FC2ブログ

八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  船長の独り言
tag : 
今日、一本の電話がありました。

「ヨボセヨ、ナカヤマシヨ? (モシモシ、中山さんですか?)」
いきなり女性の声で韓国語が飛び込んで来ました!
とっさに、
「ネェー (ハイ)」
と答えると、
「オレガンマニエヨ。 ウンスクミダ (久しぶりです。ウンスクです)」
ウンスクと言う名を聞いて、一瞬、頭を殴られたかのような気がしました。
雲淑…

http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-520.html
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-153.html

別れて30余年、その間に一度だけソウルで会いました。

「ア? ウンスクヨ? (エッ? 雲淑?)」
「ネェー ウンスクヨ (ハイ 雲淑です)」
「チャル ジネッソヨ? (元気だった?)」
「ネェー ジネッソ (ハイ 元気でした)」

それからです。
堰を切ったような早口の韓国語!
何しろ私が韓国を離れて30年、韓国語を喋るのは10数年ぶりですから、とても聞き取れません?
「チャッカンマンキダリセヨ! チョンチョニ マルヘチュセヨ… (チョット待って! ユックリ喋って…)」

話の内容は、
30年前、当時私が嵌めていたカフスボタン (エメラルドにダイヤを捲いた) を見た雲淑が、
「それで指輪を作りましょ?」
と言ったんです。
それで指輪に作り変えたんですが、いつの間にか何処に仕舞い込んだか分からなくなってました。
ところが、ひょんな所から出て来たのが去年の秋でした。
そこで、ウチのお客様のAyumiチャンが韓国に帰る時、その指輪を彼女に届けて貰うべく預けたんですが、そのお礼の電話だったんです。

金雲淑…
10数年ぶりに聴いた彼女の声…
もう、二度と耳にすることは無いでしょう?

今日は、心に細波が立っています…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。

スポンサーサイト




コメント


ケンチャナ日記の○○さんはマスターだたんですね?
切ないです。
2012/01/19 18:33URL  ミケ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1124-dc038031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)