八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
昨日、尖閣諸島魚釣島に香港の活動家が上陸し、14人を入管難民法違反容疑で逮捕しました。

国内では、
「日本の法律に基づき刑事裁判にかけろ!」
と言う声が上がっています。
至極当然のことですが、問題はそれ以前です。
香港の抗議船が領海侵犯をした時点で、何故に黙認したのかという事です。
ボンクラの野田総理とヘッピリ腰の外務省には、領海侵犯を黙認したことで中国との間に領土問題があると認める結果になるって事が解らないんでしょうか?

今回、政府は、
「けが人が出るような強硬手段を用いない」
として、海上保安官のほか警察官や入管職員ら計約30人を事前に上陸させて待ち受けた訳ですが、上陸したのが活動家を装った海上民兵であった場合はどうだったでしょうか?
民兵であれば当然武装しているでしょうし、海上保安官や警察官の拳銃程度では逮捕どころか、逆に 返り討ち にあってたかも?

海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件を受けて2年、漸く民主党は重い腰を上げて 海上保安庁法改正案 の審議を始めましたが、遅きに失した感は否めません。
その間、中国の公船 (軍艦を改造した漁業監視船や海洋調査船) が度々領海を侵犯しても日本側は警告するだけで、中国側はセセラ笑って航行して来ました。
この 「強硬手段は用いない」 と言う政府の 弱腰 の対応が中国の挑発をエスカレートさせているに違いありません。

この際、中国船が領海侵犯をする恐れがある場合は、海上保安庁のみならず自衛隊も出動して、領海線上で侵犯を阻止できるよう 領海警備法 を 整備し、尖閣諸島にレーダ基地等を設置して海上保安庁職員や自衛隊を常駐させるべきではないでしょうか?
さもないと、今回は抗議船の出向が事前に分かっていたから良いようなものの、夜陰に紛れて 上陸・占領 でもされたら竹島 (韓国が実効支配している島根県の離島) の二の舞になりかねません!

自国の領土を守るという事は、自国民を守ることに他なりません。
先日も中国に気兼ねして、第二次世界大戦末期に起きた疎開船遭難事件の慰霊祭を開催するため超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」 が申請していた尖閣諸島魚釣島への上陸許可を認めなかった政府に国民を守ることが出来るんでしょうか?

いくら、
「俺んちの島だ」
って口で言っても、
先に居座った方が勝ち! ってのは、竹島を見れば一目瞭然!

この際、野田政権の閣僚と外務省の中国担当の役人を尖閣諸島に 島流し にして 実効支配 するってのはどうでしょうか?
ついでに一昨年、中国人船長を起訴せずに釈放した菅前総理と仙谷元官房長官も一緒に!

当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1309-436626b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。