FC2ブログ

八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  船長の独り言
tag : 
カウンターの端ではHさんが酔い潰れて居眠り…
大して飲まれた訳ではありませんがお仕事疲れでしょうか?

手持ち無沙汰にグラスを磨いていると、これ又お疲れ顔のマ○ミちゃんが御来店に。
その気配で目を覚まされたHさん、
「眠ってしまった、帰ろう…」

「マ○ミちゃん、何飲む?」
「グレンリベットを…」
グラスを口に運びながら、
「今日は忙しかった?」
「そんな訳ないでしょ? ご覧の通りだよ…」
「そうよね…」

こんな時は会話が弾みません。
「元気がないけど何かあったの?」
「別に大した事じゃ無いけど… お店を辞めようかと思って…」
「何で?」
「マスターに話したからってどうにもなる訳じゃ無いけど…」
と言いながらマ○ミちゃんは…

一昨夜、彼女のお店に見えた御常連のお客様の席につくと、その中に見覚えの在る男性が?
なんと4年前に別れた彼の姿が!
その彼には家庭があったんですが、
「女房とは別れる」
と言う言葉を信じて…
ところが彼に二人目の子供が産れたのを知って、電話番号もメルアドも変えて、と此処までは良くある話です。

彼の方も直ぐに気が付いたらしいんですが言葉を交わすことは無くお帰りになったそうです。
ところが、お店の閉店間際に電話があって外で逢う事に…
「4年ぶりに逢うと、別れた頃の恨み辛みも忘れてしまうのよね…」
暫し歓談の時を過ごされたそうですが別れ際に彼から、
「又、逢いたい…」
と言われたそうです。
「その言葉には黙って答えずに… でも今度お店に来られたら…」
「だから辞めようと?」
「ウン…」

答えを出すのは彼女です。
私は、ただ聞くだけ…

でも、こんなのを妄執 (もうしゅう) って言うんでしょうね。
人恋しい季節ですから…

*妄執とは、迷いによる執着のこと。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。


スポンサーサイト