FC2ブログ

八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  船長の独り言
tag : 
リ〇さんとご主人、50代半ばのご夫婦です。
お二人の趣味は音楽とか?
り〇さんは ヘビメタ!?
ご主人はエレキギター!

そのご主人が、
「ヘビメタは音楽じゃない」
すると、リ〇さん、
「何を言ってるの? あのビートを聞いたら 地平線 に向かって駆け出したくなるわよ!」
「音楽って言うのはリズムとメロディーの融合だよ。ヘビメタはメロディーを抑えてギターリフ主体じゃない?」
「とんでもない! クワイエット・ライオットなんかメロディアスよ!」
お隣のお客様が立たれたのを機に、
「マスター、ユーチューブでクワイエット・ライオットをかけてよ」
「クワイエット・ライオットの何にしましょう?」
「カモン・フィール・ザ・ノイズ」
そこで、



すると、
「何がメロディアスだよ?」
「だったらクイーンの”愛と言う名の欲望”をかけて!」



今度は、
「クイーンはヘビメタじゃないだろ? ハードロックかな? でも確かにこの曲はイイ…」
「でしょ?」
「しかし、俺はサンタナだな。子供の時は佐世保に住んでて米軍放送で聞いて以来サンタナ
一筋! そうだマスター、サンタナをかけて!」
「サンタナは何を?」
「ジンゴ!」



御主人は昔を懐かしむように、
「就職して通勤する時、カーステレオのボリュームを最大にして聴いてたな…」
「パパ! 折角かけて呉れてるんだから黙って聞きなさいよ!」
「… … ヤッパリ、サンタナのギターに敵うヤツは居ないな…」
「シャラップ!」
「……」
「今度は何をかけましょう?」
「う~ん、次はサンバ・パ・ティ!」



今度はリ○さんが、
「そう言えばパパ、最近はギター教室には行ってないね?」
「うん、先生に 『サンタナを弾きたい』 って言ったら 『僕にも弾けないのにアンタには絶対無理!』 って言われて… 『サンタナは1万円のギターでも、100万円のギターで弾いても自分の音が出せるけど、僕が100万円のギターで弾いても無理…』 だそうで…」
「アッ! また喋って聴かない内に曲が終わったじゃない!?」
「マスター、ごめん… 最後に”哀愁のヨーロッパ…」



今度は、お二人で最後まで静聴されるとリ○さんが御主人を見詰めて染々と、
「もう、パパの髪も随分 哀愁 を帯びて来たよね…」
御主人は自分の頭を撫でながら、
「帰ろう…」

仲の良い御夫婦でした…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。

スポンサーサイト




コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1234-f8d7f879
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)