FC2ブログ

八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  船長の独り言
tag : 
土曜日の夕方、開店準備をしていると携帯電話に着信アリ!
ディスプレイを確認すると、080-××××-××××
知らない番号です?

取り敢えず電話に出て見ると、
「中山さん?」
「ハイ、そうですが?」
どっかで聴いたような女性の声?
「私、判る?」
「さぁ~ どちら様でしょう?」
「なんだぁ~ 私の声を忘れたとぉ~ 酷~ィ!」
「ごめんなさい…」
知らない番号で掛けて来て責められる筋合いは無いんですが、相手が女性となると条件反射的に謝ってしまうのは何故でしょうか?
すると電話の声は、
「私よォ~ モ○よ!」
「ん!? モ○チャンって、クラブ〇〇に居たモ○チャン?」
「ピンポ~ン! 今から行くから!」

モ○チャンってのは、以前にチョクチョク飲みに行ってたクラブのホステスさんです。
身長162cm、色白のソバカス美人!
私が思うに、ソバカスが浮いてる女性は押並べて色白です。
コレはソバカスが色素を吸着して肌を白くしてるに相違ありません!
こんな美人を、 指を咥えて 見てるのは私に信条に反しますから、全力投球で口説いたものの 難攻不落!
挙句の果ては涙の 玉砕…
それでも、私が店を始めた開店当初は良く顔を出して呉れてたんですが、
「夜の勤めを辞めて田舎に帰る…」
って事で、それっきり…

開店前の7時過ぎですが、美人のお客様には開店も閉店もありません!
「久し振りだねぇ~ 電話番号も変わってるから判らなかった…」
「電話はお店辞めてから替えたからね。それにしても元気?」
「元気な訳ないでしょ? 歳をとって草臥れる一方よ…」
「私も歳をとったよ。もう38よ…」
「何言ってるの? 今が 女の盛り じゃない?」
「アリガト…」
「ところで、突然どうしたの?」
「実は来週から金曜と土曜だけお店に出るとよ…」
「へぇ~ カムッバクするの?」
「昼の仕事だけじゃ厳しいし… それで今日は、お店に顔出してドレス合わせ…」
「でも、田舎から通うの大変じゃ?」
「ううん、ホントは田舎に帰ったんじゃ無くて結婚したの…」
「エッ! 結婚?」
「それで、離婚してね…」
「そうだったの…」
離婚の訳は聞かず、黙ってシャンパンのハーフボトルを1本抜きました。

美人のカムバックに 乾杯!


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


スポンサーサイト