FC2ブログ

八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜は、お客様の足も途絶えずボツボツの入りでした。

閉店後は、遊びに来ていたバイトのRioチャンを誘って飯を食いに…

行った先の小料理屋で流れているのは昭和歌謡!
それも昭和60年代から70年代の曲ばかり。

「これってCD?」
そう聞くと、
「イエ、カセットテープです」
と親爺…
今時、カセットテープってところが泣かせますなぁ~

しかし、歌は世に連れ 世は歌に連れ と言いますが、昔の歌を聞くと当時の記憶が蘇ってきます…

最初の曲、
石原裕次郎の 『泣かせるぜ』 では、

離さない
もう離さない
縋りつくあの子の 
長い睫毛が濡れていた


筈なのに、睫毛を濡らすどころか眼を釣り上げて、
「アンタの顔なんか見たくもない!」
と、捨て台詞を残して突き離されました…

次の曲、
藤圭子 (宇多田ヒカルの母親)の 『夢は夜開く』 では、

夜咲くネオンは嘘の花
夜飛ぶ蝶々も嘘の花
嘘を肴に酒を飲みゃ~
夢は夜開く


「アナタ以外のお客さんの席には着きたくない…」
「指名が掛ると、アナタが来たのかって期待しちゃう…」
なんて、ネーチャンの言葉にノセられて給料叩いて通い詰め、シャネルだビトンだって貢いだ挙句に貰ったのはバレンタインの 義理チョコ だけって始末…

なんと!
城卓也の 『骨まで愛して』では、

なんにもいらない欲しくない
あなたがあればしあわせよ
わたしの願いはただひとつ
骨まで骨まで
骨まで愛してほしいのよ


そんな言葉にほだされて、
「骨までどころか、オマエを食べてしまいたい!」
って思って結婚したものの、数年をおかずして三行半を突き付けられ、慰謝料やら養育費やらで 骨までしゃぶられて…



昨夜は ノスタルジックな昭和の夜を満喫して帰りました…

さて今日は雨の金曜日、果たしてどんな夜になるやら?


日曜日(18日)は営業します。
月曜日(19日)を休ませて頂きます。

当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://hattensyo.blog57.fc2.com/tb.php/1010-294d9dbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)