八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
街の人影も疎らな午前時2時半、
『片付けでも始めるか…』
と、その時でした。
不動産関係のT花社長が御来店に、
「アレ? 今夜はお一人ですか?」
当年とって50歳男盛りのT社長、何時もはクラブの女性を伴って見えるんですが…
「後で来るから…」
「へ~ もう2時半ですよ。クラブなのに未だ終わらないんですか?」
すると歯切れの悪い口調で、
「ま、まぁ~」

そろそろ3時になろうかと言う頃携帯電話に着信!
「セブンイレブンの隣のビルの4階だから…」

10分程でドアが開いて、
「Tチャ~ン! お待たせぇ~」
と黄色い声?
声の主を見ると、未だあどけなさの残るキャバ嬢が二人!
思わず、
『身分証持ってる?』
って聴くところでした。

両側に座った彼女達を、
「あ~ この子達、俺の娘みたいなもんだから…」
と言い訳じみたセリフを口走るT花社長の左手はカウンターの下で モゾモゾ と?
お客様はコッチからは見えてない心算でしょうが、カウンターの下で何をヤッテルかは腕の角度や動きでお見通し!
『フン! 娘の足を撫でまわす親がいるかよ?』
と言いたいのを我慢して、
「いやぁ~ 社長も趣味が広いですねぇ~」
私の皮肉に気付いてるのか、いないのか、我関せず とばかりに、
「ハハハ… 偶には若い娘の相手もしなくちゃ!」
と言いながら手は彼女の太腿の上で モゾモゾ…

そこで、顔には笑みを浮かべながら何とか逃れようと身を捩ってる彼女に助け舟を出すことに…
「貴女達、歳は幾つ?」
「私が20で彼女が19…」
「そう? 最近の若い娘はスタイルがイイね。チョット立って見せてくれる?」
「ウン!」
ホッ とした顔で椅子から降り立った2人に、
「おお! AKB48 にも負けんバイ!」
「ありがとう。 オジチャン!

『オジチャン?』

まぁ~ オジイチャン と言われなかっただけ マシ ですが…

立ったまま店内を見回した彼女達、
「雰囲気がシブ~イ! 船の中みたい? ココならユックリ話が出来るね?」
「ウンウン!」
「オジチャン、また来てイイ?」
「エッ!」
また来てイイ? って言われてもウチは R25 が売り!
返答に詰まっているとT花社長、
「おお~ 良か良か! ココは 25歳未満お断り の店バッテン、俺の 顔パス で良かケン!」
「ワ~イ!」
「ヤッタ~!」
「……」
調子の良いオヤジです…

それから1時間カル~ア・ミルクだのファジー・ネーブルだの、お子様メニューをせっせと作って、
「また来るねぇ~ オジチャン!
『せめて、マスター と呼びなさい!』
って言う気力も失せて閉店したのは5時前…

到々、八点鐘もR25の を破りました。

今日は 喪失感 で一杯です…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1172-c4b14300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。