FC2ブログ

八点鐘の航海日誌                     

熊本の Bar 八点鐘 (現在は営業しておりません)                                                                          毎日が新しい船出… そんな毎日の「航海」を 書き綴ると致しましょう。

Category :  船長の独り言
tag : 
昨日は早い時間からお客様。
アラフォーのママ友お二人が飲んでいらっしゃる処に、東京から出張で見えた男性がお二人。
当然の成り行きとして話に花が咲いて…

その内、男性がポツリと。
「イイよなぁ~ 人妻は…」
「エッ! 私達の事?」
「うん、ウチのは只の主婦だから…」
「アラ、私達だって主婦してますよ?」
「でも、貴方達の顔は主婦じゃなくて女の顔ですよ」
「ホント! そう見える?」
「見える見える!」
「ウレシィ~」
「だって、ウチのなんか化粧も手抜きだし,もう女じゃないね…」
「そんな言ったら、奥さんが可哀そうですよぉ~ だって、何時も念入りに化粧なんて出来ないし…」
「それにしても、この間なんか娘のジャージなんか着てたからねぇ~ もう一チョット気を使って欲しいよ…」
「そう? 私も着るけど…」
「へぇ~ 貴女も着るんだ?」

こんな話を聞いてたら黙っちゃ居れないのが私の性分!
男性のお客様に、
「ハハハ、そりゃ~ 仕方ないですよ」
「何故?」
「こちらの奥様達も家に帰りゃ~ 主婦の顔に戻られるんですよ。多分…」
すると御夫人方が、
「どう言う意味?」
「だって、今夜は此方のお男性方の眼を意識されてるけど、家では御主人の眼なんか大して気にしちゃいないでしょ?」
「そうねぇ~」
「だからですよ。 男性の眼を意識して振舞ってるから女の顔になって人妻の魅力が出てるんですよ」
「……」
「つまり、無意識の媚や恥じらいが…」
「ふ~ん、そうかなぁ?」
「そうですよ! その証拠に今みたいに笑顔で御主人と話します?」
「そう言えばそうよねぇ~ 第一、お互いに用がなきゃ話なんて…」
「そうでしょ? でも男も一緒ですよ。 こんな具合に家で奥さんと話をしますか?」
「… そう言やぁ~あんまり…」
「でしょ? 家でも少しは奥さんの眼を意識して、風呂上がりにパンツ一枚でウロウロしたり、TV観ながら鼻毛抜いてたりしちゃ~ダメですよ」

女房は亭主を、亭主は女房を異性として見なくなり、媚も恥じらいも無くなって…
まぁ~ 全ては結婚生活の馴れがそうさせるんです。

此処等で、お互いにリセットして見たら如何なもんでしょうかねぇ~


当店は、お客様お一人お一人のお時間を大切にお過ごし頂く為に、
私の独断と偏見で大人の男と女のお客様限定とさせて頂きます。
25歳未満のお客様と7名様以上の団体様はお断りしています。
(団体様は御予約の場合のみお受け致しております。)


スポンサーサイト