八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜お見えになったKさん。
物腰の柔らかい温厚な紳士ですが、その見かけとは裏腹に 超肉食!
まさに、

羊の皮を被った狼

そのKさんが、他のお客様がお帰りになった3時過ぎ、
「昔、付き合ってた女性で今も忘れられない人がいる…」
とポツリ…
「へぇ~ そんな方が?」
「当時、今の家内と婚約中だったけど、彼女はそれを承知だったんですよ」
「そうですか?」
「別れる前に、二人で旅行をしたんですが、旅先で入ったBarで彼女に 『アイツと別れて、お前と一緒になろうかと思う』 って言ったんですよ」
「彼女は何て?」
「そしたら彼女、 『貴方の心は決まってるのに…』 って言ったんです。それで 『どう言う意味?』 って聞いたら、 『ホントにそう思うんだったら、あの人と別れて来たから一緒になろうって言う筈よ』 って言われました…」
「……」
「彼女は、 『私は貴方に婚約者が居ると分かってて付き合ったんだし、他人の不幸の上で私が幸せになれるとは思えない… だから別れましょう』 って言ったんですよ…」
「はぁ~ そうでしたか…」
「エエ、そして彼女は、 『貴方が居ないところへ行って人生をやり直す…』 って言って静岡へ行ってしまいました…」
「そんな事があったんですか?」
「エエ、だからかな? 未だに彼女を忘れられないのは…」
と、肉食らしからぬ言葉を…

素敵な女性です。
そして、そんな彼女を忘れないKさんも素晴らしい男性です。

パートナーが居ても別の誰かを好きになる…
パートナーが居ると解ってても、その人を好きになる…

それは理屈じゃないんです。
それは、パートナーを嫌いになったからでもなく、パートナーから奪いたいからでもなく、各々を別々の人間として同じように好きになるだけなんです。
人は、常に誰かを愛していなきゃ生きて行けない動物なんです。
例え、それが一人で在っても二人でも…
人間の人間たる所以でしょうか?


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1180-d1923567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。