八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
昨日、30歳位の青年が二人で何やら熱く語り合っていらっしゃいました。
その内に、
「マスター、軍隊はどう思います?」
お話をお伺いすると、片方の青年はパキスタンを旅行して来られたらしいんですがテロを目の当たりにしてショックを受けたとの事。
「アフガニスタンやパキスタンのテロはイスラム教の派閥戦争でしょ?」
「そうじゃなくて、アフガニスタンに米軍が駐留していることですよ」
「あぁ~ それは国連のアフガスニタン支援ミッションだから当然でしょ? 色んな国の軍隊が駐留してるけど米軍が2/3位いるんですよね」
「でも、アフガンに米軍が居なけりゃテロは起きないんじゃないかな?」
「それは無いでしょ? 国連軍がいなきゃ無政府状態になってるでしょうから」
どうやら軍隊は是か非かってことらしいんですが…

そんな話から沖縄の米軍基地の問題になり、
「沖縄の基地は廃止出来ないのかな?」
「日本の自衛隊を増強して軍隊にしなきゃ無理でしょうね…」
「何故ですか? 日本は憲法で戦争放棄してるでしょ?」
「それは、憲法9条1項で放棄している戦争は外国に対して攻め入ることを放棄してるだけで、防衛的な戦争は放棄していないんですよ」
「……?」
「つかり、自衛隊は相手国から戦争を仕掛けられた後でなければ反撃出来ないんですね。 例えばジェット機にしても自衛隊のは要撃用 (防空用) で、相手国を爆撃するような攻撃用じゃないんですよ。 そこで仕掛けられない様にアメリカと同盟を結んで米軍の軍事力で守って貰ってるんですよ」
「へぇ~ でもスイスみたいに永世中立国になれば良いんじゃないですか?」
「それは誤解ですよ。スイスの永世中立国宣言は何処の国の戦争にも参戦しないって宣言してるだけ。つまり何処の国とも同盟を結ばないってことなんです。だから他国から攻められても何処にも助けて貰えないスイスは国民皆兵で結構強力な軍隊を持ってて、殆どの家には核シェルターがあるらしいですね。」
「へぇ~ 知らなかった…」
http://homepage2.nifty.com/aquarian/Swiss/Sws_Imp1.htm

改めて思いました。

日本人の 平和ボケ!

日本列島をロシア軍の飛行機が1周半しても、尖閣列島に中国船が侵入しても ノホホン として無関心でいられるんですなぁ~


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。)
スポンサーサイト

コメント


洗脳済みの9条ボケ脳内お花畑さん達は
スイスの永世中立を「非武装中立」と思い込んでますね。

今の世の中武力を持たないことがどれだけ愚かな行為か
少し考えれば分かりそうなものですが・・・。


こういう人たちに典型的なのが、
自分の考えに都合のいい部分だけを安易に取り上げて

「今や世界の潮流は~であるから日本もそうするべき」

という論の組立。

上の軍隊の例に当てはめれば
「世界は平和を求めているのだから日本も軍隊を捨てて9条による非武装を目指すべき」
と言ったところでしょうか。

「世界の中で最も話の通じない国」が隣に三つもある日本で言うことじゃないですね。
「泥棒の家が家の周りに三軒あるけど、セキュリティ装置など要らない。いざ押し入られても抵抗しなければ相手に何かされることはない」
こんな理論が世の中で通じるとでも思ってるんでしょうか・・・。


都合の悪いことは「報道しない自由」を振りかざし、
都合のいいことは「報道する自由」を振りかざす、
ダブルスタンダードの「マスゴミ」にすっかり洗脳されてますね。
2011/10/08 17:12URL  #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1026-0b4652d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。