八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
9時前に見えた40歳位のカップル、
店内を見回すと、一目散に一番奥の通称 ラブ・シート へ…
この席は、当店自慢のハイバック・シートに加えて、その配置から他の席からは死角になって見えません!
言うならば個室状態ですから、ハッキリ言って ヤリタイ放題!
飲むのも忘れて
「アッハ~ン」
「ウッフ~ン」

は日常差万事…
全く、売り上げにならない席なんです!

オーダーを伺うと、ノブ・クリーク (バーボン・ウイスキー) のロックとXYZ (ラムをベースのカクテル) をご注文。
オーダーをお持ちして、
『やれやれ、この2杯で1 時間か?』
と思いながらも、
「ごゆっくり…」
と、重たい足取りでカウンターに戻るが速いか、
「マスター、お代わりぃ~ ボウモア (スコットランドのアイラ島で作られたウイスキー) と、カイピリーニヤ (ブラジルで作られた砂糖黍ベースのカクテル) をお願い~」

その言葉に、
『オッ! 今日のカップルは違うじゃん?』
と思っていると、その後もラフロイグ (やはり、アイラ島のウイスキー) やら、ソルティードッグやら召し上がって次は、
「赤ワインをボトルで! それからチーズも!」
オーダーをお持ちしても、声を潜めることも無く普通に談笑中です。
『ラブ・シートも、こんなカップルばかりだったらイインだが…』
と、その後はカウンターのお客様のお相手に専念…

さて、どの位の時間が過ぎたでしょうか、カウンターのお客様が席を立たれてフト気付くと、先程までの笑い声や会話の声が聞こえず、
「ウフッ」
という含み笑いや、
「アッ」
とか、
「ウッ」
と言う押し殺した声が?

『なんだ、やっぱり始まったか…』
と思っていると、
「シャンパンを… ハーフボトルでイイから…」
モエ・エ・シャンドンのハーフボトルをお持ちすると、女性は服の乱れを直しながら何食わぬ顔で、
「このシート、背が高くてイイですね…」
イチャイチャ するには最適でしょ?』
と皮肉の一つも言いたいのを堪えながら、
「ハイ、有難う御座います…」

さてカウンターに戻って、モノの2分と経たない内に又しても、
「ウッ」
「アッ」
「アァ~」

始まりました…

『飲んだりイチャついたり、お忙しいことで…』
しかし、アレですなぁ~
私も、知らん顔してりゃ~ イイものを、やはり気に掛るのが人間の性…
次第に、私の耳は ダンボ?
こうなると、抑えきれない好奇心!
そ~っと、カウンターの一番端に移動して、短い脚で爪先立ちでラブ・シートを覗くと…
何と、シャンパンを口に含んだ男性が女性に口移し!
しかも、女性の唇に垂れたシャンパンを舌で舐めながら、手はブラウスの胸を揉みしだいて…
思わず、
『俺も仲間に入れて!』
何て事は露ほども考えませんが、ただ呆然と見守るばかり…
そんな私を嘲笑うかの如く、それから延々と30分以上!

やがて女性が立ち上がってカウンターに歩み寄ると、
「計算して下さい…」
「有難う御座います。2万○千円頂戴します…」
そう言って顔を上げると、女性の口紅は完全に剥げ落ちて?
「御馳走さま、また来ます…」
「又のお越しをお待ちしています!」

そうなんです。
金さえ遣って呉れたら、
「ウッ」
だろうが、
「アッ」
だろうが、
「アァ~」
だろうが、

大歓迎!

節操が無いのが、ウチの店の取り柄です…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1222-5dc73115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。