八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
そろそろ3畤、カウンターでは娘以上に年の離れたミナ○チャンを攻略中のM氏と、部下を相手に愚痴だか説教だか分かりませんが グチグチ 言ってる支店長と神妙な顔をして聞いてるふりしてる某銀行のグループ…

と、そこでドアが開いてF村さんが女性お一人を交えた3人で御来店。
店内を見回して、
「俺が来る時は、妙齢の御婦人がいない…」
「当たり前でしよ! もう何時と思ってるんですか?」
此れだから中年オヤジはイヤになります。

しかも、しこたま飲んで来て呂律も怪しいのに、
「マンハッタンを…」
お連れの男女は手を握ったり足を撫でたりで、一人仲間外れのF村さん、実はイイ歳をして ブレイクハート 真っ只中!
お付き合いされてた女性が心変わりして別の男性と… まぁ~ 良くある話ですが、
「もう、アイツは吹っ切れた…」
と、私を相手に愚痴…
『愚痴るのは未練がある証拠!』
と言いたいところですが、気が済むまで愚痴らせるしかありません。
ところが ドッコイ!
延々と、それから2時間以上、他のお客様も、お連れの男女が帰られても同じ話の 堂々巡り!
流石の私も痺れを切らして話を変えようと、
「最近は何処で飲んでるんですか?」
「う~ん、此処と○○と△□かな…」
「エッ? ○○と△□はあの方の行き付けの店じゃないですか?」
「……」
「止めなさい! どっかネーチャンの居る店にでも行って飲んだがイイですよ!」
「イヤ、もうアイツに会っても大丈夫! 吹っ切れてるから…」
「それって、自分の頭で考えてるだけでしょ? 心の隅では 『一目逢いたい…』 って未練があるから行ってるんですよ!」
「イヤ、もう…」
モウ~ モウ~ って牛じゃあるまいし、吹っ切れてないから2時間以上も同じ話を繰り返してるんでしょ?」
「エッ! そんな話した?」
「 ハイ! そろそろ2時間半ですよ!」
「……」
「いいですか? あの方が立ち回りそうな所に出入りするのは、アル中の酒、シャブ中の覚せい剤 と一緒! 近付かないが一番です!」
「……」
「一日も早く断ち切って新しい恋をすることですよ。 今みたいに引き摺ってちゃ~ 素敵な女性が現れて、F村さんにサインを送ってても気が付きませんよ…」
「……」


来る者は拒まず、去る者は追いかけて…
60余年…
身も心も ボロボロ に傷付き疲れた私が言うんだから間違いありません!

しかし、男って何でこうも未練たらしいんでしょうか?
男の 悲しい性 (さが) ですなぁ~

店を閉めたのは5時半…
次回から、延長料金 頂きます!

当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。

スポンサーサイト
Category :  船長の独り言
tag : 
時折お越しになる、 エロ ネアカのセクハラ先生。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-893.
某国立大学の教授ですが、昨夜も30代男性とアラフォー女性と3人で御来店頂きました。

カウンターに腰を下すなり、お連れの女性の胸を見詰めて、
「オマエのオッパイは小さいな? 俺のはDカップあるから触ってみる?」
と、いきなりのセクハラ発言!

さて、ワインを召し上がりながら女性が、
「おつまみに殻つきの胡桃 (クルミ) はあります?」
「すみません。殻つきの胡桃は置いてませんが…」
すると先生、ニヤリ と笑いながら自分の 股間 を指さして、
「だったら、俺の胡桃 を食べる?」
『胡桃? 皺皺… キン○マ? ウッ!
すると女性も負けていらっしゃいません!
「フン! 小さな おいなりさん がイイ~」
『小さな おいなりさん?
その姿形から思い浮かぶのは、
『皮の被った… オチン○ン? オエッ!
昨日を境に、 胡桃おいなりさん も食べれなくなりました… (>o<")

ウチが幾ら大人のBarとは言え、これじゃぁ~ 店の 品位 が保てません!
半ば腹立たしく、半ば呆れながら見守っていると、再び女性が口を開いて、
「最近は、大学の入学式は未だしも、就職した会社の入社式にまでついて来る親が居る!」
すると今度は、
「まぁ~ 大学の入学式の場合は 『よく此処まで頑張った…』 ってことで見届けたい気持ちからなんだろうけど、欲を言えば 『4年に間に、出来ちゃった!』 なんてことにならないように コンドーム も持たせて欲しいよな!」
と又しても意味不明のセクハラ発言!?

次は、恋人を残して4月から福岡に転勤なさると言う30代男性に、
「ヨシ! 今から君の彼女を呼ぼう! 電話しろ!」
「呼んでどうするんですか?」
「今から 4P しようよ。イヤ、マスターも加えて 5P を… ワハハハ…」

まぁ~ 良くも次から次に ペラペラ と…
一体何を考えていらっしゃるんでしょうか?
こんな調子で、最高学府に学ぶ若者を導き育てると言う崇高な使命を全う出来るんでしょうか?
イヤ、無気力な草食男子が蔓延る今の時代にこそ、こんな破天荒な先生が必要なのかも?

この間、凡そ2時間でワイン3本を空けると、
「明日は単位不足の学生の卒業式だから、若いネーチャン の居る店に寄って帰る…」
さて、次の店では若いネーチャン相手に、どんなセクハラ発言をなさった事やら…

売上に御協力頂き、有難う御座いました! m(__)m


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
週半ばの水曜日、閑 …

開店と同時に見えたE美さん、
離婚を控えて、独りぼっち の誕生日とのこと。
短い足でケーキを買いに走り、シャンパンを抜いて誕生日を祝いました。

9時頃、喪服姿で見えたキ○チャン、
聞けばお通夜の帰りとの事ですが、喪服の黒が白い肌を際立たせて…
『なんて エロ いんだろう?』
そんな事を考える不謹慎の誹りを免れない私です…

ジン・トニックからスタートされたキ○チャン、2杯目はモヒート、3杯目はラム・ソーダと続き、4杯目以降はハバナクラブの7年をストレートで!

そして昨夜も、ラブシートでは飲むのも忘れてカップルがイチャイチャ…
金になりません (;一_一)

1時を過ぎて、クラブPのRチャンが御来店、
「今日は閑だった…」
「ウチも… ところで何飲む?」
「最初はビール…」
ビールを飲み干すと、
「赤ワイン空いてる?」
「新しいの空けるから…」
「じゃぁ~ 3人で飲みましょ!」
と、キ○チャンも交えて乾杯!

ワインのボトルが空いたところで席を立たれたRチャンと入れ替わりに、看護師のシ○ブさんがお友達と御来店になりましたが、1敗目のグラスに口を付けないまま 沈没…

それを横目に限定品のウイスキー、カリラのダブルマチュアード (2段熟成) ディティラーズエディッションに挑戦中のキ○チャン!
白い肌が薄いピンクに染まり、益々 エロ く…

沈没したままのシ○ブさんを起こして担ぎ出したのが3時半。
それでも飲み続けるキ○チャン?
こうなったら トコトン 付き合うしかありません!
これが、ブス と男性のお客様なら追い出すところですが、
『美人は帰したくない…』
ってのが私の本音です。
看板の灯りを消し、窓のカーテンも下ろすと腰を据えて4時半まで!

滞在時間 7時間半 で、Rioチャンと並ぶ歴代記録2位!
私にとって、美人と過ごした 至福 の7時間半でした…

因みに滞在記録第1位は、某ワイン・バーの美人ソムリエSさんの 8時間 です。

キ○チャン、
次回は1位に挑戦して下さい!



当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
早い時間にお越しになったN村さん。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1135.html
後1週間で転勤…
マドンナ、トモ○さんへの想いを2時間近く グチグチ と語ってお帰りになりました。
諦めの悪い方ですが、寂しくなります…

そのN村さんと入れ替わりにお見えになったTさん。
25日 (日曜日) は、奄美大島チャレンジサイクリング240㎞ に参加されました。
朝の6時にスタートして13時間走りっ放しと言う過酷なレース!
自分を虐めて、只の マゾ としか思えません…

さて、そのTさんも席を立たれたのが11時。
その後は 開かずの扉 で、12時を回っても何方もお見えにならず、気だるく流れるBGMが閑古鳥の鳴き声に聴こえて来る始末です…
もう金輪際 アダルトサイト にはアクセスしないと誓ってますので、ヤルことと言えば自棄酒のみ!
デュワーズのボトルが1/3程空いた時でした。
重たいドアが漸く開いて、
「今夜も来ちゃいました…」
その声に我に帰ると、

そう、この方です!
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-477.html
実は一昨日もお見えになりました。
「あれ? 東京へお帰りになったんじゃなかったんですか?」
「その予定だったんですが、今朝になってクライアントから 『再度打合せをしたい』 と連絡があったもんですから一日伸びてしまいました…」
「そうですか? 大変ですね~」
「でも、そのお陰で二日続けてお邪魔出来たから良かったかな?」
「お上手ですねぇ~ これじゃぁ~ どっちがお客様か分かりませんよ…」
「アラ? 熊本に来たら、こちらにお寄りするのを楽しみにしてるのに! ホントですよ…」
「それは光栄です!」
と、そんな会話から始まって、彼女は何時もの通りラフロイグ、私はカリラで乾杯!

昨夜もシンプルなベージュのスーツでしたが、そのシンプルさが逆に色気を際立たせています。
『どうか、誰もドアを開けませんように…』
と祈って…
だって、こんな美人と二人っきりの時間を酔っ払いに邪魔されちゃぁ~ 堪りません!
『いっその事、鍵を掛けてしまうか?』
とも考えましたが、それじゃ~ 不審に思われそうで断念!

しかし、悪い予感は当たるものです。
ドアが開いて、T花社長が!
余一の水割りをチビチビやりながら、彼女の方をチラチラと…
『モノ欲しそうに見るんじゃないよ! スケベオヤジ!』
と怒鳴りたい衝動を必死に抑えてると、案の定コイツが口を開いて、
「熊本の方じゃないでしょ? どちらから?」
「ハイ、川崎です。オフィスは東京ですけど…」
「僕も、大学は東京だったんですよ!」
『オマエが大学に通ってた何十年も昔の話なんかどうでもイイ!』
と爆発寸前!

すると、そこで彼女が言ってくれました。
「ごめんなさい。今日は疲れてて、初めての方とお話しする気になれないんです。マスターとユックリ飲みたいんです…」
「はぁ~」
「お気を悪くしないでね。生意気な女と思われたでしょうけど、今度お会いした時は今日の分までお話しましょうね」
流石です!
こんな美人に、ハッキリ拒否されて、その後でフォローもキッチリとされちゃ~ 大人しく引き下がるしかありません!
「ハイ…」
バツが悪そうな顔で寂しくグラスを傾けていらしたT花社長…
しかし、待ち合わせのキャバ嬢が登場すると昨夜もセクハラ開始!
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1172.html
ヤッパリ、人間の本質は変わりませんなぁ~

やがてキャバ嬢と一緒に席を立たれたT花社長がドアの外に消えると、
「私も、そろそろ帰ろうかな? 『今夜もお食事を…』 と言いたいけど体調がお悪いみたいだし… この次に来る時は 花粉症 の季節も終わってるでしょうから、その時に…」
ココは鼻にティッシュを押し込んででも御一緒したいところですが、鼻水を垂れながらじゃ~ 私の美意識が許しません…
泣く泣く、
「ハイ、次回お見えになるの^を楽しみにしています…」

席を立たれた彼女をエレベーターまで見送って、
「お休みなさい…」
エレベーターの表示が1階に着くまで見届けながら恨みました。

花粉症の我が身を…


☆今日は8の日ですので飲み放題です。
男性4000円・女性3000円
チャージ料込、時間制限なし、ビールとシャンパン以外は何でも結構です。
但し、ショートカクテルにつきましては混み合っている時と面倒くさい時は御遠慮頂く場合も御座いますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。

Category :  船長の独り言
tag : 
そろそろ3時になろうかと言う頃でした。
カウンターには、
「眠れないから飲みに出て来た…」
と仰るN下さんお一人、 テーブル席では売り上げにならないカップルがラブシートでイチャイチャしてるだけ…
そこで、ドアを開けたのは薩摩隼人のM下さんでした。
何時も通り、かなり召し上がっていらっしゃるご様子?

カウンターに腰を下ろすと呂律が回らぬ口調で、
「マスターに相談が…」
閉店間際に入って来て、相談なんて言われても聞きたくもありませんが、お客様ですから無下にも出来ず、
「何ですか?」
「見た目が良くて連れて歩いても楽しい女と、見た目は今一だけど料理洗濯・身の回りの世話を甲斐甲斐しくやってくれる女のどちらを取ったら良いんだろう…」
こう言う相談ほど阿保らしいのはアリマセン!
相談を受けた10人中10人が、
「ブスでも甲斐甲斐しい女」
って常識的な答えが返って来るのは分かりきったこと!
隣にいらしたN下さんも、
「美人で出歩くのが好きな女性は金が掛りそうだし、家庭的な女性の方が…」
と無難な答えを…
そこで私も取敢えずは、
「どんな美人でも歳を取ったら只のババァ~だからね…」
と相槌を…

すると、
「ア~ダ、コ~ダ」
と御託を並べるM下さん。
N下さんは、
『付き合い切れない…』
とばかりにお帰りになりましたが、それでも納得できないM下さん。
本音は美人を取りたいんです。

そうなんです。
男にとって、美人は料理や洗濯が下手でもイインです!
身の回りの世話なんて、子供じゃないんですから自分でやればイインです!
美人は、
側に居て呉れるだけでイイ~♪


それに引き替え、どんな料理でもブスの顔を見ながら喰ったら不味いどころか食欲減退!
洗濯なんて、洗濯機に放り込めば全自動でやってくれる時代ですし、ブスに甲斐甲斐しく身の回りの世話を焼かれても鬱陶しいだけ!

ましてや結婚なんて 妥協と忍耐 の代名詞!
美人と結婚した代償に妥協と忍耐を強いられても諦めがつきますが、ブスに妥協と忍耐を強いられながら結婚生活を維持する事が出来るでしょうか?
余程の マゾ でもない限り無理!

そこで私は言いました。
「本当は、答えは出てるんでしょ?」
「うん…」
とM下さん…

そこで、
『だったら、最初から相談なんかするな!』
と言う代わりに、



「もう閉めますからお勘定!」

酔っ払いには付き合い切れません…


☆明日は8の日ですので飲み放題です。
男性4000円・女性3000円
チャージ料込、時間制限なし、ビールとシャンパン以外は何でも結構です。
但し、ショートカクテルにつきましては混み合っている時と面倒くさい時は御遠慮頂く場合も御座いますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
土曜日の開店と同時にドアを開けて呉れたのはトモ○ヂャンでした。
お歳は30歳位?
言語聴覚士として病院勤務の傍ら大学院で学ぶ頑張り屋さん!
しかも、ショートカットが似合う色白美人です。
才色兼備を絵に描いたとは此のこと!

しかし、美人のトモ○ヂャンが1番乗りだからといって喜んじゃいられません…
土曜日のブログにも書いたとおり、
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1182.html
ブス には早い時間にお越し頂いて、美人 は遅い時間にまったりと… と言うのが私にとっては理想的なんです!
落語でも 真打ちは後から って言うように、あまりに早く美人がお越しになったら、後の楽しみが無くなります…

さてトモ○ヂャン、フレンチ・コネクションを飲みながら、
「やっと私も 恋愛ニート から卒業出来た!」
そうなんです。
彼女の 才気が邪魔してるのか?
或いは、その可憐さが邪魔してるのか?
中々、恋愛が成就しなかったんです。
「そう? 彼が出来たの?」
「ウン!」
そんな話をしながら待つこと暫し、お友だちのリ○チャンが見えてガールズ・トークに花を咲かせていらっしゃいましたが、
「又、後で来るかも?」
と言って席をお立ちになりました。

さて、その後は美人もブスも入り乱れて御来店になりましたが、それも一段落した1時半頃、
「ただいまぁ~」
その声にドアの方を見ると、帰って見えたトモ○チャン!
何と、今度は男性同伴です。
彼女より2~3歳年上でしょうか?
まぁ~ 何処にでも転がっていそうな顔ですが、温和そうで優しさが滲み出ています。

それから凡そ2時間、アテ られっ放し!
『こんなイイ娘を コマシ やがって、運がイイ奴だ』
と内心妬みながらも、しかし其処は私も大人です。
男性がトイレに立たれた間に、
「イイ彼で、良かったね…」
と涙を飲んで声を掛けました。
すると彼女、ニッコリ笑みを浮かべて、
「ウン…」
と素敵な笑顔を…

正に、
優しさに勝る口説き文句は無し
ですなぁ~

恋愛ニート、卒業の夜 でした…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
雨の所為か、大して盛り上がる訳でまなく、だからと言って閑でもなく、ダラダラと時間が過ぎた昨日、
「明日は早いから…」
と言ってお帰りになったサ○チャン、
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1171.html

そのサ○チャンに誘われるように席をお立ちになったRチャンとT社長…
時計を見ると、閉店時間の3時です。
『ヤレヤレ、今夜の営業も終わったか…』
と、その時ドアが開いて女性の影が…

『こんな時間に誰だろう? ブス だったら断るか?』

終わり良ければ全て良し

の言葉通り、最後のお客様が美人だったらイイんですが、 ブス だった日にゃ~ 翌日の寝覚めが悪いんです!

そこで、
「いらっしゃいませ」
と言う前にお顔を確認すると、長い黒髪に細面の美人のキ○チャンが、
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1175.html
私の天敵、アラカンのS子さん、
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1155.html
じゃなくて、ファニーフェイスのミ○チャンと御来店です。

こうなりゃ~話しは別で、彼女達が席を立たれる時が閉店時間!
「どうぞ! どうぞ! 」
それから暫し、アラフォー美人お2人を相手に まったりとした時間を…
と思ったその時、

『ン!』

閃きました!
『そうだ、看板を引っ込めとかなきゃ…』

こんな時に限って無粋な酔っ払いが迷い込んで来て、私の時間 を邪魔するんです!
「チョット、看板を片付けて来るから…」
2人にそう言い残すと、エレベーターに飛び乗ってビルの入口に置いてる看板を片付けるとドアには内側から鍵を掛けて まったりタイム 再開!

どの位の時間が過ぎたでしょうか?
「そろそろ帰らなきゃ…」
の言葉に我に返ると、時刻は4時半…
時が過ぎるのは無情ですなぁ~

さて、今夜も 美人 のお越しをお待ちして店を開けるとしましょうか…

あ~ 最後に一言、
ブス のお客様は早めの時間にお越し下さい!


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。



Category :  船長の独り言
tag : 
一昨日とは打って変わって閑だった昨日、スタートから躓きました…

開店前の7時過ぎ、
「早いけどイイ?」
そうか言ってドアを開けたのは、当年とって35歳、OLのマ○チャンでした。
「イイけと、準備中だから座って待ってて…」
「じゃあ~ 取敢えずビールでも…」
準備をしながら窺うと、何やら落ち着かぬ様子でビールを舐めて?
「どうしたの?何か心配事?」
「ん? チョッと…」
と口籠って…

まぁ~ 本人が話す気にならない事を無理に聞くこともありませんから開店準備に専念してると、
「マスター、二股 の経験ある?」
二股? 無きにしも非ず… かな?」
「それ、した方? された方?」
「う~ん… 両方ともあるよ」
「じゃぁ~ した時はどんな気持ちだった?」
「そうねぇ~ 元からの彼女には後ろめたさがあったけど、新しい彼女にはトキメキかな?」
「された時、どんな気持ちだった?」
「そりゃぁ~ 裏切られた怒りと嫉妬が入り混じって、彼女も相手の男も ブチ殺し たい気持ちだったよ」
「そうよね…」
「何? 彼氏が 二股 してたと?」
「… 私が…」
「ん? マ○チャンが?」
「今、私の家で男2人で 対決中… だから帰れない…」
「どう言う事?」
「元彼と付き合ってる時に今の彼と知り合って、それで今の彼とは外で会ってたんだけど、元彼が出張してる時に家に入れてしまったの…」
「じゃぁ~ 元彼とは同棲してたの?」
「ウウン、元彼は結婚してるから時々泊りに来てただけ」
「そう…」
「それで 『これはイケない』 と思って、元彼に 『奥さんが居る人とはヤッテ行けないから鍵を返して』 って言ったとよ」
「返してくれた?」
「鍵は返してくれたけど、『別れるまで時間が欲しい』 って言うから、今度は元彼と外で会ってたの…」
「それで、今彼とは家でって事?」
「うん、それで今日、今彼が先に私の家に帰ったら、元彼が家に居たの! 合鍵作ってたとよ!」
「それで鉢合わせした訳か… 一つ聞くけど、今彼は元彼の事は知ってるの?」
「うん、でも 『もう別れた』 って言ってたの…」
「じゃぁ~ 両方に 二股バレタ って訳か?」
「多分…」
「それで男同士で対決?」
「そう… 両方から 『家に帰って来い!』 って言って来てるけど帰れない…」
「じゃぁ~ 今夜はどうするの?」
「元彼は家庭があるから帰るだろうし… 今彼には 『元彼が帰ったらメールして』 ってメールを送ったから…」
「じゃぁ~ 後で連絡が来るまで待つしかないね…」
「ウン… それまで二人からの電話は 着拒 してる」
「でも、家に帰って今彼と2人っきりで会うのも危険じゃない? 頭に血が昇って暴力とか?」
「大丈夫、友達の○○に付いて来て貰うから」
「それで、今後はどうするの?」
「鬱陶しいから、2人とも終わりにしようと思ってたから丁度良かったかも?」
「鬱陶しいって?」
「だって、どうかしたら1日に2人相手してたとよ! 片方と外で会って帰ったら、もう片方が家に来てるって具合で、身体が モタン よ!」
「身体がモタンって エ○チ?
「そう! 1人で十分…」
「ハハハ…」
「マスター、笑い事じゃないよ!」
「ゴメン、ゴメン…」

そろそろ10時になろうかと言う頃でしょうか、携帯にメールが着信!
お友達の○○チャンに、
「今からアンタん所に回るからお願いね…」
と電話を入れると自分を励ますように、
「ヨシ!」
と一声、気合いを入れてお帰りになりましたが、無事に 修羅場 を切り抜けることが出来たでしょうか?

男を替えたら、鍵も替えろ!

今日の教訓です…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜お見えになったKさん。
物腰の柔らかい温厚な紳士ですが、その見かけとは裏腹に 超肉食!
まさに、

羊の皮を被った狼

そのKさんが、他のお客様がお帰りになった3時過ぎ、
「昔、付き合ってた女性で今も忘れられない人がいる…」
とポツリ…
「へぇ~ そんな方が?」
「当時、今の家内と婚約中だったけど、彼女はそれを承知だったんですよ」
「そうですか?」
「別れる前に、二人で旅行をしたんですが、旅先で入ったBarで彼女に 『アイツと別れて、お前と一緒になろうかと思う』 って言ったんですよ」
「彼女は何て?」
「そしたら彼女、 『貴方の心は決まってるのに…』 って言ったんです。それで 『どう言う意味?』 って聞いたら、 『ホントにそう思うんだったら、あの人と別れて来たから一緒になろうって言う筈よ』 って言われました…」
「……」
「彼女は、 『私は貴方に婚約者が居ると分かってて付き合ったんだし、他人の不幸の上で私が幸せになれるとは思えない… だから別れましょう』 って言ったんですよ…」
「はぁ~ そうでしたか…」
「エエ、そして彼女は、 『貴方が居ないところへ行って人生をやり直す…』 って言って静岡へ行ってしまいました…」
「そんな事があったんですか?」
「エエ、だからかな? 未だに彼女を忘れられないのは…」
と、肉食らしからぬ言葉を…

素敵な女性です。
そして、そんな彼女を忘れないKさんも素晴らしい男性です。

パートナーが居ても別の誰かを好きになる…
パートナーが居ると解ってても、その人を好きになる…

それは理屈じゃないんです。
それは、パートナーを嫌いになったからでもなく、パートナーから奪いたいからでもなく、各々を別々の人間として同じように好きになるだけなんです。
人は、常に誰かを愛していなきゃ生きて行けない動物なんです。
例え、それが一人で在っても二人でも…
人間の人間たる所以でしょうか?


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
花粉症デビュー2日目の昨日。
薬でボンヤリした頭に始終ムズムスする鼻と目…
『臨時休業するか?』
と思ったものの気掛かりな事が一つありました。
一昨日、フェイスブックのお友達、八代の さんから、
「明日、テッチャンと八点鐘に行こうと謀議しています」
と言うコメントを頂いてたんです。
テッチャンとは先日お越し頂いた、この方です。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1155.html

『もしも、来て頂けるなら何としても店を開けなきゃ!』
その使命感のみで営業に踏み切りました!

準備を済ませて看板の灯りを点けてフェースブックを開くと、
「今日、伺います」
とメッセージが!
『お二人ともお店をなさってるし、お見えになるのは12時過ぎだろう…』
祝日でもありノンビリとお待ちしていました。
朱 永徳さんと言うお名前からして北か南かは判りませんが在日の方?
お店の名前からしておそらく北の方でしょうが、
『ペ・ヨンジュンかイ・ビョンホンみたいな感じだろうか? それとも悪役のキム・ガプスみたいな強面?

ペ・ヨンジュン_convert_20120321195321

ペ・ヨンジュン

イビョンホン_convert_20120321195234
イ・ビョンホン

キムガプス_convert_20120321195255
キム・ガプス

等と想像逞しくしていると、10時を回った頃でしょうか?
ドアが開いて、テッチャンの後から人の良さそうなオジサンがニコニコしながら…
『ン? 只の オッサンやん…』

型通りに挨拶を済ませると、先ずはギネスで喉を潤して、次はオールドパーの水割りをお召し上がりになりました。
「これを飲まなきゃ…」
とテッチャンがデュワーズのシグネチャーを促されると、
「じゃぁ~ ロックで!」
クイッ、クイッと飲み干されて、
「お代わりを!」
「ウチでは梅酒を2杯しか飲まんとに?」
とテッチャン…
「美味い酒は飲める! ウイスキーじゃなくてブランデー飲んでるみたいな感じがする…」
と、2杯目もアッと言う間に空!
3杯目を召し上がりながら、
「マスター、この酒を女性に例えると、どんな女性かな?」
「さぁ~ 考えた事もありませんが…」
「そう? 何か考えてよ」
そう言われても花粉症で思考回路がフリーズしてて無理…
3杯目も飲干されて、4杯目は写真を撮りながら少しユックリ召し上がり、
「さぁ~ 明日はメルシャンの工場見学だし帰ろうか!」

この間、凡そ1時間。
ギネス1本、水割り1杯、ヂュワーズのロック4杯!?
お強いのか、忙しいのか?
何れにしてもエネルギッシュなお方です。

タシ マンナップシダ!
(又、お会いしましょう!)


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
不肖、中山幸英。
苦節60余年、艱難辛苦を乗り越えて、遂に デビュー を果たしました!
って言っても芸能界デビューじゃアリマセン…

ハイ、花粉症 デビューです…

現代病とも国民病とも言われる花粉症。
最近では、高崎山の猿どころか、犬や猫でも罹ります。
それなのに全く無縁だった私は、
『俺は、犬猫より進化が遅れてるんだろうか? 現代人として失格なのでは?』
とか、
『国民病って言われてるのに、自分だけ罹らないなんて、 非国民 の謗りは免れない。 戦争でお国の為に散った英霊達に会わせる顔がない…』
と心秘かに悩んでいました。

ところが昨日の朝目覚めると、鼻詰まりで大口開けて寝ていたらしく喉はカラカラ!
『風邪かな?』
と思って体温計を取り出して計るも、元々細い眼が眼ヤニでくっついて読み取れません!
眼を擦り擦り確認すると36度5分、平熱です?
身体がだるい訳でも、節々が痛い訳でもなく、眼汁鼻汁が流れるだけ!?
フト見ると、バカ犬も鼻水垂らしてダウン?

SNC00054_convert_20120320182331.jpg

尤も、鼻ペチャのフレンチ・ブルは普段でも鼻水垂らしてるんですが…

そこで思い当たりました。
『もしかして花粉症?』
そう思った瞬間から、堰を切ったように流れ落ちる 鼻水!
脱水症状 を起こすんじゃないかと思うほどです。

近くの薬局に駆け込んで症状を説明すると、
「花粉症ですね」
の一言!
適当に薬を選んでもらい、1日3回3錠ずつと説明されたのを無視して10錠ほど一気飲みして、チョットだけ鼻水が治まり掛けた隙を狙って店に急行!

それからが地獄の責苦でした。
先日のブログに書いたE美さん、
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1166.html
又しても悩み相談ですが、花粉症の薬を一気飲みした所為か、ボヤ~ッ とした頭じゃ上の空…
『アンタの悩みより、俺の鼻水が深刻!』
と叫びたい衝動を抑えるのに必死…

しかも、こんな日に限ってダラダラと途切れること無く見えるお客様…
『絶好調の時は来ずに、今日に限って…』
と愚痴の一つも言いたいところです!

『話しかけて欲しくない…』
と思ってると、
「ねぇ~ マスター」
と声が掛るたびに厨房に駆け込んでティッシュで鼻をかんでの繰り返し!
昨日のブログに書いたミ○チャンから ロバート・ダウニー・jr に似てると言われた私は、いつの間にか、真っ赤なお鼻の トナカイさんに変身!
110721captainamerica5_large_convert_20120320181714.jpg  →   k3839987.jpg


クリスマスでもないのに洒落にもなりません…

*今日は営業しています。
閑だったら早く閉めるかも知れませんので、お早めに…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。

Category :  船長の独り言
tag : 
土曜日は5時から団体様10名の貸し切り営業を終えて通常営業に入った8時。
一番乗りはN下さんでした。
男二人で弾む訳もない会話をしているところにドアを開けてくれたのがミ○チャン!

チョッと小柄ですが、ノッポ好きな私の看板を降ろしたくなるキュートな彼女、
瞳がキラキラしてて、唇が エロくて 色っぽくて 大好きです!
カウンターに腰を降ろすと、
「シャンパンを頂戴。マスターも一緒に!」
イイ歳をじたオッサンでも、
「マスターも何か飲んでよ」
なんて言ってくれない御時世に、何て な女性でじょうか?

しかもミ○チャンは 福の神!
彼女に続いて単身赴任のOさんが見えて、次に、一応は会社員なんですが仕事そっちのけで鯛の一本釣りをなさってる兼業漁師の正太郎さんが釣れもしない夜釣りに見えて、新婚気分抜けやらぬS本さん御夫妻も…
アッ と言う間にカウンターは満席になり、オタオタ してる私を見兼ねて、
「私、手伝ってあげる!」
とカウンターに飛び入り!

美樹チャン_convert_20120319175958

「誰も老後の面倒を見てくれる家族もなくて働き続けてるんだろうか?」
とか、
「このジジイ、未だ生きてたんだ?」
とか、憐れみとも蔑みともつかぬ眼でご覧になってるお客様も多いのに、老い先短い年寄りの身体を思い遣ってくれるミ○チャンの優しさに心が震えました…

「来週も、また来るから…」
そう言って帰って行ったミ○チャンの言葉に、
『来週一杯は、生き永らえ なければ…』
と心に誓った夜でした…


* 明日は営業致します。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜から自問自答しています。
その訳は…

黒髪の美女キ○チャン、昨夜もアラカンのS子さんとお見えになりました。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1155.html
お誕生日と言う事でシャンパンをサービスさせて頂きました。

さて、キ○チャン、
「あ~ 40だぁ~ いやだぁ~!」
「イイじゃない? 女盛りで今からが一番魅力的な時期だよ!」
「ホントォ~ ホントにそう思う?」
「ハイハイ…」
「ハイを2回言った! 適当に言ってるでしょ?」
「違うよ。違います!」
「ホント?」
「ホントです! 今からが大人の女です!」
「じゃぁ~ 優しくして!」
「イヤ、 未だ他のお客様がいらっしゃるから後で…」
「ダメェ~!」
「どうすればイイの?」
するとキ○チャンの隣で聞いていらっしゃったS子さん、
ヨシヨシ してあげて…」
と言う事でカウンターから出てキ○チャンの頭を ナデナデ…
すると、
「違う!」
「もっと、ムギュッ とぉ~」
仕方がありません!
こうなりゃ~ 腹を括るしかありません…
『誕生日のプレゼントだ』
そう考えると、人目も憚らず ヒシッ とばかりに抱き締めて優しく髪を撫でました!
他のお客様がいらっしゃる前でハグしたのは初めてです!

やっと御機嫌が直ったらしく、それから暫くしてお帰りになりました。
エエ、勿論店の外どころか、タクシーが走り去るまでお見送りして店に戻ると、テーブル席で飲んでいたTデパートのサ○リちゃんが、
「抱き合って何しよったと?鼻の下が デレ~ン となっとるよ!」
「嘘!?」
「イヤ、 嘘じゃない! 綺麗な人にはスグに デレデレ して、少しは歳を考えたほうが良かよ!」
「だって、考える前に反応してるんだもん…」
と言って気付きました!

条件反射?

そうです!
条件反射なんです?
もしもキ○チャンがブスだったら、どんなに懇願されても ハグ するなんて有り得ません!
きっと、美人にだけ反応するようにプログラムされてるに違いありません?
常に、老若男女、容姿の美醜を問わず、全てのお客様に等しく接すべく心掛けているんですが、何故か美人がお見えになったら自分の意思は関係なく反応してしまうんです?

やっぱり私…
この仕事に、向いてない のかも知れません?


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
昨日は開店準備を済ませて街を覗くとガキばっかり!
卒業シーズンで、若者が浮かれ出てるんでしょうか?
『金にならないヤツばかり…』
と溜め息をつきながらタバコを吸ってる時でした。

ドアが開いて女性が、
「いらっしゃいませ」
「あのう~ 1人でもイイですか?」
「どうぞ、どうぞ!」
と言いながら一瞬で上から下まで観察すると、歳の頃は31~2?
もう3~4歳上だったら私の ストライク・ゾーン に入るんですが 残念です…
身長は、ヒールの高さを差し引いても160cmを軽く超えてるのは間違いナシ!
スラリとした体型に大きく開いたVネックのセーターの肩口からは黒いブラジャーのストラップが覗いて セクシィ~
惜しいのは一見しただけで分かる胸の大きさです。
はっきり言って ペチャパイ…
でも、乳首さえ付いてりゃ大きさには拘らない私ですからOK!
それは差置いて特筆すべきは、その顔立ちです。
私の好きな 天海祐希 に似た美形!

天海佑希


カウンターに腰を下ろした彼女に、
「何を作りましょう?」
少し首を傾けて考えた後で、
「ストロベリー系のお酒ってあります?」
「ありますよ」
「じゃぁ~ それを使ってソーダで割ったカクテルを…」
「ハイ…」
彼女の視線を感じながらストロベリー・フィズを作ると、
「美味しい~」
と言いながら3~4口で飲み干した彼女に、
「喉が乾いてたんですか?」
「イイエ、緊張して…」
「何に緊張を?」
「だって、25 になったばかりで思い切ってドアを開けたんです!」
「は? 25歳ってホント?」
「ハイ!」
「てっきり31~2かと思った…」
「お客さんからも言われます…」
「お客さんって言うと、どこかお店に?」
「ハイ、この近くの花○○ってお店です」
「そこ、クラブでしょ?」
「エエ、 お客さんから聞いてて一度来てみたかったんです。 でも25歳になってなかったから…」
「お客さん?」
「○崎さんって方ですけど」
「ああ~ ○崎さん! でも最近は余り見えないなぁ~」
「ウチにも余り…」
「でも、貴女だったら自分で言わなきゃ25歳未満だなんて… それにお客さんとアフターだったらOK出し…」
「私、基本的にアフターはしないんです。 バイトだし…」
「そう?」

そんな話をしながらメニューを見ていた彼女、
「林檎のブランデーってどんなのですか?」
そこでカルバドスを取り出して、
「これはフランスのカルバドスってお酒だけど、ブドウの代わりに林檎で作るブランデーなの。だから口に含むと林檎の香りがするんですよ」
少し詳しくご説明しますと、ワインを蒸留して作るのがブランデーなんですが、カルバドスは地名でフランスのノルマンディ地方に位置しており、葡萄栽培の北限を超えているんです。
つまり、ワインの生産が出来ないんです。そこでワインの代わりに林檎で作った発泡酒のシードルを蒸留して作ったのがカルバドスなんです。 しかもカルバドスは2年以内の若いシードルを使いますから林檎の香りが強く残ってるんです。
ですから、ブランデーは原酒が古いものほど良いとされていますが、カルバドスの場合は余り古い原酒は使いません。

「林檎の香りかぁ~ それで何か作って下さい」
「じゃぁ~ ジャック・ローズでも…」
此処で又ご説明ですが、ジャックローズは本来はアメリカのアップルジャックと言うアップルブランデーで作るんですが、カルバドスより甘味が強いんです。
そこで私の場合は、レシピより少し多めにグレナデン・シロップを入れるようにしています。

冷やしたカクテルグラスにシェークしたジャック・ローズを注いで差し出しと、一口含んで暫くして、
「ホントだ? 林檎の香りだ~」
とニッコリ…
その笑顔には、大人びて見えても若いシードルを使ったカルバドスのように、林檎の爽やかさが残っていました。

「また来ます…」
と言って、手を振りながらドアを閉めた彼女…
将来が楽しみな娘ですなぁ~
早く35歳になって呉れないモンでしょうか?

ン!?

10年後ってことは、私は 73歳!

現実の厳しさを思い知らされた夜でした…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜お見えになった妙齢のご婦人Rさん、
久しぶりの御来店ですが、少しお痩せになったようにお見受けしました。

「お久しぶりですね? 少しお痩せになったみたいですが…」
「実は、父が亡くなって実家に帰っていました。二七日 (ふたなのか) が済んで気晴らしに出て来ました…」
「エッ! そうでしたか? それは御愁傷さまで…」

お話を伺うと、お父様は80歳で年明けから少しお疲れ気味でしたが、心臓疾患で急死なさったとか?
「親は何時までも生きてるものと、無意識に思い込んでいたことに初めて気付きました…」

そうなんです。
長く病みついていらっしゃる場合はそれなりに心の準備が出来ますが、突然お亡くなりになった場合は中々現実を受け入れることが出来ません。
私の両親は二人とも癌で他界しましたが、癌の発病が判った時は既に手遅れで余命1年以内との宣告を受けました。
死期が迫って、医師から 「今日明日にも」 と言われても明日も明後日も生きているように思えて…
亡くなって、通夜・葬儀と慌ただしさに紛れて実感がありませんでしたが、納骨を済ませて帰った家の空気の冷たさで改めて 『もう居ないんだ…』 と感じたものでした。

生は偶然、死は必然

と言う言葉があります。

色々な偶然が重なって命は生まれますが、死は必ず訪れます。
男女が出会うのも偶然ならば、結婚に至るのも偶然で、子供を授かるのも偶然です。
人は偶然に生まれ、偶然に翻弄されながら生きて、必然的に死ぬんです。
でも、その必然の死を悼むのは人間の情愛の為せる業でしょうか?
人間って良いものです…

お父様の御冥福をお祈り致します。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
街の人影も疎らな午前時2時半、
『片付けでも始めるか…』
と、その時でした。
不動産関係のT花社長が御来店に、
「アレ? 今夜はお一人ですか?」
当年とって50歳男盛りのT社長、何時もはクラブの女性を伴って見えるんですが…
「後で来るから…」
「へ~ もう2時半ですよ。クラブなのに未だ終わらないんですか?」
すると歯切れの悪い口調で、
「ま、まぁ~」

そろそろ3時になろうかと言う頃携帯電話に着信!
「セブンイレブンの隣のビルの4階だから…」

10分程でドアが開いて、
「Tチャ~ン! お待たせぇ~」
と黄色い声?
声の主を見ると、未だあどけなさの残るキャバ嬢が二人!
思わず、
『身分証持ってる?』
って聴くところでした。

両側に座った彼女達を、
「あ~ この子達、俺の娘みたいなもんだから…」
と言い訳じみたセリフを口走るT花社長の左手はカウンターの下で モゾモゾ と?
お客様はコッチからは見えてない心算でしょうが、カウンターの下で何をヤッテルかは腕の角度や動きでお見通し!
『フン! 娘の足を撫でまわす親がいるかよ?』
と言いたいのを我慢して、
「いやぁ~ 社長も趣味が広いですねぇ~」
私の皮肉に気付いてるのか、いないのか、我関せず とばかりに、
「ハハハ… 偶には若い娘の相手もしなくちゃ!」
と言いながら手は彼女の太腿の上で モゾモゾ…

そこで、顔には笑みを浮かべながら何とか逃れようと身を捩ってる彼女に助け舟を出すことに…
「貴女達、歳は幾つ?」
「私が20で彼女が19…」
「そう? 最近の若い娘はスタイルがイイね。チョット立って見せてくれる?」
「ウン!」
ホッ とした顔で椅子から降り立った2人に、
「おお! AKB48 にも負けんバイ!」
「ありがとう。 オジチャン!

『オジチャン?』

まぁ~ オジイチャン と言われなかっただけ マシ ですが…

立ったまま店内を見回した彼女達、
「雰囲気がシブ~イ! 船の中みたい? ココならユックリ話が出来るね?」
「ウンウン!」
「オジチャン、また来てイイ?」
「エッ!」
また来てイイ? って言われてもウチは R25 が売り!
返答に詰まっているとT花社長、
「おお~ 良か良か! ココは 25歳未満お断り の店バッテン、俺の 顔パス で良かケン!」
「ワ~イ!」
「ヤッタ~!」
「……」
調子の良いオヤジです…

それから1時間カル~ア・ミルクだのファジー・ネーブルだの、お子様メニューをせっせと作って、
「また来るねぇ~ オジチャン!
『せめて、マスター と呼びなさい!』
って言う気力も失せて閉店したのは5時前…

到々、八点鐘もR25の を破りました。

今日は 喪失感 で一杯です…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
月曜の夜。
土曜日の賑いが嘘のように 閑…
1時を回って、1人飲んでいらっしゃったU社長を見送ってエレべーター・ホールの窓から街を眺めると人影無し…
一瞬、
『早仕舞するか…』
と思ったものの考え直して、
『もう少し頑張るか…』
と悶々としながら自棄酒を飲んでると、クラブPのサ○チャンが御来店です。
サ○チャン、バツイチ・アラフォーのシングルマザーですか、雛形あきこ似の美人でスタイルも抜群!

「お疲れ様、何飲む?」
「ビールを頂戴。マスターもどうぞ…」
「ありがとう…」
差し向かいで飲みながら、彼女を マジマジ と見ると、グレーのシンプルなスーツの下に着た黒のタンクトップが白い肌を、そして首に巻いた黒のチョーカーが長い首を引き立たせて、

セクシ~

の一言!

思わず、
「そのチョーカー、似合ってるねぇ~」
「ホント?」
「ウン、サ○チャンは首が長いから似合うとよ!」
「褒めてくれて嬉しい~」

チョーカーって言っても、女性の御洒落に疎いオジサン達は御存じ無いかも知れませんので説明しますと、革や布で出来たピッタリと首に巻くネックレスの一種で、犬の首輪みたいなヤツですな~
首の短い日本人女性には、中々似合う方はいらっしゃいません。

「ところで、首も長いけど身長も高いでしょ?」
「うん、165㎝ある…」
「俺、背が高い人大好き!」
「ウフフ、 マニアック ねぇ~」
「イヤ! マニアックじゃなくて身長 フェチ って言うとよ! 良かったらチョット立ってみてくれる?」
「イイよ!」
「チョット待って!」
とカウンターから出て拝見することに…
「ホラ!」
と言って立ち上がってポーズをとったサ○チャン、 とても子供を産んだ身体とは思えないスラリとした肢体です。
上から下まで舐めるように眺めると、首にはチョーカー、ミニスカートから覗く脚は網タイツで、足元は高さ10㎝、黒い ピン・ヒール のロングブーツ!
コレで、 でも持たせたら 女王様!?

シバイテ~!

と叫びそうになるのは必至です!

が出そうになるのを堪えながら、
「イイねぇ~」
と言うのがやっと!

暫く他愛ない話をした後で席を立たれたサ○チャンの後姿を見送りながら思いました。

『俺って、変?


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
土曜日は、最後にO野さんを送り出したのが4時頃、片付けを済ませて家に帰ったのは5時でした。

着替えもソコソコにベッドに倒れ込むと、一瞬で意識不明!
どのくらい経ったでしょうか、意識を回復して時計をみると6時…
『何だ。未だ1時間しか眠ってないのか? 俺も歳をとったもんだ…』
眠りが浅いのは歳をとった証拠です…
『もう一度寝るか…』
と再び目を閉じて、
『でも、何度かトイレに起きたような?』
そこで、カーテンの隙間から差し込む明かりを見ると西日が?
『って事は夕方の6時?』
何と、12時間以上眠り続けるなんて!?

通常、年寄りはレム睡眠 (深い眠り) とノンレム睡眠 (浅い眠り) の周期が短くなるから早寝早起きになるのだとか?
これは、脳の機能の衰えが原因だと言うことです。

と言う事は、
『俺の脳は 若い!
やっと納得がいきました!
妙齢の夫人を前に平然とした顔でお相手しながら、脳裏では あられもない想像 が膨らむのも、私の人間性に問題があるんじゃ無くて、脳が若いからなんです!

一旦そう考えると元気溌剌!
『ヨシ!』
とばかりに起き上がろうとして、
「アッ! イタタタ…」
腰が痛くて起き上がれません?
そっと寝返りを打つと肩で息をしながら考えました。

『インナーマッスル (不随意筋) が弱ってるに違いない…』
以前は、○真空手の顧問をしていた私の知識では、
インナーマッスルとは不随意筋といって自分の意思で動かすことの出来ない筋肉で、反射運動等を掌り、アウターマッスル (随意筋) とは、大胸筋や上腕ニ頭筋等の力を掌る筋肉です。

歳をとってアウターのみならず、インナーマッスルまで衰えてしまってたんですなぁ~
そう考えると、又しても納得がいきました。
妙齢の夫人を前にしても 想像 ばかりが膨らんで、肝心の○○が膨らまないのはインナーマッスルが衰えて、反射運動 が鈍ったからに違いない…

春眠暁を覚えず に、
老いを覚えた一日でした。

歳はとりたくありません…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
先日のブログに書いた青年。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1156.html

就職が決まった報告に来て呉れました!
「今日、朝から採用の電話を貰いました!」
「そう? 良かったねぇ~ じゃぁ~ 何飲むの?」
「ダイキリを下さい」
就職祝いに私が御馳走しようかと思っていたところ、居合わせられたN下さんが、
「ブログに書かれてた方ですか? その1杯は僕に奢らせて下さい! 乾杯しましょう。マスターも何かどうぞ」
と言う事で3人で乾杯!

2杯目は私からシャンパンを…
「電話を貰って、お墓に報告に行って来ました!」
「そんなに祖先を大事にするなんて偉いねぇ~」

そんな話をしているところに見えたN村さん、
「君が 墓守 の青年? 就職は決まったの?」
「ハイ」
「良かったねぇ~ ヨシ! お祝いに何か飲んで… マスターも一緒に!」
と言う事で、又しても乾杯!

青年とは初めて顔を合わせられたN下さんとN村さんが口々に、
「頑張って下さい!」
「頑張れよ! 応援してるから!」
それに、
「ハイ! 熊本で頑張ります!」
と顔を紅潮させながら答える青年…

人情未だ地に落ちず

妙齢の御夫人 はお見えになりませんでしたが、イイ夜 でした…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
飲み放題の昨日…

10時頃見えた、薩摩隼人のM下さん、
「今日は8の日ですよね?」
「エエ、飲み放題で行きますか?」
「ハイ、オールドパーをストレートで…」
1杯注いで、
「久し振りですね?」
と私が話しかけても、心此処に在らずと言う感じで、
「はぁ~」
と、気のない返事が…
『何か悩み事でもあるんだろうか?』
と思いましたが、女性の悩み事なら仕事を投げ打ってでも相談に乗る私ですが、わざわざ買って出て男の悩みを聞くほど暇じゃ~ ありません!
そこで、ボトルごと差し出して放っておくことに…

他のお客様のお相手をしながら横目で観察すると、時折オシボリを顔にあてる以外は、一点を見詰めたまま一心不乱に黙々とグラスを口に運ぶだけ?
やはり気に掛ります。

11時を過ぎて、先客のお客様が席を立たれたのを機に、
「何かあったんですか?」
と顔色を窺がうと、赤く潤んだ目には まで?
『また女に フラレ たのかな?』
M下さん、前の彼女とは職場恋愛だったんですが、有ろうことか上司に 寝取られ て失意の底から這い上がり、1年ぶりに新しい彼女と 突き合い 付き合いを始められたばかりです。

私の問い掛けにも答えず、無言のままオシボリで顔を覆ったM下さんを見て、
『やっぱり フラレ たに違いない?』
そう思った私は、
「さぁ~ 元気を出して… もう一杯注ぎましょう!」
「ハイ、それから、もう一本オシボリを貰えますか?」
「イイですよ」
と新しいオシボリを差し上げて使用済みのオシボリを手に取ると、
『???』
グチュグチュ に濡れてます!?
『こんなに涙を流して? 可哀想に…』
するとM下さん、
「スミマセン、鼻水 が止まらずに…」
「鼻水?」
「ハイ、花粉症が酷くて…」

『汚ねぇ~』

思わず、一度握ったオシボリを取り落としてしまいました!

指先で摘んで籠に放り込むと、申し訳なさそうなM下さんを無視して、入念に 手を洗ったのは言う間でもありません。

でも、フラレ たんじゃなくて何よりでした…

最後に、花粉症のお客様は ハンカチ持参 で御来店ください!


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
一組席を立たれては、一組お見えになる…
そんなお客様も途切れた1時過ぎ、店内には一人ぼっちの私…
こうなりゃ~ 自棄酒でも飲むか、PCでアダルトサイトを閲覧するしかありません。
熟慮の末に、YouTubeで、杉本彩の 「花と蛇2パリ/静子」 のプロモーションビデオを観ながら自棄酒に決定!

どの位時間が過ぎたでしょうか?
酒を飲む暇はあっても、息を飲む暇もなく画面に集中していると、
「お疲れさまぁ~」
と言ってドアを開けたのは、ラウンジにお勤めのKチャンです。
『ヤバイ!』
瞬時にマウスをクリックしてYouTubeからログアウト!
何喰わぬ顔で、
「今日は早いね?」
「早くないよ? もう2時よ…」
「そう? そんな時間?」

実は以前、彼女にはアダルトサイトを閲覧していた現場を押さえられたんですが、同じ轍は踏みません。
1度目、
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-815.html
2度目、
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1123.html

しかし、何でアダルトサイトを観てる時に限ってKチャンはお見えになるんでしょうか?
ホントに 間の悪い女 です!

閑な夜が続く限り、Kチャンと私の攻防戦は終わりそうにありません…


☆今日は8の日ですので飲み放題です。
男性4000円・女性3000円
チャージ料込、時間制限なし、ビールとシャンパン以外は何でも結構です。
但し、ショートカクテルにつきましては混み合っている時と面倒くさい時は御遠慮頂く場合も御座いますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜のお客様のE美さん、2度目の御来店でした。
お歳は40歳位?

そのE美さんが、
「マスター、私はどうしたら良いんだろ?」
突然そんなこと言われても何の事やら分かりません?
「何でしょうか?」
「私、同居離婚してると…」
「???」
「離婚届けに判を押して同居してるってこと」
「あ~ そう言う事ですか… でも何故?」
「子供の卒業と入学が終わるまで同居して来月に離婚届を提出しようかと…」
「母親の務めですか?」
「うん… でも子供と別れるのが辛くてねぇ~」
「子供さんは幾つ?」
「上の子は4月から中学で、下は未だ5歳だけど、 特に下の子が可哀想で…」
「親権はどちらが?」
「主人が…」
「そうですか? 離婚はどちらから切り出したんですか?」
「私から… をしたから…」
「恋? つまり他の男性に?」
「うん…」
まぁ~ 良くある話です…

「その方は独身?」
「独身だけど…」
「だったら下のお子さんだけでも連れて彼と再婚すれば?」
「無理無理! 彼は若いから」
「若いって幾つ?」
「22歳!」
「ハァ!?」
「それに彼とは、主人に離婚を切り出した時に別れたし…」
「じゃぁ~ 浮気は離婚を決意する キッカケ?
「今思えばそうかも? だって主人には コレっぽっちも愛情が無いの。 でも主人は 『離婚したくない』 って言うから3年くらい同居してみて主人を受け入れられるようになったら…」
「受け入れるって、身体を? それとも心?」
「両方… 今は指を触れられるのも、同じ屋根の下で同じ空気を吸うのも イヤ!
「でも、そんな気持ちで子供の為に今から何十年も我慢できるかな? 二人とも不幸にならなきゃイイけど…」
「ヤッパリ、そうよねぇ~」
母親の顔と女の顔、二つの顔の狭間で揺れる心…

でも、答えを出せるのは彼女だけです…


☆明日は8の日ですので飲み放題です。
男性4000円・女性3000円
チャージ料込、時間制限なし、ビールとシャンパン以外は何でも結構です。
但し、ショートカクテルにつきましては混み合っている時と面倒くさい時は御遠慮頂く場合も御座いますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
彼女は、私にとって6番目の彼女でした…




名前は、





姫優Ⅵ

あ~ 人間の女性じゃありません。
端からお付き合いしてる方なんて居ませんから…

彼女は です。

最初の彼女、ヤマハSTR15では有明海・不知火海を走り回り、
次のヤマハ・STR16では牛深沖でトローリングに挑戦し、
ヤマハSCR20では東シナ海に浮かぶ甑島まで遠征し、
日産FB28では鹿児島県坊津町の秋目浦でダイビングを、、
浦添漁船33では玄海灘を超えて対馬の厳原まで釣行…
5艇を乗り継いで最後の彼女が、
ヤマハFW25
長さ8mにも満たない小船…
でも、40ノットオーバーで鬼池沖まで走ってました。

しかし、寄る年波には勝てずに心臓弁膜症を患い、
「夏は、汗をかくから血液濃度が上がって心臓に負担がかかるから海に出ちゃ~ ダメ!
「冬は血管が収縮して心臓に負担がかかるからヤッパリ ダメ!
とドクター・ストップをかけられ海から遠ざかる日々が続き、デートするのは年に数回…
そして、昨年のお盆の釣行で バチ が当たって 頸椎ヘルニアを発症してリールも巻けない身体に!
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-984.html

肝心の私が ED 状態じゃ~ もう彼女を 愛して やることも出来ません…
後ろ髪を引かれる想いで 新しい彼 を探していたんですが、彼女を見て 一目惚れ したと言う男性が現れました。
そして昨日、結納金 を持って店に見えたんです!

その男性は私より一回り下の52歳。
未だ未だ 男盛り で、
「1年に80日は ヤレ 乗れ ます!」
精力絶倫!
その言葉に圧倒されて、泣く泣く 送り出すことにしました…

寂しいです。
もう、逢う事も叶いません…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
先日、お客様が仰いました。
「ウチの若い社員に、『マスターのブログを読め!』 って言ったんだよ」
「どうしてですか?」
「漢字の勉強になるから」
「???」
「若い連中は、所為 って字を読めないんだよ!」
*所為 (せい と読みます) 「私のせいで」と言うように、その原因や理由を指す言葉です。

このお客様の会社は金融関係ですから、社員の方も当然 大卒?
高校中退の私が読める字を読めないんですなぁ~
“最高学府はバカだらけ” の著者、大学ジャーナリスト・石渡嶺司氏の記事を読みましたが、ある関西の中堅大学で学生を対象に、
「雑誌は何を読みますか?」
ってアンケートを採ったところ、何も読まないが半数、ファッション誌と漫画が半数!
これじゃ~ 文字を知らなくて当然です。
でも、そんな彼等を バカ とは思わなくなりました。
考え方を変えてみると、彼等はコミニュケーション能力が優れてるんです!
私等の世代は、文字の意味を知って意志の疎通を図っているのに比べて、彼等は文字を知らなくても意志の疎通を図れるんですから!

また私は、店に出る時はバスに乗って来るんですが、その途中にK学園大ってのがあるんです。
店に出るのは夕方近くですので、ほぼ毎日、その大学の女学生と毎日乗り合わせることになります。
そして、女学生の3人に1人は、
『キャバ嬢?』
って思うような化粧にファッション!
中にはバスに乗るなり、ルイ・ビトンやコーチのバッグからコンパクトを取り出して出勤前の化粧直しを始める娘も!?
当初は、
『コイツ等、最高学府に学ぶ身でありながら何をやってるんだ?』
と怒りとも嘆きともつかぬ気持になったんですが、しかし、それも考え方を変えると、
『大学生が?』
と思うからイケないんです…
『キャバ嬢が?』
って思えばイインです!
『キャバ嬢が昼間は大学に通ってるんだ? なんて向学心があるんだろう? 夜遅くまで働いてるのに エライ!
こんな具合に、発想を変えると怒る必要も嘆く必要も無いんですなぁ~

ジェネレーション・ギャップを埋めるには、発想の転換 しかアリマセン…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。

Category :  船長の独り言
tag : 
一昨日は、口開けにKデパートにお勤めのヨシ○さんが同僚お二人と見えて、その後も婦人科医のミド○先生や美人歯科医のN先生等々女性のお客様ばかり!
男性は12時を回ってミナ○チャンとアフターで見えたオッサン1人…

そして昨日、口開けに見えたのは 罪な女 のトモ○さんでした。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-1135.html
暫し、美人と差し向かいで 至福の時 を過ごした後で見えたのは、役所にお勤めのユリ○さんや若妻のア○子チャン等々、やはり女性ばかり!
男性は、前日と同じく12時を回って3日連続でご来店のクラブPのRチャンとアフターで見えたT社長に、富士額の美女S子さんと待合わせをされていたK山さんのお2人のみ…

2日間通して、男性のお客様は僅か3人!?
そりゃ~ 男性より女性が多い方が嬉しいのは言うまでもありませんが、カウンターを占領された女性のお一人お一人に分け隔てなく平等に接するのは大変です。
美人のお客様には心の底からの笑みを浮かべて、美人じゃないお客様には作り笑顔で…
閉店する頃には、表情筋が強張って 顔面神経痛寸前!

しかし幾ら不景気とは言え、男性は ヘタレ ですなぁ~
元気に 街飲み される女性を放っといて、自民党の谷垣総裁みたいな 暗~い 顔して、家で芋焼酎でも飲んでるんでしょうか?
日本が、消費の低迷でデフレ・スパイラルから抜け出せない要因の一つに、男性の ヘタレ があるのは間違いありません!
天下国家の為に、薄い財布を握り締めてでも、夜の街に繰り出す気概は無いのでしょうか?
同じ男として嘆かわしい限りです…

今夜は土曜日。
でも、ヘタレ はアテにしてませんから…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜の1時過ぎでした。
2日続けて見えたクラブPのRチャン、
「マスター、今日は持ち込み だけどイイ?」
他のお客様だったら渋るところですが、当店の出勤率 №1のRチャンですから、無下にも出来ません。

「イイけど、何を持って来たの?」
「ワイン… 独りで家飲みしても美味しくないし、一緒に飲んでくれる?」
美人のご要望には イヤ と言えない私は、
「了解!」
「良かった!」
そう言って彼女が取り出したのは、、、、

SNC00090_convert_20120302165303.jpg

な、何と!
シャトー・ムートンのロートシルト!
メドック・ワインの5大シャートーの一つ、格付け第1級のシャトーで、ラベルを毎年シャガールやピカソを始めとする著名な画家が描いている事でも有名です。
酒屋で1本3万円は下らない代物!
ラベルを確認するとビンテージは過去最高価格をつけた2005年ですから10万円近くするのは間違いナシ!
お店で飲んだら最低でも20万円は ボッタクラレ ます!

「Rチャン、コ、コレ、ど、どうしたの?」
「お客様から頂いたんだけど…」
「コレ、幾らするか知ってる?」
「さぁ~ 1~2万円?」
「ウウン、10万円近くする筈よ…」
ヒェ~! そんなに? 飲も! 飲もッ!
って事で開栓!

一口含んで二人同時に、
「美味い!」
「美味し~い!」

どう言えばイイんでしょう?
濃厚なフルーツの香りとチョコレートとナッツのような樽の匂いが入り混じって、絶妙!
まぁ~ 私は、ソムリエじゃぁ~ないのでこれ以上は表現しようがありません…

しかし、1本10万円のワインをRチャンにプレゼントした紳士がどの様な方かは存じませんが、下心満々 でRチャンの、
「こんな高そうなワインを… 嬉しい~ 私の家で、貴方と二人で飲みたいわ…」
って言葉を期待してたに相違ありません?
それなのに、ご執心のRチャンが、私見たいなジジィと2人で飲んでると知ったら?

怒り心頭!

嫉妬の炎に焼き尽くされる想いをなさるのは間違いナシ!

そんな同情とチョッピリの優越感に浸りながら飲む シャトー・ムートン・ロートシルト は、

格別 の味わいでした…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


Category :  船長の独り言
tag : 
一昨日とは打って変わって静かだった昨日。
最後のお客様はクラブPのRチャン。
何時もの通り、お疲れビール をチェイサー代わりにスコッチウイスキーをオーダーされました。

でも、

SNC00088_convert_20120301171634.jpg

沈没…

お疲れビールもウイスキーも残ったまま?
こんな私に、心を許して眠りに落ちてる彼女が愛おしくて起こすのも憚られますし、Barの仄暗い灯りの下で、美人の吐息を聴きながら独りグラスを傾けるのも乙なものです…
暫く寝かした後に耳元で、
「そろそろ起きようか?」
と優しく囁きながら、そっと肩を揺すると、
「あ~ 眠っちゃった。ごめんなさい…」
と、直ぐに起きてくれました。
美人は寝込まれても起こすのが楽です。

反対に ブス の場合は最悪ですな~
耳元で、
「そろそろ起きて…」
なんて囁いたりしたら、
キャ~ 何するの? 私の頬っぺに チュー しょうとしてたでしょ!?」
と勘違いされ、肩でも揺すろうもんなら、
「私の身体に触ったわね? この変態! エロジジィ! そうだ、110番 しなきゃ!」
痴漢 扱いされるのが関の山!

思うに、美人は男性と接触する機会が多いので、耳元に息がかかろうが肩に触られようが驚きも騒ぎもしないんですが、ブス は男性に 免疫 が出来ていないので過剰反応してしまうに違いありません?
ですから、ブス が寝込んだら長期戦になるのは必至!
カウンターの一番端から、
起きて下さ~い! 起きて~! 起きろ~!
と叫んでもダメなら、目が醒めるまで腹を括ってひたすら待つだけ…
何度、夜が白むまでイビキに耐えた事か?

と言う事で、
ブス のお客様は、沈没 するまで飲まないで下さい!


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。