いに水を差すようで、
『鶏は嫌いです』
とも言えず、
「イエ、飲む時は余り食べないんです…」
と、又しても を…
「そう? じゃぁ~飲んで!」
「ハイ…」

と、そこでトラジのママが、
「マスター、鶏ハダメダッタヨネ? コレ、食ベナサイ」
と持って来てくれたのがタコの和え物!
「エッ! 鶏ダメなの?」
「早く言えばイイのに?」
と御婦人方の優しいお声が掛かりましたが。
「飲む時は余り食べない…」
と嘘ついた手前で食べる訳にも行かず空きっ腹に カラ酒…

嘘の上塗り をした結果、
シャンパン、ビール、マッコリ (どぶろく)、チャミスル(韓国の焼酎) とチャンポンして悪酔い!

因果応報 とはコノ事です…


*年内は30日まで休まず営業致します。
 年明けは2日より営業致します。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1401-528eb9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。