八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  船長の独り言
tag : 
石の上にも3年
って言葉があります。
『冷たい石の上でも3年も座り続けてりゃァ~ 温かくなる』
って意味から、どんなに苦しくても3年も耐えてりゃ報われるって事ですが、


全然 報われてません…


と言っても、冷たい石の上に座って になったって訳でもありません。

思い起こせば3年前のお盆過ぎにウチの店は出来ました。
が、何しろ40年ぶりのカムバックですのでカクテルのレシピも名前も忘却の彼方に…
その上、シェーカー振ってるつもりが振ってるのは腰だけって始末?

『これじゃ~ イカン』
と、取り敢えず本格オープンの前にトレーニングを兼ねてプレオープンしましたが、ダラダラと日にちは過ぎて、
『このままじゃ~ プレオープンの儘で終わってしまう…』
そう気付いたのが8月末!

カレンダーを見ると、9月1日は日曜日ですから翌2日の月曜日を本格オープンに決定した訳です。

ところで、Barでもやろうかって方は他所のお店で5年10年働いてお客様を掴んでからってのが普通です。
ところが私の場合、40年のブランクがありますから、当時のお客様は殆んどが あの世 へ旅立たれ、 だからって友人知人なんて義理で1~2度顔出して、「不味かった」 だの 「高かった」 だの悪態垂れるのが関の山…
そう言われるのも癪なので、開店の案内状も出さずにスタートを切った訳ですから、当然のこととして何方もお見えになりません!

一晩に飛び込みのお客様が1~2組で、閑古鳥さえ巣も掛けない毎日でした…
そんな中で起きたのが リーマンショック!
その日を境に、お茶をひく 日の連続でした
* 『お茶をひく』 ってのは遊女の言葉で 一人も客がとれなかったことを言います。
開店1ヶ月もしない内にジタバタしても始まりません。

それでも物好きなお客様が1人・2人と増えてゆき 『何とか軌道に乗って来たかな?』 と思った矢先の 東日本大震災!
これで又、振り出しです…

毎日毎夜、悶々として エロイ 妄想に耽りながら半年…
不景気な顔のお客様に支えられて、何とか 3周年 に漕ぎつけました!

つきましては感謝の意味を込めて、明日より3日間、

飲み放題を行います!

と言ったところで、どうせ何人もは見えないでしょうが、取敢えず…

☆男性4000円・女性3000円
チャージ料込、時間制限なし、ビールとシャンパン以外は何でも結構です。
但し、ショートカクテルにつきましては混み合っている時と面倒くさい時は御遠慮頂く場合も御座いますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。)


スポンサーサイト
Category :  船長の独り言
tag : 
「固いわぁ~ どう? 気持ちイイ? ココはどう?」

「ウン… アァ~ イイ…」




お客様が引けた後の店内で、彼女はファーに横たわった私に覆い被さるようにして背中に左手を回し、彼女の長い髪が私の顔に垂れて頬を擽ります。
右手の指は私の掌を優しく揉んでいましたが、やがて彼女の指は私の前腕から上腕を這い回り、胸の辺りを彷徨っていましたが、
「じゃぁ~ ココは?」
そう言うと、彼女は指先に力を入れました。
その途端、私の身体に電気が走ったんです!
「アッ、 アアッ、 ウゥ~」
思わず、私の口から呻き声が漏れました…
すると彼女も、
「ココよ! ココォ~!」






アッ、 勘違いしないで下さい!
エッチ なことやってた訳じゃアリマセン!


実は昨夜の2時頃でした。
1週間振りに見えたKチャン、クラブRにお勤めです。
「マスター、頚椎ヘルニアはどう?」
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-989.html
「毎日リハビリで牽引して伸ばして貰ってるけど、中々…」
「そう? じゃぁ~ 後で私が診てあげる」
「診るって、どう言うこと?」
「私、昔はOT (作業療法士) してたでしょ? 痛みを軽くは出来ると思う…」
「ホント?」
「ウン、他のお客さんが帰ってからね」

痛みを堪えたシカメ面 の所為で、見ようによっては 苦み走った 私の顔に見惚れてるのか心配してるのかは定かでは有りませんが、Kチャンの視線を感じながら鎮痛剤代りのウイスキーを流し込んでる内に時刻は3時。
カウンターでウジウジと飲んでいらしたシケタ男性お二人を追い出しすと、
「マスター、向こうのソファーに横になって」
「エッ! 横になるの?」
「当然でしょ? マッサージするんだから!」
美人の言う事には素直な私ですから、後は 為すがまま、されるがままに…


と言う訳で、、
「今押したところは小胸筋って言うんだけどね」
余りの激痛に喘ぎながら、
「ショウキョウキン?」
「そう、そこがコチコチに凝ってる!」
「俺って元々身持ちが固いし、女以外は凝り症だから…」
「冗談はヤメテ! 真剣に聞いてよ!!」
「ハイ、ゴメン…!」
「マスター、小胸筋って言うのは肩甲骨を引き下げて、肋骨を引き上げる働きをするの。 つまり身体を後ろに反らす為の筋肉なのね。 その筋肉が強張ってるから解すと楽になるよ」
「チンプンカンプン…△□×○…」
「でも困ったなぁ~小胸筋のマッサージは自分じゃ出来ないし… そうだチョット立って!」
私が 勃ち 立ち上がると、
「そこの壁に頭の高さに手をついて、それから頭を下げながら腰を引いてごらん?」
言われた通りにやって見ると、

アレッ?

痛みが薄らいでいます!

「でしょ? じゃぁ~ 少し揉んであげる」
それから30分程、入念にマッサージをして頂きながら、
「リハビリに行ったら温熱療法と牽引だけじゃなく鎖骨と肩甲骨が交わるところをマッサージしてもらえば良いと思うよ」

おかげで今日は随分楽になりました。
次は、私の 凍てついた心 も揉みほぐして貰いたいんですが…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)




Category :  船長の独り言
tag : 
居座り続けていた菅総理が民主党の代表を辞任したのを受けて、今日の民主党代表選挙が行われましたが、まぁ~ ドングリの背比べ みたいな選挙でしたなぁ~
結果、野田佳彦衆議院議員が当選しまし、首班指名選挙を経て第95代総理大臣になるわけですが、安倍、福田、麻生と続いた自民党政権の首相選びを たらい回し と批判した民主党も、結局は国民の信を問わないまま3人目に たらい回し した訳です。

1回目の投票では過半数を獲得した候補が居なかった為、上位2名の決選投票で海江田氏を破って当選した訳ですが、野田佳彦って方は、復興財源確保の為の 臨時増税 と、自民公明との 大連立 以外は具体的な政策も語らずじまい?
与謝野経済財政政策担当大臣と並んで 財政再建・増税論 の代表格ですから推して知るべしですが…

しかし、民主党議員の節操の無さには呆れるばかりです!
この野田氏以外は復興財源については60年償還の建設国債で賄い、 増税よりデフレ脱却 って言ってた方ばかりで、政策的には海江田氏の方に近かったんじゃ?
それが、決選投票では野田氏側に回ってしまいました。

何てこたぁ~ありません。
主義主張なんてどうでも良く、国家や国民を 置いてきぼり の小沢派と反小沢の戦いですなぁ~
開いた口が… どころか、もう 埴輪の口 みたいに開きっ放し!

斯くなる上はもう一度、小沢さんに党を割って新党でも作って貰った方が良いかも?
そうなりゃぁ~ 少数与党に転落した民主党は、早晩政権運営に行き詰まって解散総選挙は必至…

頼んますよ、小沢さん!


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
ヨットマンのS本さん。
昨夜は疲れたお顔で御来店?
「何だかお疲れみたいですね?」
「今、唐津から帰ってきた…」
そうおっしゃると深い溜め息を…

その時、ドアが開いて ナ○ミさんゆ○らさん が御来店!
ナ○ミさん はアラフォー? イヤ、多分アラフィフですが、女とババァ の線引きを45歳に設定してる私でさえ、
『もうチョット年齢制限を緩和してもイイかな?』
って思ってしまう程の仇っぽさ…

片や ゆ○らさん は魅惑のアラフォー?
長い黒髪を揺らしながらワイングラス片手にシャッターを切るプロ・カメラマン!
アーティスティックな魅力が…

そんなお二人がS本さんを挟んでカウンターに腰を下ろされた途端、 つきかけた溜め息を飲み込んだS本さん、今までのお疲れ顔は何処へやら?
両手に花で満面の笑顔を浮かべると、、
「俺も、今来たバッカリ! 何飲む?」
まぁ~ 男ってのは大抵こんなモンですが、それにしても分かり易い方ですなぁ~

もしも私だったら、
「男より遅れて来るなんてフテー女だ! 三歩下がって土下座してろ!」
と怒鳴りつけてるところです!






願望ですが…



しかし、考えてみると約束に遅れて来るのは大方の場合女性です!
デートにしても、ホステスさんの同伴にしても、先に来て待つのは常に男…
何故でしょうか?
女は時間にルーズな生き物でしょうか?

3人で、
「アーデモナイ・コーデモナイ」
と、他愛ない話をなさっていましたが、やがて 男は未練たらしい って話題になりました。
すると ナ○ミさん、遠くを見つめるような目で、
「私は昔、ズーット待ち続けた事があったわ… 当てにもならない男を…」
「へぇ~ そんな事があったんですか?」
「ウン、でもその時に悟った… 男を待つのは 時間の無駄!


納得しました!

女が男を 待たせる訳を…

学習能力の差だったんです!
女は一度で学習するのに較べ、男は学習しないから、何時も先に来て待ってるんですなぁ~

懲りもせずに…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
度肝を抜かれました!

昨夜お見えになった男性。
M上さんと仰いました。
お年の頃は50前位で、身長は180cm超・ガッチリした体型、ラグビーでもなさっていたんでしょうか?

お一人でカウンターに腰を下ろされるとバックバーを見回して、
「ジャック・ダニエルのロックを…」
ジャック・ダニエルは偶々一昨日に空になって昨夜はニューボトルの封を切りました。

グラスに氷を入れてジャック・ダニエルを注ごうとすると、
「あ~ ダブルで…」
「ハイ」
ダブルで注いだグラスを差し出すと、
「それからビールも…」
「ハァ? ビールもですか?」
「ウン…」

驚いたのは、それからです!
ロックを2口~3口飲むとビールを1口。
ビールがチェイサー代わりです!
アッと言う間に飲み干すと、
「もう一杯ロックを… ア~ それからサラミも!」

サラミを切って皿に盛って戻ると、
「ロックを…」
「やっぱりダブルですか?」
「ウン…」

駆け付け3杯、ダブルのウイスキー!?
「お強いですねぇ~ 体格も御立派ですけど何かスポーツなさってたんですか?」
「スポーツ? 別に何も… ヤッてたって言えば フォークダンス 位タイ! ワハハハ!」
「又々、御冗談を?」

それから色々お話をさせて頂きましたが、楽しいお客様です。
その間にも、グラスを口に運ぶペースは衰える事なくビールの追加も!

「マスターも何か飲みなっせ!」
「ハァ~ 有り難うございます…」
とは言ったものの余りの飲みっぷりに圧倒されて…

やがてボトルが8割り方空いた頃になると、さしものM上さんも少々呂律が怪しく?
それでもグラスを運ぶペースは落ちず、到々ボトルは空に!

「ボトルが空いて仕舞いましたね!」
「ソンナラ最後ハ ビール デ打チ止メニスルキャ (=´∇`=) ニャン… ビール モウ1パイ!」
「!?」

時間にして約2時間、ジャック・ダニエル1本とビール4杯!

ビールを飲み干されたM上さん、
「計算シテ…」
「ハイ、有難う御座いました」

支払いを終えられると、
「オレ、ションベンシテクル…」
トイレから戻られると再び、
「帰ルカラ計算…「
「あ、もう頂きましたが?」
「ホンナコツ?」
そう言いながら財布の中身を確認なさっていますが、計算が途中でフリーズ!
何度やり直されても途中でフリーズです。
「アー モウ分カラン… マスター ガ良カテ言ウナラ良カロ… マタ来マス…」

お見送りの為に店のドアを開けようとすると、開く前にドアに 頭突きを一発!
「アイタァ~」
ドアは何とか無事で、ホッ と胸を撫で下ろして…

次はエレベーターのドアが開いても中々最初の一歩が踏み出せず、やっと踏み出されたのと同時に閉まりかけたドア挟まれて、
「アワアァ~ Σ(; ̄□ ̄A …」
「大丈夫ですか?」
「ダイジョウブ、ダイジョウブ、△□×○…」
世間には 豪傑 がいらっしゃいますなぁ~

でも、果たして無事にお帰りになったでしょうか?

気掛かりです…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
折れました

水曜日ってのは1週間で一番閑なんですが、その例に違わず昨夜も…
早い時間にパラパラと見えたお客様も12時前にはお帰りになり、日付が変わって見えた女性がお一人…
その女性も2時前にはお帰りになりました。

此処迄でした。
誰も居ない店内で、痛み止め代わりに流し込むウイスキーも一向に効き目はなく、絶え間無くズキズキと疼く頸椎ヘルニアの痛み…
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-989.html

今まで、女性のお客様を誘って飯を喰いに行くとき以外は、例え 雨が降ろうが槍が降ろうが 早仕舞いしたことは無いんですが、遂に 信を曲げて、

『閉めよう…』

一旦そうと決めると、ヘルニアの痛みなんて忘れたかの如く テキパキ と後片付けを終え、店を閉めるとタクシーに飛び乗って帰りました。


が、、、


家に帰って気付きました。

忘れ物です!

携帯電話を店に置いたまま…
タクシーを呼んで店へ戻り、再び家に帰り着いた時は午前4時半!

一体、何の為の早仕舞いだったんでしょうか?
絵に描いたような ドジ…
私の人生その侭です。

今夜も、 堪え難きを堪え、忍び難きを忍んで 営業します…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
疼いています。

頸椎ヘルニアが…
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-984.html

毎日病院で牽引して首を伸ばして貰うんですが、一向に痛みが癒える気配がありません!

病院では、最初にマイクロ波治療を10分間、その後で顎と後頭部に革ベルトを掛けて機械で首を引っ張るんですが、
『顎のベルトが外れて首に掛かれば 死刑執行…』
なんて考えるとリハビリのPTスタッフが 鳩山邦夫 元法務大臣に見えて来ます!

そんな恐怖に打ち勝って治療を終えても、痛みが薄らぐのはホンの一寸の間だけ…
店に出て開店準備をしていると腕がズキズキと疼き出し、8時を過ぎると肩から後頭部まで痛みが広がるんです。
脳味噌だか八丁味噌だか判りませんが、一杯に詰まった頭を華奢な首が支えきれないんですなぁ~
自分じゃ今まで、他人より頭が良いと思っていましたが、頭がデカイだけかも知れません?

そんな昨夜、
ネイルの王道・白フレンチで決めた指先でマッカランのテイスティング・グラスを弄びながら、
「マスター、さっきから右手を摩ってるけどどうしたの?」
と、若妻の理○さん。
「頸椎ヘルニアで疼いて疼いて…」
「それは大変ね? 見てるだけで痛そう…」
「ウン、もうボトルを持つのも痛いくらいで…」
「ホント? じゃぁ~ 何かシェークのカクテル貰おうかな?」
「エッ! そんなシェーカーを振れなんて…」
傷口に塩を塗り込むような言葉!
「イイじゃない!」
「ホントにシェークするの? 何飲むの?」
「そうねぇ~ ホワイトレディにしようかな?」
仕方ありません…
渋々準備をしていると、
「ハハハ、冗談よ冗談!」
「よしてよ、人が悪いんだから…」
「でも、痛みを堪えてる顔も 渋くて イイよ! 」
「これ、地顔です…」

しかし、美人って サディスティック ですなぁ~

『あの白フレンチの爪を 背中に立てて 貰いたい!』

心も疼き出しました…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜は月曜日にも拘わらず早い時間からお客様!?
10時にはカウンター満席!

しかし、それも束の間で1時にはK本さんお一人に…
K本さんは私と同年輩の男寡婦ですが、
「マスター、後で昔の彼女が来るけどイイ?」
「イイも悪いもありません。大歓迎ですよ」
「さっき歩いてたら、お客さんを見送りに出てる女性から声かけられて、振り向いたら30年前の彼女だった!」
「へぇ~ そんなことも有るんですね?」

それから暫し、お店を終えられた元カノが御来店になりました。
お歳の頃は50歳位でしょうか?
和服姿で若かりし頃はさぞやと思わせる面影が…
最初は昔を懐かしんでお話をされていましたが、
「オマエ、店やってるけど、まだ続いてると結婚は?」
「結婚なんかしてる訳ないでしょ! 良くそんな事…?」
「エッ! オマエ… あの男と結婚したんじゃ?」
「何言ってんの! 結婚したのはアナタでしょ!?」
「違う! オマエが 『他に彼氏が出来たから結婚する』 って言うから俺は別れた!」
後は 水かけ論 で、到々元カノは席を立ってお帰りに…
一人残って釈然としないご様子のK本さん、
「アイツ、何言ってるのか解らん…」

こんな事は、往々にして在ることですなぁ~
女性は自分に都合の悪い事は、綺麗に忘れて記憶のすり替えをしてしまうんです!
つまり、自分に都合の悪い記憶は、都合が良いように書き換えてしまうんですなぁ~
そして、
以前、警察関係の方に御聞きしましたが、女性はポリグラフ (嘘発見器) にかけた場合に反応が判り難いってことです。
これは自分の嘘を信じ込んで、何時の間にか本人の中では嘘が事実に変わってるらしいですなぁ?

だからK本さんの場合、

元カノは浮気をした → 浮気相手を好きになった → K本さんを振った → 浮気相手から捨てられた…

此処までは事実ですが、その後元カノの記憶のすり替えが始まるんです。

K本さんが結婚した → K本さんは幸せ → 惨めな私 → K本さんには他に女が居たに違いない → そうだ! 絶対にそうだ! → だから私も浮気したんだ → 悪いのは全てK本さん!

と、自分に都合良く記憶を書き替えられたんでしょうなぁ~
だから女性は自分の非は忘れて、男の非ばかりを責めるんです!

事実、私なんか今でも偶に昔の彼女が飲みに来てくれるんですが、私を捨てて結婚してるくせに、
「あの時アンタは、私と別れて直ぐに○○と付き合ってた。私と二股してたでしょ!? ソウダ、ソウダ、絶対ソウダ!」
なんて言われてますから良~く解ります…

男はこうは行きません。
男は自分が悪い事をしたのは判っています。
そして忘れる事もありません。

それに引き替え、以前のブログで書いた 上書き保存
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-41.html
もそうですが、何と素晴らしい女性の 才能 でしょうか!?


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

Category :  船長の独り言
tag : 
一昨日は、久々に土曜日らしい賑わいを見せた夜でした。

でも…

面白くありません!

ウチの店では土曜日に限って、少々薹がたってはいますが 看板娘 のRioチャンがカウンターに入ってるんですが、先週・先々週はイベント出演のためにお休みでした。
御存じない方の為にチョコットだけ御説明しますが、Rioチャンの本業はサルサってラテンダンスのプロのダンサーです。
http://www.rio-salsa.com/

その為、夏場は 掻き入れ時! 
「ショボイBarで、爺ィのお守 しながらバイトなんかやってる場合じやない!」
とばかりにヤレ沖縄だ、博多だ、東京だと飛び回らなきゃイケません。
そう言う訳で、一昨日は今月初めての出勤だったんです。

そのRioチャンが店に出てるのを知ってか知らずか、どう見てもサルサより 安来節 が似合いそうなオヤジが続々と!?
単身赴任のOさん・やり手営業マンのHさん・川筋男のトミーさん・etc…
居酒屋の元オーナーNさんに至っては、
「今日はRioチャン居ますか?」
って確認の電話まで!

還暦を過ぎた年寄りが、悶々としながら一人でやってる日には寄り付きもしないくせに、何て解り易い連中でしょうか!?
^
まぁ~ そんな事はさておき、唯一の救いとなったのが妙齢の美女の御来店です。
細面で私のストライクゾーンど真ん中!
先日も一度お越し頂いたんですが、一昨日は飲み会の仲間を振り切ってお一人で御来店になったのに、Rioチャン目当てのスケベ連中のオーダー作りに追われて殆どお話も出来ず、お名前さえ聞かずじまいで残念です…
次回は閑な日にお越し下さい (^_-)-☆
たって何時でも閑ですが…

こうしてサルサな夜? は終わりましたが…

さて、来月の8日(木) Rioチャンが熊本で踊ります!
GUETAITO JAZZ LATINO featuring SAYAKA
高橋ゲタ夫・中島 徹・大儀見 元・香月さやか
銀杏北通のRestaurant BarCIB で19:30より


高橋ゲタ夫・大儀見 元のセッション


香月さやか



当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
決まって月に2度程お見えになるユ○子チャン。
昨日も見えました。

お歳は魅惑のアラフォー!
昔は某化粧品のモデルをなさっていたとかで、美人な上に肌の綺麗さは特筆もの!
思わず、白くてツルツルの肌を 舐め 撫で回したい衝動を抑えるのが一苦労です…

オーダー頂いたモヒートをお作りしてると、
「マスターも一緒に乾杯しょう? 飲まずに待ってるから!」
と年寄りに優しいお言葉!
『今日は 敬老の日 だったかな?』
って勘違いしそうでした…

時刻はソロソロ3時。
2杯目のモヒートを飲み終え、3杯目のカイピリーニャを召し上がってるユ○子チャンの他にはカップルが一組のみ。
頸椎ヘルニアの痛みに、前夜の真○チャンのお守の疲れも重なって ヤル気 が起きず、
「ユ○子チャン、飯でも喰いに行こうか?」
「そうねぇ~ 少しだけなら食べれるかな? 行こうか!」
本当は飯より 『ユ○子チャンを食べたい』 が本音ですが…

話が決まると即実行!
カップルのお客様のムードが盛り上がろうがペシャろうがお構い無しに、
「ソロソロ閉めさせて頂きますが…」
と追い出して、後片付けもソコソコに外へ出ると 土砂降り!
慌てて店に戻ると傘を2本持って…
もうチョット小降りなら相々傘と洒落込むんですが余りの雨脚に断念!

賄い料理 魚拓 に行くと看板の灯りが消えています?
仕方なく酒食家 時空 へ…
と、此処も既に閉店!
小上がりで、肴でも摘まみながら しっぽり と… って期待を裏切られて、
『金曜日の夜に早々と閉めやがって、何を考えてるんだ!?』
と自分事は棚に上げて毒づきながら 焼鳥 仁 へ行くと、これまた営業終了!

雨の中を彷徨い歩いて辿り着いたのは 焼肉 味吉
大腸菌O-111の心配をしながらユッケを喰って、タン塩・サガリ・ホルモン・テールスープ・キムチ・etc…

しっぽり の筈が、土砂降りの雨に打たれ、挙句は焼肉の脂煙に燻されて ビショビショ・ベトベト!



濡れた夜 なってしまいました…



今夜は真面目に営業します…



当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
11時頃、福岡からT社長がお見えになったのを機に、続々とお客様が!?
しかし、それも束の間で午前2時を回るとKさんとS美さんのカップルのみ…
しっぽりムードのお二人の邪魔をするほど無粋な私じゃありません。
耳だけダンボにしてグラスを磨いていると電話が?

「真○だけど、今から行くからよ~」
以前のブログにご登場頂いた女性です。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-911.html
「ラジャー、待ってま~す!」
とは言ったものの心の中では、
『こりゃ~ 今夜も4時を回るな…』

15分程で見えた真○チャン、
「取引先の社長と帯山で飲んでた。 『もう一軒行きますか?』 って言ったら 『ラブホ以外は行きたくない!』 って言うから捨てて来た!」
そう言ってカウンターに1万円札を置くと、
「この分飲ませて!」
「そんなに要らないよ…」
ブランデー・サワーを一杯召し上がると、後は何時もの赤ワインです。
ボトルを前に、
「中山さんも隣に座って飲みなっせ! でも私のオッパイ触ったらイカンよ!」
「萎んだオッパイは触りません!」

仰せの通り、隣に座って御相伴に預かっていると、
「ところで最近Ryoさんは来る?」
「ああ、この間来たよ」
Ryoさんとは、真○チャンが働いてたクラブのお姉さん株の女性で、つい先日のブログにご登場頂いた女性です。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-975.html
「ふ~ん? それでどうしたの?」
「どうしたのって、飲んで帰っただけだけど?」
「どうして何も言わんだったとね?」
「何もって、何を言う訳?」
「店が終わるまで待ってろとか…」
「何でそんな事を言わなきゃイカンと?」
「だって、10年経っても会いに来てるんだから!」
「偶々飲み会の帰りでしょ? それに彼女も結婚してる訳だし?」
「結婚とそれは別でしょ? 関係無いよ」
「イヤ、関係あります」
「何? ヤッパリ関係してたと?」
「何の事?」
ヤッタ でしょ!」
「知らない!」
「何で二人ともトボケルのかな? Ryoさんにも聞いたら頭を叩かれたけど絶対 ヤッテル!

こんな時は何を言っても無駄…

ヤッタ と言えば、ヤッパリ!

ヤッテナイ と言えば、 ウソ!

となるのが 野次馬 の心理ですから知らないふりが一番です。

「今度来たら誘いなっせ!」
「誘うたって、ウチが終わるのは夜中の3時よ。それから誘って何するの?」
「夜中に ヤル ことは決まってるじゃない!」
「そんな他人の家庭を壊すようなこと…」
「良か良か! あそこの家はもう2~3年は セ○クス・レス だから大丈夫!」
「もうイイから! 想い出は綺麗なままで…」
「フン! そんな綺麗な人生を送って来た訳じゃあるまいし!」
「そんな!?」

赤ワインを ガブガブ 飲みながら、そんな遣り取りが延々と5時まで!
やがてボトルが空になったところで、
「今度Ryoさんが来たら誘わなんよ!」
そう言って、やっとお帰りになりましたが、




余計なお世話です…




当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。

Category :  船長の独り言
tag : 
お盆の釣り…

ヤッパリ




当たりました!

それも大当たり…


http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-982.html

余りの豪雨にボートのウインドウ越しでは前方が見えず、キャビンから顔だけ突き出して操縦したんですが、無理な姿勢で1時間以上も走ったのが祟って 頸椎ヘルニア が再発してしまいました…
何しろ、昔の彼女から 病気のデパート って言われてた私ですから頸椎ヘルニアも当然品揃えの一つです!

頸椎ヘルニアってのは、頭を支えてる首の骨の軟骨が、頭の重みに耐えきれず潰れてズレることで神経を圧迫する病気です。
もしかしたら、糞の役に立もたない知識やカビの生えた記憶が一杯詰まってる所為で、私の頭は人一倍デカイんでしょうか?

兎に角、後頭部から右肩・二の腕まで ズキズキ と疼いて鎮痛剤代りのウイスキーも効かず、お客様をお迎えする満面の笑顔も引き攣って、作り笑いにしか見えません…

と言う訳ですので、此処数日中にお越し頂くお客様には、無愛想なジジィ と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、只の 罰当たり ですので何卒御容赦下さい…



☆今日は8の日ですので飲み放題です。
男性4000円・女性3000円
チャージ料込、時間制限なし、ビールとシャンパン以外は何でも結構です。
但し、ショートカクテルにつきましては混み合っている時と面倒くさい時は御遠慮頂く場合も御座いますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。



当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜見えたTHさん。
以前のブログに登場して頂いた凄腕営業マンですが、30代半ばの美人同伴!
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-908.html

女性は店に入るなり、
「お手洗いはどちらですか?」
「あ~ ドアの右側です…」
独りカウンターに腰を下ろされたTHさんに、
「また が起きたんですか?」
「チ、違いますよ! ウチの女房です!」
「ホントですか?」
「ホントです! この間の件は女房の前では禁句ですから…」
「解りました…」

トイレから出られてカウンターに腰を下ろされ奥様を、
「ウチの家内です」
と改めてご紹介頂きましたが、正面からお顔を拝見すると正真正銘の 美人!
しかも口元に何とも言えない色気があって…
『コイツ、こんな美人の女房が居ながら浮気するなんて フテー野郎だ!
と胸の内で呟きながら、
「何を差し上げましょうか?」
「モエを一本開けて下さい」
モエを抜きながら、
「シャンパンとは、今日は何か良いことでも有ったんですか?」
すると奥様、
罪滅ぼしでしょ? ねぇ~ パパ?」
「イヤ、 アノ、ソノ… 今日は2人でデートだから…」
「フフフ、 そうしときましょ…」
と、ココまでは何とか平穏に…

ところがTHさんの、
「俺は何時も最後はココで飲んで帰るんだよ… ねぇ~ マスター」
この一言がイケませんでした!
私は仕方なく、
「エエ、そうですね…」
すると奥様は、
「そう? それから何処へ帰ってたのかな?」
「家に決まってるだろ…」
「どちらのお家だったのかな? ねぇ~ マスター?」
私は惚けて、
「エッ!  何のことですか? THさん、何か拙いことやったんですか?」
「イヤ、何も… オイ、オマエ… イイ加減にしろよ… 何度も謝っただろ!?」
「アレ? また 逆切れ するの?」
そこで又私が、
「何があったのか知りませんが、ココはTHさんが我慢しなきゃ…」
「だって、何度も謝ったのに未だ…」
「あのねぇ~ それは男と女の思考回路が違うんですよ」
「…?」
「男は理屈で考えるんです。 『悪いことしてバレた → 反省して謝った → だから此の件は終わった → なのに何時まで言うんだ? → しつこい → 逆切れ』 ってなるんですね。 ところが女性は感情が優先しますから、怒りが治まっても記憶が薄れるまでは終わらないんですよ」
「しかし…」
とTHさん。
「ココで逆切れすると記憶が薄れるどころか、ドンドン記憶が更新されてしまうんです!」
「そうよ! そう! 悪いこと したのはパパだから!」
と奥様。
「だから、ここは黙って耐えるしかないんですよ… 奥様も本当は許していらっしゃるけど時々チクリ とやってみたい… 小さな憂さ晴らしですよ」
「ハイ…」
そう小さく頷いたTHさんはモエを一気に呷ると、
「ハーパーのロックを下さい…」
「アラ、今度は 自棄酒? イッパイ飲んでね! じゃぁ~ 私はブラディ・シーザーを…」
と奥様。

暫くしてTHさんがトイレに立たれると、
「マスター、計算して下さい。それから今日は有難う…」
「イイエ、私は 美人の味方 ですから!」

トイレから戻られたTHさんに、
「もう計算済んだから。 次のデートはパパ持ちで2倍使って貰おうかな!?」
「ハイ、ハイ…」

まぁ~ 韓国の姦通罪は2年以下の懲役ですから、それに較べりゃぁ~ 黙って耐えてりゃ済む訳ですから安いモンですよ…

男の修行

逆切れしてちゃ~ 修行 が足りません!



☆明日は8の日ですので飲み放題です。
男性4000円・女性3000円
チャージ料込、時間制限なし、ビールとシャンパン以外は何でも結構です。
但し、ショートカクテルにつきましては混み合っている時と面倒くさい時は御遠慮頂く場合も御座いますので悪しからず…
チャレンジは御自由ですので、御遠慮なく御申出下さい。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。)

[Read More...]
Category :  船長の独り言
tag : 
昨日、15日は釣りに行って来ました。
数日前に、釣り名人のMさんから誘われていたんです。

日曜日の夕方、肥後マリーナのおやっさんに電話です。
http://www12.ocn.ne.jp/~higo1991/index.html
「明日の朝6時頃行くけん、船を下架して燃料満タンにしといて呉れんですか?」、
「アンタ、何ば言いよると? こっちは雨と風で出港する人は誰も居らんよ! 波が2.5mもあるけん明日の明け方電話してみて…」
との返事です。
波高2,5mって言えば、波頭と波底の高低差は5m!
2階の屋根の軒先程度の高さです。
4時に熊本市内を出発して6時前に出港予定は、敢え無く ボツ…

営業中ったって閑ですから、幾度となくPCで天気予報をチェックするも15日は 弱雨 降水量は1時間に1㎜程度で午後から晴れ、風速は2~3m程度。
『ヨシ! これなら大丈夫!』

4時半に店を閉めて家に帰るとMさんに電話をして、見切り発車 で出発決定!
私は店を閉めるまで飲んでますからMさんに家まで迎えに来て頂きましたが、度肝を抜かれたのが迎えの車!?
「アレは何? デカッ!」
やって来たのは大きなキャンピングカー!
「女房が乗用車使ってるから、これしか無くて…」
http://ameblo.jp/matun/
「だからって、キャンプじゃなくて釣りだから…」
って事で、ワタナベのスリーピース6Jホイールを履いたダイハツ・ハイゼットに荷物を積み替えて…
今になって思えば、出だしから躓いてたんですなぁ~

雲の隙間からは時折晴れ間も見えて、
「こりゃ~ 日焼けが…」
なんて能天気な心配をなさってるMさんと一路天草目指してひた走り、途中でTさんと合流してマリーナに着いたのが7時半。
道中電話を入れておいたお陰で船も下架してあり、暖気運転もソコソコに鬼池沖に向けて出港です!

中上島に沖に群がるアジ釣りの船団の間を抜けて湯島に近付いた頃から雲行きが怪しくなってきました!
湯島を過ぎた辺りからポツポツと雨粒が…
しかし天気予報でも 弱雨 ですから降って来てもオカシクはありません。

8時半には鬼池港の前に到着して釣り開始!
流し始めて暫くするとMさんにアタリがあって2㎏強の真鯛!
その後、私にも30㎝程度の真鯛がヒットしましたが後が続きません。
アッチを流し、コッチを流しても時折アタリはあるもののフッキングには至らず…
『鯛も盆休みか?』

その間にも 弱雨 じゃなくて結構大粒の雨が降ったり止んだりでズボンどころかパンツまでビチョビチョです!
降って来る度に、畳1畳もないオーニングの下に男3人肩を寄せ合って雨宿りです。
相手が女性だったら肩を寄せ合うどころか抱き合ってるところですが、男同士ですから微妙な距離感を保ちつつ…

やがて12時を回った頃でしょうか、雨脚が強まり空も真っ黒に!
これじゃ~ 釣りどころではアリマセン。
「帰ろう!」

帰路についたと途端にバケツをヒックリ返したような雨!
ボンヤリと見えていた島影も見えなくなり、視界は僅か2~30mで右も左も判りません???
一寸先は闇と言いますが闇夜の方が未だマシです!
闇夜だったら灯台や灯標を頼りに位置を確認出来ますが、霧や雨じゃ灯りすら見えません…

あまりの豪雨に旋回窓 (ワイパー代りに高速旋回して水滴を振り払う窓) も追いつかず、ウインドウから顔を出しての操縦ですから眼鏡が濡れて頼みの綱のGPSも視認出来ません!
南西の風に吹かれる波の方向とコンパス (羅針盤・方位を示す磁石)で見当をつけて大矢野方向を目指して走りながら、MさんにGPSを確認して貰って進路を修正し、一方のTさんには目を凝らして他船や障害物を監視して貰うって具合で、何とか樋合島へ辿り着きパールラインの4号橋を通過した頃は、水も滴るイイ男 どころか、寒さで 鼻水垂らしたオヤジ が3人!


家に帰って風呂で身体を暖めながら思いました。
お盆に殺生なんてするから 罰が当った のかも…






なんて殊勝なことは思う筈もなく、




天気予報に 騙された!


と、そんな休日でしたが久しぶりに海に出てリフレッシュした次第です。
さて今日からまた、妄想に浸る夜が始まります…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
さて、昨夜も寂しい夜…

そんな夜に見えたのは、これまた寂しい女?
アラサーのJ子チャンでした。

「お盆休みに一人ね?」
「うん、男も居らんし、友達も結婚してるか、実家に帰ったりで…」
「そうね… でも妹さんが居るでしょ?」
J子チャンは県南の出身で実家を離れて、妹さんとアパート暮らしの筈です。

「妹は彼氏と旅行…」
「ふ~ん、彼氏が出来たんね?」
「でもねぇ~ それが…」
「何? 彼氏に問題でもあると?」
「問題は私…」
「何で、妹と彼氏がJ子チャンに問題なの?」
「妹の彼氏は私の大学の同級生なんよ。中々イイ奴でずっと仲が良かったんだけど別に男として好きと言う感情は無かったとよね。それでも成り行きと言うか… 飲んだ勢いで3~4回 ヤッテ しまったと…」
「エッ! 妹の彼と ヤッタ らイカンたい!」
「違う違う! 大学の時と卒業してから1~2回… それでも友達付き合いしてたし、妹と3人で飲み行ったりしてたら何時の間にか付き合い始めてた!」
「じゃぁ~ J子チャンが ヤッタ 男と妹さんが… ってことかぁ~」
「で、アイツに 『どう言うつもり?』 って聞いたら 『遊びじゃなくて真剣に付き合ってる』 っていうから止めてとも言えないし…」
「う~ん… ところで妹さんはソノ事を知ってるの?」
「ううん、知ってたら付き合う訳ないでしょ! それどころかアイツの エ○チ の報告までするんだから!」
「何々? 報告って?」
「アレが大きいとか、騎○位ヤッテ って言うとか…」
女性の 下ネタ のリアルさは男性の比ではありませんが姉妹でもとは驚きです!

「姉妹でもそんなこと話すの?」
「皆、話すと思うけど? でも、そんなんを聞く度にアイツと ヤッタ ことを想い出しながら 『へぇ~』 とか、『スゴ~イ』 とか、話を合わせててるとよ…」
もう開いた口が塞がりません!

「もしも結婚でもしたら、私は一生 背徳感 に苛まれながら親戚付合いをしなきゃいけないし、どうすりゃイイのか…」
「そうだねぇ~ でもJ子チャンが先だったんだから後ろめたさを感じる必要はないと思うけど… まぁ~ 何も無かったように振舞うしか無いんじゃ?」
「そうね… ナニモナカッタ、ナニモナカッタ、ヤッテナイ、ヤッテナイ ってね…」
「それに結婚すると決まった訳でもないしね!」

しかし 縁は異なもの味なもの と言いますが、苦い味も…

そうそう!


今後、 騎○位 はダメですよ!!


想い出すから…


今日、14日 (日曜日) は営業しています。
明日、15日 (月曜日) を休みます。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
前日の賑わいが嘘のような金曜の夜。
お盆休みに入った会社も多いんでしょうか?

9時を回った頃に見えたのはYさん。
バツイチの中年男性です。
震災直後に見えてからご無沙汰でしたので5ヵ月ぶりでしょうか?
「久し振りぃ~ お一人?」
「イヤ、もう一人来ますから…」
「そう? ところで盆休みは?」
「明日から3日間、天草に行きます」
「天草は釣り?」
「イイエ、女房の実家に…」
「??? 女房のったってアンタ独身でしょ?」
「はぁ~ それが最近入籍したんですよ…」
「へぇ~ おめでとう! どんな人?」
そんな話をしているところにドアが開いて、これまた2月以来のT美さんが御来店です。
T美さんもバツイチのアラフォーです。

「いらっしゃい! 今日は珍しい人ばかり…」
と言いかけたところで、T美さんはドアのところで固まって立ちつくしたままモジモジと?
「そこで何してるの?」
私の言葉にT美さんはカウンターへ歩み寄ると、俯き加減にYさんの隣に腰を下ろして、
「……」

「も、もしかして奥さんはT美さん?」
「ハイ…」
「チョット! アンタ達いつの間に?」
「はぁ~ ここで会ったのが2月で、それからですから…」

想い出しました!
2月の或る夜でした。
偶々隣り合わせに座られたお二人が、何やら盛り上がってお話をなさっていた事を!

「何ね、あん時が初めて会ったんでしょ?」
「はぁ~ それから連絡取り合って…」
「俺に隠れて、二人とも他所で コソコソ しとったつね?」
「スミマセン…」
「信じられん! アンタ達は 非常識…
「どうしてですか?」
「ウチで知合ったとなら、デートもウチでするのが でしょ!?」
「はぁ~ 何となく照れ臭いし…」
「フン! デートは他所でして金も他所に落として… お陰でウチは震災以来、閑で閑で 火の車…
「イヤ、それは… お詫びに何か飲んで下さい…」

「言われんでも飲む!」

私はワインセラーからボーモン・デ・クレイエールを取り出すとシャンパングラスを3脚並べて注ぎ、
「ハイ、アンタ達も飲みなっせ」
「…? 何ですか、これは…」
「結婚のお祝いをしようと言いよるとタイ!」
「あの~ そのシャンパン、幾らですか?」
「ケチ臭い事は言いなすな! 俺の奢りだけん飲みなっせ!」
「さっき怒ってたとは何ですか?」
「冗談に決まっとるでしょうが! ハイ、カンパ~イ!

とは言ったものの、ココで鉾を収めるのも面白くアリマセン!

「ところで罰金代わりに教えて?」
「何をですか?」
「何回目のデートで ヤッタ とね?」
お二人は、顔を見わせてモジモジと…
「正直に言わんね! 何時・何処で・どっちから何と言って誘ったか 白状するまで帰さん!」
それから1時間以上尋問しましたが、お二人とも徹底して黙秘権を行使!
次のお客様が見えた為、已む無く処分保留で釈放しました…

Yさん・T美さん、第2 第3の人生をお二人で末永くお幸せにお送り下さい!



しかし、他人の幸せは、





面白くアリマセン… (-"-)



明日は14日 (日曜日) は営業しています。
15日 (月曜日) を休みます。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

Category :  船長の独り言
tag : 
暑気あたりなのか、全く ヤル気 が起きなかった昨日…
ノロノロと開店準備をしていると、未だ7時にもなっていないのにT社長が御来店!

大急ぎで準備を済ませて飲み物をお作りしてると、
「早いけど1杯飲ませて…」
そう言ってドアを開けたのがクラブPのRチャンです。
出勤前に景気付けの1杯です!

8時半頃にお二人が席を立たれたのと入れ替わりに男性3人が御来店。
オーダーをお伺いしてる最中にWさんが女性お二人を伴ってお見えになり、続いてBOSSさんがお友達と4人で!
モチベーションがダウンしてますから、身体が中々反応せず気ばかり焦って…
そこへ今度はM会長が3人連れでお見えになり、何とか全てのオーダーをお作りしたところにF氏が5人連れで!!
その後も一組お帰りになると一組御来店になって12時を回るまで引きも切らず!!!
いったい何事でしょう?

1時を過ぎて、漸く一段落したところにヨットマンのS本さんが女性お二人を連れてお見えになりました。
ナ○ミさんとおっしゃる妙齢のご婦人は2度目の御来店ですが、もうお一人はお洒落なピンクの眼鏡と白い歯が印象的な可愛いお嬢さん、初めてお越しになりました。

そのお嬢さん、
ブランデー・サワーを召し上がっていましたが突然、
「私、マーキング しなきゃ!」
『??? マーキング?』
マーキングって言ったら思い出すのは、犬が自分の縄張りを示す為に、片足上げて電柱なんかにやる アレ ですがBarでマーキングとは?
若しかして加藤茶の嫁さんばりに 枯れ専 のお嬢さんが、私の 渋さ に惹かれてウチの店をマークしとこうってことでしょうか?

すると彼女、立ち上がって店内を見回すとドアの方へ歩み寄りトイレを探し当てると中へ…
暫くすると爽やかな笑顔で席へお戻りに!

ウチの店、彼女の 縄張り にされてしまいました…

しかし、ウイットに富んだお嬢さんですなぁ~
お陰で下がっていたモチベーションも元に戻ることが出来ました!

でも、気になるのは…




やっぱり彼女も 片足上げて マーキングなさったんでしょうか?




お盆は14日 (日曜日) は営業して、15日 (月曜日) を休みます。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

Category :  船長の独り言
tag : 
今日は、ヤル気 起きないのでブログは休みます。

店はヤッテます…

お盆は14日 (日曜日) は営業して、15日 (月曜日) を休みます。


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)
Category :  船長の独り言
tag : 
相変わらず閑な夜…
1時を回った店内では、肉食歯医師のK先生とロリコン歯科医のM氏が飲んでいらっしゃいました。

その時ドアが開いて、痩せて筋肉質な身体に坊主頭、Tシャツ・半ズボン・サンダル履きで、真っ黒な男が入ってきました!
一瞬、ソマリアかエチオピア辺りからやって来たアフリカン!?
思わず、
「アイムソーリー ジャパニーズ  オンリー」
って英語のフレーズが口をつきかけた時、流暢な熊本弁で、
「マスター、話ば聞いてくれんですか…」
「ン? アッ! もしかして半夜さん?」
http://can8.seesaa.net/
「俺・俺!」
「余り色が黒いから判らんだった… ところで何事ですか?」
「今日は会社の飲み会だったばってん二次会で行ったスナックのお客さんで40前後のスゲェ~美人が2人居ったけん一生懸命アプローチして飲みに行こうと誘ったつよ」
「ウンウン、それで?」
「向こうも乗り気で、そこで財布の中が寂かったけんマスターのとこでツケにして貰おうて思っとったら、もう一人居った ブス が反対すっとよ!」
「それは誘われない ブス の僻みですよ」
「それで ブス にも 『一緒に行こう』 と言うても 『ウン』 と言わんで、結局 ボツ… 腹ん立って腹ん立って治まらん!」
「ははぁ~ 良くあることよ…」

そうなんです!
私の40数年に亘る女性観察によると、美人をナンパしていて邪魔するのは ブス と決まっています。
実際、美人と ブス の二人連れをナンパして成功した試しがアリマセン!

一概に、美人は何時も男から大事にされていますから性格も素直ですが、ブス は日頃から虐げられていますから性格がイジケて歪んでいます!
ですから美人が男から誘われると、
『なんで美人にしか声をかけないの! 不公平だわ!! 許せない!!!』
となって邪魔するんです。
そこで仕方なく ブス も一緒に誘うと、これが警戒心と猜疑心の塊ですから、
『この男、下心があるんだわ! きっと私の身体が目的なんだわ!! 絶対ダメ!!!
ってなってしまうんですなぁ~
とんでもありません!
下心もなにも、例えて言うなら ブス刺身のツマ みたいなモンで突く気さえ起きません…

しかし、その辺のことがお判りになっていない半夜さんも未だ未だですなぁ~
修行が足りません…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
震災・原発事故・電力不足・菅総理の居座り・米国債の格下げ・円高・株安…
何にも明るいニュースはありません。
街の灯も日増しに暗くなって行くような気が…

そんな昨日、初めてお越し頂いたOさん。
お歳は私より2~3歳上でしょうか?
お仕事は定かではありませんが、お話の様子から音楽関係と推測しました。
「マスター、昭和40年代が懐かしいね… あの頃の活気は戻って来ないだろうねぇ~」
「そうですね。私達が生きてる間は無理でしょうね?」
「俺達が若い頃は彼女とデートするのに割り勘なんて考えもしなかったけど、ウチの若い連中ときたら割り勘が当たり前! 男の矜持がないよ…」
「全くですね…」
「俺なんか、大学時代は辞書から布団まで質に入れてデート代を作ったものだけど… お蔭で冬は丹前に包まって寝て冬の間中風邪ひいてたり… 懐かしいよ…」
と遠くを眺めるような眼で…
我々、団塊の世代の辞書には割り勘なんて言葉は載っていませんでした。

「ところでマスター、キャバクラって何? 今一つ解らん?」
「そうですねぇ~ 私にも良く解らないんです。昔のキャバレーの定義はホステスさんがいてフルバンドの演奏とショーがあってダンスフロアが在ることだったんですが…」
「そうだよね。ホステスが何十人もいて、客も溢れてたけどねぇ~」
「そう言えば、この場所 (ウチの店のビル) もワールドって言う小さなキャバレーだったんですよ。此処で50人くらいホステスさんが在籍してたと思いますが…」

そう言いながら私も当時に想いを馳せて…
思い出すだけでも、たそがれ・月世界・銀河・蘇州・チャイナタウン・シルバーキャッスル・レッドシューズ・ワールド・etc
1店舗50人から200人位のホステスさんが居ましたから全体ではどれほどか?
夜毎に男と女の駆け引きが繰り広げられていた訳です。

ダンスタイムとなればホステスさんが、カクテルドレスやチャイナドレスの裾を翻して踊るマンボやジルバ…
当時はパンストなんて野暮なもの無い時代でバックシームのストッキングですから、ターンして翻ったドレスの裾から覗くガーターベルトやガーターリングに鼻血を堪えながらジルバなんて踊った日には酔いも眼も回って撃沈!
最後にかかる ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ でチークを踊りながらアフターの約束を取り付けてってオジサン達も多かったと思います。
今年のミス・ディオールのCM曲になっていますが…



イケません!
こんな喘ぎ声聴いてたら今夜も 眠れない夜 になりそうです…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)



Category :  船長の独り言
tag : 
土曜日は火の国祭。
案の定、夜の街は閑!
去年までは花火見物の人出もあったんですが今年から中止…
だいたい役所主導の祭ってのは盛り上がりません。
ボンクラ役人の発想なんでしょうが、熊本の祭なのにサンバに津軽三味線ってのも意味不明!?
その上、あちこち交通規制かけられてちゃ~ 街に出るつもりのお客さんも二の足踏んで…

まぁ~ そんな中でも汗だくでウチの店まで辿り着かれた奇特なお客様もいらっしゃいました。
カウンターに座るなり息も絶え絶えに、
「マスター、 頂戴! 水!
駆け付け3杯も水を飲んだら酒が入る余地なんて在る筈がアリマセン…

祭同様に盛り上らないまま日付が変わって2時を過ぎるとカウンターにはヨットマンのS本さんのみ…
タックだのジャイブ、ブームやセールと、ヨット談義に花を咲かせていると、
「未だイイ?」
そう言ってドアを開けてくれたのはスラリとした背が高い女性!
声に聴き覚えは有るものの、老眼に近視と乱視が入り混じった眼は深夜になると視力が落ちて鳥目状態!
眼を凝らして見るとRyoチャンでした。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-808.html

「今夜は一人? 珍しいね」
「ウウン、K美達と飲んでたんだけど別れて来た!」
「そう?アリガト…」

それから暫し、Ryoチャンの独壇場!
初対面のS本さんを掴まえて、
「私、ブスでしょう? 正統派のブス! そう思わない?」
と、かなり召し上がっていらっしゃるご様子?
ブスどころか正真正銘のイイ女なんですが、S本さんも呆気に取られて頷くしかありません。

やがて3時を回り、
「Ryoチャン、3時過ぎてるけど御主人大丈夫?」
「アイツ? 大丈夫よぉ~ ヨダレ垂れて寝てるから!」
「でも…」
「そうね、ソロソロ帰ってやるとするか?」
「それがイイよ」
「じゃぁ~ エレベーターまでお見送りして」
「ハイハイ…」

ところがエレベーターのボタンを押して待つ間に、いきなり私の顔を引き寄せて、
ブチュ!
「ナ、ナンすると!?」
「お休みのチュウよ! もう一回!」
ブチュッ!
「じゃぁ~ オヤスミィ~」
とエレベーターに消えて行きました。
これじゃぁ~ オヤスミ ったって眠れる訳がありません!

久しく 純潔 を守ってきた唇を奪われて…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

Category :  船長の独り言
tag : 
雨の金曜日。
最初にドアを開けて下さったのは初めてのお客様でした。
オズオズと、Barは初めてって感じの若い女性で20代後半でしょうか?

「何を差し上げましょうか?」
そうお聞きすると案の定、
「私、こんなとこ初めてなんです。余り甘くなくてスッキリしたのを…」
「そうですねぇ~ じゃ夏だからモヒートでも?」
「お任せします」

モヒートを召し上がってる彼女に、
「今日はお一人で?」
「エエ、待ち合わせて食事の筈が、急用とかで…」
「デートの予定だったんですか?」
「イイエ、友達です。私、結婚してますから」
「エッ、そうだったんですか? お若いからてっきり独身と思い込んで…」
「そんなぁ~ もう30過ぎて子供も居るんですよ。2歳と4歳が…」
「とても、お母さんには見えないけど… じゃ~ 今夜は子供さんの面倒は御主人が?」
「イイエ、実家が隣だから親に。主人は病気で里に帰ってるんです」
「御病気とは心配ですね…」
「鬱病なんです。 心臓に毛が生えてるような人だったんですけど…」
「そうですか… 責任感が強くて気丈な人の方が鬱になりやすいって言いますからねぇ~ 無理し過ぎるんですよ… 時間が薬と思ってノンビリ過ごされた良いですよ。 頑張れって言葉は禁句ですから…」
「でも将来の事を考えると不安で… だから今夜は街に出たついでに思いっきり酔って忘れようと思って…」
「そうでしたか… 偶には酔って全部忘れるのも良いかも知れませんね。お家はどちらですか?」
「○○です」
「じゃぁ~ 私の家の近くですから、もしも酔い潰れたら送って差し上げますよ」

そんなところに別のお客様が見えて話は中断です。
他のお客様のお相手をしていても気になって、彼女の方を見るとグラスを見詰めたまま沈み込んで…
合間を見て声を掛けるとグラスを口に運ばれますが、暫くすると又…
そうこうしてる内にテーブル席も塞がり、フードメニューのオーダーも入って右往左往で、彼女の様子を窺う余裕もありません!

そんな時でした。
魅惑の人妻 K子さんが見えて彼女の隣にお座りになりましたが、K子さんも若い頃に○○方面にお住まいだったらしく、何時の間にか問わず語りに当時の話や子供さんの話とか打ち解けてお話をなさっています。
やっと彼女の顔にも笑みが戻って私も ホッ と…

そろそろ2時になろうかと言う頃に、
「今日はお御馳走様でした…」
そう言って酔い潰れること無く、彼女は席を立たれました。

しかし、身内が 心の病 に冒されるってことは、当人もさることながらご家族の心中は察するに余ります…

頑張り過ぎず、無理をせず、何事も程々に がイイのかも知れませんなぁ~
人生何事も為るように為る… ケ・セラ・セラ です。

『それは お前の生き方だろ』
ですって?

確かに…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜も思いっきり閑…
独りで溜息をついてるとことろに見えたR子さん。
お歳は40代半ばの奥様ですが、昨夜もDieselのジーンズにTシャツを小粋に着こなしてとても結婚なさってるようには見えません!

「いつもお洒落ですねぇ~」
「ううん、時間と重力に精一杯抗ってるだけよ…」
「又々、御謙遜を?」
「イイエ、最近は何をしても空しくなるわ…」
「どうしてですか?」
「お洒落して、友達と飲み遊んでも何にも満たされないし…」
「今日はえらくネガティブですね?」
「だって仲良しの友達って言っても本心は見せないし… 歳を取ると上辺を取り繕ってるだけよね…」
「人間って、そんなモンですよ…」
「お互い御主人や奥さんが居るくせに、その事には触れずに冗談言い合ってるだけで、それ以上には発展もしない… 家に帰れば連れ相いの寝顔を見て溜息つくのが関の山よ…」
「だから偶には、独りの時間が必要になるんじゃないですか?」
「はぁ~」
っと大きな溜息をつきながら、
「そうかもね… マスターも何か飲みましょ…」
店にも、随分お客様の溜息が溜まって来ました…

イヤ、一番溜まってるのは私の溜息かも?
溜息ばかりで 酸欠 になりそうです…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)

Category :  船長の独り言
tag : 
もうすぐ2時になろうかと言う頃でした。
カウンターには、私の同級生のロリコン爺ィのM氏がジュースを飲んでいました。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-968.html

その時、ドアを開けてくれたのは大ぃなキャリーバックを引き摺ったAyumiチャンでした。
「今、ソウルから帰ったの?」
Ayumiチャンはソウルの旅行社で働いているんです。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-860.html
「ウウン、昨日だけど」
「だってキャリーバック持ってるのから今帰って来たのかって思った。しかし何でキャリーバック持ってるの?」
「ああ、これは今日朝一番で麗水(ヨス)に行くからよ。ここで朝まで飲んで、そのまま5時20分の高速バスで博多に行ってビートルで釜山まで行こうと思って!」」
「エ~ッ! それまで飲むと?」
「ウン、ダメ? 付き合ってよ…」
「仕方がないなぁ~ でも麗水に何しに行くの?」
「麗水EXPOの案内よ」
「あ~ そうか! 万博が開催中だったね?」

麗水ってのは釜山から南西に直線距離で120~30kmの港町で風光明媚なところです。
30年程前に貿易関係の仕事をしてた頃は、韓国の国産車第一号、現代自動車のポニーを駆って海産物の買付に訪れたものですが、このポニーって車、韓国国産とは言ってもエンジンは大昔(昭和40年代)の三菱コルト1000のエンジン生産ラインを韓国に輸出して作ってたヤツですから今の軽自動車程のパワーもありませんでした。
高速道路でアクセルベタ踏みでも100キロがやっとって代物です!
当時は、アメリカでも日本車を凌駕する勢いにまで成長するとは思い得もしませんでしたが…

いつも通り話が脱線しましたが、韓国の麗水市で万博が開催中です。

そんな会話をしていても、ロリコン爺ぃは 魅惑のアラフォー Ayumiチャンには一瞥もくれずジュースをチュウチュウ音を立てながら飲み干すと、
「俺は帰る…」
「アリガト… 気ぃつけて帰れよ…」

やがて3時を回り、看板の灯りを消して店内にはAyumiチャンと二人!
幾ら知った仲でも、密室で女性と二人っきりと言うのはどうにも居心地が…
「そうだ! お腹空いてない?」
「そうねぇ~ 明日の昼過ぎまで食事する余裕もないし… 奢ってくれる?」
と言う訳で、キャリーバックをゴロゴロと引っ張って籠町通りの居酒屋へ…
エエ、勿論キャリーバックを引っ張ったのは私です。
その位の礼儀は弁えています。

しかし、居酒屋へ行ったのはイインですが考えて見ると 割に合いません!
Ayumiチャンの飲み代は3,000円、居酒屋の払いは私で9,500円。

赤字です…

と言う訳ですので、今夜は赤字を埋める為に皆様 挙って 飲みに来て下さい!


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
最近は、お客様の出足が読めません。
昨夜は火曜日にも拘らず、11時頃から土曜日以上の賑わい?
しかもフード・メニューのオーダーが引っ切り無し!
脳梗塞の後遺症が残る足を、跛をひきながらカウンターと厨房を行ったり来たり…

レッド・カレーだの、ウニ・オジヤだのは未だ良い方ですが、アワビのソテーまでオーダーされてブチ切れそうでした!
アワビは生食用のやつを鰹出汁で煮含めておいて、エリンギ茸と一緒にバターでソテーするんですが 面倒なんです。
『一体誰がこんなメニューを作ったんだ?』
って恨みたくなりますが、メニューを作ったのは、私!
自分を恨むしかありません…

元々、私は面倒臭いことが大嫌いなんです。
飲み物も、出来るならストレートか精々オンザロックくらいにして頂きたいってのが本音です。
暑くなって来たのでモヒートをオーダーされる方が多くなって来ましたが、その都度ミントを潰して… なんて考えただけでも鬱陶しくなります。
『いっその事、キューバみたいにミキサーにでもブチ込んで作ろうか?』
なんて考えて、しかし今度は、
『一々、ミキサーを洗うのが面倒…』
なんて考えると…

私、向いてないんですなぁ~ この仕事?
きっと、そうに違いありません!
だからって今更止める訳にも行かずで、仕方なく今夜も営業します…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。)

Category :  船長の独り言
tag : 
昨夜の1時を回った頃でした。
カウンターには不景気な顔をしたアラカンのSさんが1人チビチビと飲みながら、
「マスター、今夜は美人のお客さんは来んと?」
「はぁ~ 月曜日の此の時間ですから望み薄ですね…」
爺ィのバーテンに爺ィの客じゃ~店が カビ臭く なりそうです…

その時電話が、
「マスター、未だやってる?」
「未だも何も1時だよ! あと2時間は開けてま~す!」
「じゃぁ~ 今から行くから!」
クラブLのMチャンです。
Mチャンは 神田うの 似の、もう直ぐ30歳、身長164cm、スタイル抜群、ハスキーボイスが堪りません!

「Sさん、今から美人が見えますよ!」
「オッ! ホント?」
「エエ、とびきりの美人ですから!」
「どんな感じ?」
「それは見てのお楽しみですよ」

今や遅しとばかりに、チラチラとドアに眼をやるSさん。
漸くドアが開いてMチャンの御来店!
「おひさしぶり~」
「ホント久し振りだねぇ~ もう3ヶ月振りかな? 元気だった?」
「ウン、母子家庭の母は病気なんて出来ないからね!」
「それにしちゃぁ~ お見限りだったじゃない?」
「だって最近は、アフターしようなんてお客さんもいないし…」

と、そこで何とか話に加わりたいSさんに話を振ることに、
「あ~ Sさん、こちらクラブLのMチャンです。Mチャン、こちらSさん」
Mチャンが名刺を取り出して、
「良かったら一度覗いて下さい」
Sさんも自分の名刺を渡しながら、
「ウン、ところで貴女、子供がいるの?」
「エエ、4歳の子供が…」
「とても子供が居る様には見えないけど… 大変だね~」
「イイエ、全然! 私が二日酔いで保育園にも連れて行けずに寝てたりすると 『ママ、お水飲む?』 って持って来るんですよ!可愛くって…」
「へぇ~ イイ子だね~ 女の子?」
「そうですよ」
と当たり障りのない会話…

「話変わるけど、お店のセットは幾ら?」
「12,000円ですよ」
「チョット飲んで15,000円か?」
「そうですね」
「明後日はお店に出る?」
「出てますよ」
「じゃぁ~ 先に約束が無かったら同伴しようか?」
通常は2~3度お店に通った後で女性から同伴をねだられるものですが、自分から同伴の申出とは積極的です!
「ホント? 嬉しい~ チョット隣に座ってもイイですか?」
ニヤケ顔のSさん、
「ウンウン! どうぞどうぞ!」
隣にMチャンが座るや否や張り切って、
「貴女、お腹空いてない? 何か食べたら?」
「そうねぇ~ じゃぁソーセージとレッドカレー」
「マスター、頼むよ! それから俺もお代わり!」
さっきまでは、チビリチビリと舐める様に飲んでたくせに現金な爺ィです!?

それから暫し会話を楽しまれたSさん、
「俺、明日が早いから帰るけど、貴女は食べてしまってから帰りなさい。 マスター、彼女の分も一緒に計算して」
「ハイ、8,000円です」
2,000円のお釣りを渡すと、
「これ少ないけどお嬢チャンにオヤツでも買ってあげて… 明後日は楽しみにしてるよ」
本性を隠してモノ欲しげな素振りも見せず、スッと立つところがミソですなぁ~
流石に 団塊の世代 は違います!

ところでMチャンは、
「マスター、お客さん紹介してくれて有難う。 今日は飲みに来て良かった!」
「いやぁ~ 俺もMチャンが来て呉れて良かった…」

おかげで、何とか店に カビ が生えずに済みました…


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。)


Category :  船長の独り言
tag : 
久々に週末らしい賑わいだった先週の金曜・土曜日。
特に金曜日は、今年一番の売上!?
たって、何しろ普段が閑なので、高が知れてますが…

まぁ~ その賑わいの最後を飾って下さったのがエロでネアカのT先生でした。
http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-893.html

ウチのバイトのRioチャンを相手に、は何時もの如く オッパイ だの 3P だのセクハラトークを連発なさっていましたが、そこは流石にRioチャン伊達に歳を喰っちゃいません!
軽く受け流して セクハラ成立ならず…

不貞腐れ気味のエロ先生、
「仕方がない、今夜は自分の乳首でも揉んで寝る…」
そう仰っていたかと思うと、やおら私に向かって、
「マスター、合コン の段取りしてよ」
「エッ! 合コンですか?」

エロ先生、不埒にも集団セクハラでもやろうって魂胆でしょうか?
○○大学教授、集団セクハラで解雇
って新聞の見出しが頭を過ぎりました!

「T先生! それだけは止めたがイイと思いますよ。 ウチの女性のお客様は人妻が殆どですから…」
「イヤ、独身 じゃなきゃ困る!」
バツイチ中年のクセして、身の程知らずも甚だしい ってこのことです!
「そんなこと言われましても…」
「だって、独身の大学院生だから…」
「はぁ? 大学院生?」
「そうだよ。ウチの生徒達だけど、勉強ばかりじゃなくて人生の潤いと楽しみも教えなきゃ~」
「ホッ… そうだったんですか…」
「だから、一肌脱いでよ」
いやぁ~ 人間、上辺で判断しちゃいけません。
見掛けと違って中々の人物です!
「女性に費用の負担はさせないから!」

と言う訳ですので、男性陣は 明日の日本の科学技術を背負って立つかも知れない ○○大学工学部大学院生 です。
まかり間違えば、 ノーベル賞授賞式に同伴するのも夢じゃありません?

参加ご希望の 独身女性 は当店までご連絡下さい!


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみ受け致しております。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。