FC2ブログ

八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  船長の独り言
tag : 
2時になろうかと言う頃でした。
カウンターには40歳くらいの男性お二人が無言のままチビチビと飲んでいらっしゃいました。

そこへクラブPのRチャン、2日連続の御来店!
昨夜はかなり出来上がっていましたが、いつもの通りビールを一杯引っ掛けてカリラのストレートに…
「今日はガッカリ…」
「何が?」
「お客さんと同伴の約束してたのに、夕方になって 『急に冷え込んで風邪気味だから…』 ってドタキャン! 子供じゃあるまいし気合いが入ってない…」
Rチャンは昼夜仕事を掛け持ちで平均睡眠時間は4時間の頑張り屋さん!

そんな彼女を、チラチラと盗み見されてる男性お二人。
それを知ってか知らずか、フッと横を向いてニッコリ微笑んだRチャン。
慌てて目をそらす男性に、
「何で二人とも一言も喋らないんですか?」
「はぁ~」
「お二人はお友達?」
「エエ、まぁ~」
「喋らないんだったら一緒に飲む意味無いんじゃ?」
「……」

そこで私が一言、
「Rチャン、喋らなくても友達同士で通じあう関係もあるんだよ」
この一言が余計でした…

「それって、もしかして二人は ホモ達?
「エッ! イイエ、違います!」
「でもアナタはガッチリで、そちらはホッソリだからホモ達に見える!」
「そんな…」
「じゃ~ 女に興味はある?」
「あります…」
「彼女いる?」
「いません…」
「フン! ヤッパリね… マスター、今度はラフロイグ!」

ラフロイグを飲みながらガッチリ体型の男性に、
「その赤いの… 何飲んでると?」
「スプモーニです…」
「女が飲むヤツじゃん!」
「俺、酒飲めないんです…」
「駄目だ! 女には モテンよ…
「……」
「草食かぁ~ 私は帰ろ…」

振り向きもせずにドアの向こうに消えたRチャンを呆然と見送る男性お二人、
「美人ですね…」
「酒も強いし…」



『アンタ等にゃ~ 太刀打ち出来ませんよ…』

そう呟くしかありませんでした…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

スポンサーサイト




コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1016-1b47f165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)