八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
開店間もない時間、ドアを開けてくれたのは魅惑の人妻S子さんでした。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1273.html
「アラ! 私が口開け?」
「そうですよ。こんな早い時間にどうしたの?」
「どうしたって、主人が 『飲み会で遅くなる』 って電話して来たから、久し振りに羽を伸ばそうと思って!」
「そうですか… お子さんは?」
「子供達にはピザを食べさせて…」
「デリバリーですか?」
「そう…」

と言ったところでS子さん、
「アッ、そうだ! デリヘル ってデリバリー・ヘルスの略よね? マスターは利用したことある?」
「俺、風俗 は駄目なんですよ。でも何なの突然?」
「噂なんだけど、ウチのマンションの奥さんの1人がデリヘルやってるらしいのよ!」
「へぇ~ 別に珍しくもないんじゃ? 人妻専門 のデリヘルもあるくらいだし、菊池温泉のスーパー・コンパニオンは殆どが武蔵ヶ丘や光の森の住宅ローンで行き詰った家の奥さん達だって言うし…」
「ホントォ~?」
「エエ、それに最近の ラブホ はデリヘルが無かったら商売にならないって言う位だし…」
「ふ~ん… どんな事するんだろ?」
「聞いた話では、一緒にシャワーを浴びて洗ってあげた後で でサービスするらしいけど?」
「エ~ッ! 口で? 好きな人だったらイイけど知らない人のはイヤだぁ~」
「まぁ~ 中には店に内緒で 本番 ヤッテ稼ぐ女性もいるらしいよ?」
「でも、人妻でも需要があるのねぇ~」
「そりゃぁ~ 人妻って言えば或る意味 ベテラン だから、若い娘にゃ無い色気やテクニックがあるのかも?」
「ベテランなんて言っても、私なんかご無沙汰で忘れちゃった!」
「ハハハ、冗談ばっかり!」
「ホントよぉ~ でも男の人って、子供産んだ女の身体より ピチピチ の身体がイインじゃない?」
「そうとも限りませんよ。俺なんか若い娘にゃ興味がないから!」
「へぇ~ そうなんだ? マスターは幾つ位の人がイイの?」
「そうですね~ 若くても37~8から上は40代半ば位かな? 願望だけど…」
「へぇ~ じゃぁ私でも OK なんだ?」
「そりゃぁ~ S子さんなら 末期の想い出 にコッチからお願いしたいくらい!」
「じゃぁ~ 私に幾らの値を付けてくれる?」
「イヤ、金額は女性が提示するモンよ」
「だって、私には判らないもん…」
「だったら…」
と言いかけて、
『少なけりゃ失礼だし、高い値をつけて ソノ気 になられたら?』
なんて考えて、
「やっぱりS子さんに値段は付けられません…」
「なんだぁ~ つまんない…」
「ハハハ、だって、S子さんは お金じゃ計れない くらい素敵だから…」
「ウフフ… 上手ねぇ~」
「イヤ、ホントだよ…」
「嘘でも嬉しいわ。アリガト…」
そう言うとS子さんは、
時には娼婦のように 淫らな女で居たい♪♪
と小さな声で口ずさむと、
「マスターも何か飲んでよ!」
もしかすると、S子さんにも 娼婦願望 がおありなんでしょうか?

そう言えば、イタリアの宝石と称えれてる女優の モニカ・ベルッチ が言っています。
「女なら誰だって、売春婦のダークな部分に興味を持っているはずだし、どうしたら男性を喜ばせることが出来るかってことに興味があるはずよ」
そして、
「売春婦は、私たちのような一般女性よりも男性のダークな部分を知っているわ。だからそれを知るためにも、売春婦になってみたいって願望は、みんな密かに持っているの」
とも…

まぁ~ 偶にはこんな会話もイイもんです…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1333-ba2f8ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。