FC2ブログ

八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  船長の独り言
tag : 
バーBの 美人ママ がスタッフの娘と一緒に見えたのが2時半になろうかと言う時間でした。
1杯ずつ召し上がって席を立たれ、
『今日はこれまで…』
と閉店の準備を始めたとき、
「もう、閉めるの?」
とドアを開けたのはN子さんでした。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1320.html

「あ~ まだイイよ」
「じゃ~ 少しだけ… ビールを頂戴」
ビールを注いで差し出すと、
「もう誰も来ないでしょ?」
「この時間から来る人居ないよ…」
「だったら 私に付き合って呑んでよ?」
何しろ、腸炎で 尿もれパッド のお世話になってる身です。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1555.html

一抹の不安を覚えながらも、女性の言葉には逆らえない私ですから、
「じゃ~ チョッと看板を取り込んでくるから…」
看板を片付けて店に戻ると、
「好きなの注いでコッチに座りなさいよ…」
「では、お言葉に甘えて…」

N子さんの隣に腰を下ろして、
「何かあったの?」
「別に何もないけど、たまには飲みたい日もあるとよ。今日は店が終わって2軒目…」
何か気が滅入ることがお有りなんでしょうが他人には話したくない事もありますから、
「そう…」
互いに無言で肩を並べてクラスを傾けていましたが、N子さんが足を組み替えられた時にフト目に付いたのがスカートのスリットから覗くスリップのレースでした。

するとN子さん、
「マスター、何見てると?」
「N子さんのスリップ…」
「エッ! イヤラシイ!
と言いながらスカートを引っ張り下ろすN子さんに、
「別に、シミチョロ を見てた訳じゃないよ!」
「何ね? シミチョロって?」
「???」
「シミチョロを知らんと?」
「知らん?」
「スリップの事を、昔はシュミーズとかシミーズって言ってたの。それでスリップが チョロッ と覗いてるのを シミチョロ って言うのよ!」
「ハハハ、シミチョロ なんて言うとイヤらしさが無いね?」
「 だから、イヤらしい気持で見てたんじゃないの!スリップの レースが気になって見てたの!」
「何でレースが気になると?」

実は私、若い頃に貿易の仕事をしてた時、女性用の下着も扱っていた関係からでしょうか、
『このレース、チュールレース? それとも リバーレース?
と確かめたくなるんです!

此処で、野暮なお父さん方の為にご説明しますと、
チュールレース とは、薄く透明感のある六角形 (菱形もあります) の編み目模様の生地の、編み目を拾って刺繍を施した透かし模様の布のことです。
リバーレース とは、リバー編機と言う特殊な機械を使って15,000~20,000本の細い糸で編み上げられた繊細で優美・クラシカルでエレガントなレースで、特徴はレースの端の出来る ヒゲ です。
昔は チラッ と一目見ただけで判ってたんですが、老眼に遠視と近視に乱視まで混ざってちゃ~ 良~く 見ないと刺繍か編み目模様か判らないんです…

その事を説明すると、
「何だ、そう言うことだったの? じゃぁー 見せてあげる…」
と言うことで今度はスカートを捲り上げて!
女性の心理は判りません…?

お言葉に甘えて ジックリ 確認すると、

リバーレース

ヒゲ 有り!

因みにコッチがチュールレースです。

チュールレース

しかし、最近はスリップを着てる女性も少なくなって シミチョロ死語?
パンツが見えそうなミニスカートより、膝丈のスカートから覗く シミチョロ の方が男の 妄想 を掻き立てて、余程 ソソル と思うんですが…


☆毎月8の日 (8・18・28日) は飲み放題です。
男性4000円・女性3000円、チャージ料込、時間制限なし。
ビールとシャンパン以外は何でも結構ですが、ショートカクテルにつきましては、忙しい時と面倒くさい時はお断りする場合も御座いますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)



スポンサーサイト