八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜は今年一番の閑でした…

でも、そんな夜でも足を運んで下さるお客様もいらっしゃいます。
手持ち無沙汰に妄想に耽っていると、建築家のM先生が、
「アレッ? 誰も居ないの?」
「ハァ~ ご覧の通りです…」
1時間半ほど飲んでいらっしゃいましたが、
「誰か来るまでと思ってたけどソロソロ帰る…」

再び妄想タイムに突入!
美女を裸にしかけたところでドアが?
初めて見えたカップルは、店内を見回すと一番奥の ラブシートへ直行!
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-684.html

『あぁ~ これじゃ売り上げにはならないな…』
と気落ちしてた時でした。
ドアが開いて一人のご婦人が!
妙齢の人妻、T美さんです。
「お久しぶり…」
「いらっしゃい…」
「今日は閑見たい?」
「今日もですよ… お一人ですか?」
そんな会話から始まりましたが、こんな閑な夜はお客様の気持ちもトーンダウンするんでしょうか?

溜息をつきながらT美さん、
「マスターは奥様とはどうなさってるの?」
「まぁ~ 私のことは…」
と上手く誤魔化すと、
「そう? 実はね…」
と、家庭のことを話し始められました。

結婚なさって15年、お子様は中学生の彼女の家庭の話と言えば、御主人の愚痴か子供の悩みと相場が決まってます。
昨夜は御主人の愚痴…
お話を搔い摘んで御説明すると、ご主人との会話も殆ど無く、当然セ○クスレス。
早い話が 飯炊き女 状態との事?
良くある話です…

話をしている内に感情が昂ぶって見えたのか涙まで…
流した涙を補うかの如くお酒のピッチも上がって!

気が付けばソロソロ閉店時間の3時。
ラブシートのカップルも満足されたのか、或いは第2ラウンドの場所を変えられたのかは定かではありませんがお帰りになり、店内にはT美さんと二人っきり!

「T美さん、ウチは何時まででも良いんですが、こんなに遅くなって大丈夫ですか?」
「フン! とっくにウチのは鼾かいて寝てるわ…」
「そうですか…」
「でも、あまり遅くまでは迷惑でしょ? 計算してください」
「有難う御座います」
計算を済ませてお立ちになったT美さんを見送ろうとカウンターから出ると、
「マスター、チョットだけハグして…」
やっぱり私のブログをご覧になってるんでしょうか?
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-646.html
「エッ? それはイイんですが…」
と言いかけて、
『もう3時だし、誰も見えないから大丈夫か?』
と思い直して、ご要望にお応えを!

私の胸に顔を埋めたT美さんの肩を抱いて…
その時間は2~3分、イヤ、もっと短かったかも知れません?
「ありがとう… また来ます…」
そう言ってお帰りになりましたが、店を閉めて着替えをしてると、脱いだシャツから微かにファンデーションの匂いが…

しかし、自分の女房が深夜まで飲み歩いても無関心な御主人が多いのも御時勢でしょうか?
或いは病んでる男性が増えたのか?

ファンデーションの匂いを振り払うように店を出ると街には人影もありません。
11月も半ばと言うのに寂しい夜でした…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。

スポンサーサイト

コメント


ウチも同じです。
私も今度ハグしてください。 v-209
2011/11/16 15:26URL  K #-[ 編集]


あまりお綺麗な方だと暴走する恐れがありますが、
それでも宜しければ…
2011/11/16 21:03URL  >Kさん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1065-a821238f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。